建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
もっと見る

市街地に建つ木造3階建ての住宅です。
木と塗装の壁による静かで柔らかな空間を目指しました。
ゆったりとした明るい室内、開放性のある空間を確保したうえで、密度のある空間とめりはりをつけました。

準防火地域の為、耐火性能上風圧を受けている吹抜けの梁は、通常石膏ボードなどで包むなどの処理が必要ですが、燃え代設計により木のまま露出し意匠上のポイントとしました。
キッチンのカウンターもその梁と同じ材で制作し、素材を統一して梁やカウンターが一般的に持っている「意味」を曖昧にしました。

可能な限り出てくる線を少なくし、素材を統一し、要素も少なくし、シンプルな納まりとすることにより時の経過によって光が移ろい行く様子や、色の濃淡が感じられる「余白」を作る様にしました。

井戸健治建築研究所のプロフィール写真

井戸健治建築研究所

井戸健治

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2010
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
外壁仕上げ
ラスモルタルの上塗装
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺き
内装仕上げ
石膏ボードの上塗装
床仕上げ
パイン無垢財フローリング
予算帯
1000万円以上〜1500万円未満
所在地
大阪府
ロケーション
住宅地