建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
リノベーションしやすい家。LDKが大きく大きな階段の家の建築事例写真
リノベーションしやすい家。LDKが大きく大きな階段の家
トートアーキテクツ

リノベーションしやすい家。LDKが大きく大きな階段の家

リノベーションしやすい家。LDKが大きく大きな階段の家の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

山梨県の新築住宅のプロジェクトです。

nLDKと呼ばれる不動産から考えられた建物の様式の中で、nの面積を最小限にし、箱の中に収め、残りをLDKとして何も作らない空間を最大にとりました。おおきいLDKの中に小屋を建てたり、2階を作ったり、南側に増築をしたりと、今後の家族の変化に対応できるような住宅として、今は最小限のからっぽの家を考えました。

木造ピン工法とすることで強固な外壁で受け、内部をフリープランとした住宅です。構造を外壁で受けているため、後日リノベーションするときにも自由度の高い建物となります。シンプルな構造とすることで、経済的で強度の高く、施工性のよい構造としました。

リノベーションしやすい建物を作ることで空き家の増加が問題となっている日本の街の良いストックとして、100年後も残って行くことを期待しています。

それは​リノベーションの世代と呼ばれる私たちの残すべき使命ではないかとかんがえます。

トートアーキテクツ のプロフィール写真

トートアーキテクツ

安田智紀

スペシャリスト会員
スペシャリスト会員とは
個人で建築に関連するクリエイティブな活動を行っている専門家やユニットを示します。
通常営業中です
竣工年
2019
部屋数
5
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造(全般)
敷地面積
300㎡以上
延床面積
100㎡〜150㎡未満
予算帯
1500万円以上〜2000万円未満
所在地
山梨県
ロケーション
郊外