建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
2015年10月 2日

オープンキッチンのLDKに馴染む、4m以上のキャットウォーク

ペットと暮らす家のアイデア

猫が走れる回遊性を生み出す、
オープンキッチンや建具のない寝室。
料理や自転車の趣味空間も充実させ、
65㎡で人も猫も気ままにくつろぐ。

text_ Yasuko Murata photograph_ Takuya Furusue

2b808090-a12e-430c-bf93-6ad025365d2b
キャンバスに追加する
写真を拡大する

NECODOMA(東京都)

設計
空間社
住人データ
朗さん(35歳)会社員、 純子さん(42歳)会社員、 ツッキー(6歳)猫、モモ(6歳)猫

27bd053b-1760-493d-9df5-0fdb9c932708
キャンバスに追加する
写真を拡大する

手前がキジトラのモモ。奥が茶トラのツッキー。
LDKのキャットウォークでおすまし。梁の下に足場板を設置しているため、梁が目立たなくなっている。

A789466e-5930-4fac-a97e-f1e269dfdd8a
キャンバスに追加する
写真を拡大する

土間と通路の間に設けた引戸は黒板塗料で塗装。
猫の写真もディスプレイ。

築25年、広さ65㎡ の中古マンションをリノベーションした
平賀朗さんと純子さんのご夫妻は、2匹の猫と暮らしている。

「二人とも料理が好きで、
 休日は映画を見ながら家でご飯を食べ、
 お酒を飲んで過ごします。
 キッチンを中心とした広いLDKに、
 空間の雰囲気に馴染む
 キャットウォークをつくりたかったんです」(朗さん)

物件はペット可に的を絞って探したが、
それほど苦労することなく、
条件に合ったものを見つけることができたという。

1ff1e68e-13b8-41c9-8725-ecd9325acdda
キャンバスに追加する
写真を拡大する

2人で作業できる広さのオープンキッチン。壁側の収納は「IKEA」。

「古い物件でもともとはNGだったけれど、
 途中で管理規約が変更になり
 ペット可になっている物件もありました。
 思ったよりもたくさんあったという印象です」(朗さん)

リノベーションの設計は、雑誌で見つけた「空間社」に依頼。
キッチンやキャットウォーク以外にも、
趣味のロードバイクのための広めの土間をつくるなど、
具体的な希望をもとにプランを決めていった。

5d5e8f00-d03d-4032-ae85-5e16ac057969
キャンバスに追加する
写真を拡大する

玄関を入ると、ロードバイク3台が置ける広さの土間が左奥へと広がる。もともと個室だった場所の一部を土間にしたため、マンションの通路に面した窓があり、採光にも恵まれている。

Ea22c826-0f2e-492a-bc5a-da17b6c37a41
キャンバスに追加する
写真を拡大する

土間の下駄棚やLDKのテレビボードは、
朗さんがSPF材で造作。

「いちばん陽当たりの良い場所にキッチンをつくり、
 LDKをできるだけ広く取りました。
 猫のためにも建具を極力少なくし、
 寝室は間口を2ヶ所に設けて、回遊性を持たせています」
               (空間社・宮本泰則さん)

E9d8bad1-0f41-4a53-a1c7-7a222e245091
キャンバスに追加する
写真を拡大する

キッチンの天板はステンレスで造作。W900 × L2400㎜以上のゆったりサイズ。
手前の壁はモダンな印象のタイル。レトロなペンダントライトは「後藤照明」。

寝室の間口はブラインドで仕切れるようにして、
昼間は猫が自由に出入りできるようにオープンにしている。
また、土間は玄関側につくり、寝室との壁はモールガラスにして、
玄関側の窓から朝焼けが入る、自然な採光を実現した。

482e7aee-cbe1-4c76-8c59-a4aa74b281bb
キャンバスに追加する
写真を拡大する

セミダブルのベッドを並べた寝室。猫が真ん中で寝ていることもある。
土間と寝室の間には壁をつくらず、フィックスのモールガラスを設置し、土間から採光。

足場板とアイアンの棚受けで、
飾り棚のように仕上げたキャットウォークは、LDKの長手の壁に、
梁の高さに合わせて設置。
端から端まで4m以上の長さとなっている。
足掛かりとなるステップも、左右に2段分つくった。
キャットウォークの寸法や高さは、
純子さんが猫の行動から導き出したという。

7fc53bb5-5a38-458c-a50b-733865da9b20
キャンバスに追加する
写真を拡大する

LDK の壁の一面はブルーグレー。裏にあるクローゼット部分までボックスごとに塗装してアクセントに。木×白×ブルーグレーで北欧のインテリアをイメージ。

69492ac8-6bfa-40ac-86bd-8ca89835af97
キャンバスに追加する
写真を拡大する

純子さんが綿密に計算して高さを決めたステップも有効活用。

20fb3a2b-a9df-4c30-995b-8d287584d413
キャンバスに追加する
写真を拡大する

猫のトイレへとつながる洗面室の壁に、
キャットスルーも設けた。

「以前の家で、猫たちが本棚や冷蔵庫の上に登るとき、
 机や棚を足掛かりにしていたので、その高さを参考に、
 ステップの位置などを決めました。
 意外にも窓側の2段目のステップが、
 窓の外の景色を見るのにちょうどいいらしく、
 猫たちはここが一番気に入っているみたいです」

100753aa-6a70-487a-a725-cca85a7618e2
キャンバスに追加する
写真を拡大する

出窓のベンチも陽あたりがよく、昼間は猫の居場所となっている。

走り回れる回遊性や上下運動にも事欠かず、
猫の運動量も格段に増えたという。
コンパクトながら、人間も猫も好きなことをしながら、
自由気ままに一緒に過ごせる家である。

26c660c9-c381-4dd5-a911-2bd29d07a0a1
キャンバスに追加する
写真を拡大する

キッチンの手前の壁が猫の食事の場所。
猫草も常備して健康にも配慮。

9d479435-5a0a-4aa4-84fe-f62cdaf4f6e7
キャンバスに追加する
写真を拡大する

玄関からLDK方向を見る。
キャットスルーは右手の洗面室とトイレの間。

Da11d2d9-e887-4a6d-ae6d-0d9bd469022f
キャンバスに追加する
写真を拡大する

洗面室の床はメンテナンスに配慮してフロアタイルを選択。

Fcda244f-3559-4b0f-9bae-3a8667bb2679
キャンバスに追加する
写真を拡大する

猫のトイレを置くために下をオープンにして造作した洗面台。

742fdeb0-6507-4e81-bb07-372612917f97
キャンバスに追加する
写真を拡大する

施工前

5c1cefcb-1729-46c9-8704-451cd75ac7b0
キャンバスに追加する
写真を拡大する

施工後

〈物件名〉NECODAMA〈所在地〉東京都〈居住者構成〉夫婦+猫2匹〈建物規模〉地上12階建て(11階部分)〈主要構造〉鉄筋コンクリート造 〈建物竣工年〉1988年(築26年)〈敷地面積〉65.19㎡〈バルコニー面積〉10.83㎡〈設計〉空間社〈施工〉空間社〈設計期間〉約3ヶ月〈工事期間〉約2ヶ月〈竣工〉2012年〈総工費〉695万円


※この記事はLiVES Vol.74に掲載されたものを転載しています。
※LiVESは、オンライン書店にてご購入いただけます。
amazonで【LiVES】の購入を希望される方はコチラ

関連する記事

前の記事

キャットウォークで2匹の猫ちゃんも満足!リノベで生まれ...

次の記事

初期費用18万7000円。 わずか2坪で年間売上75...