建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
新潟の住宅 | 新潟の住宅
新潟の住宅
フューチャースケープ建築設計事務所
もっと見る

北側に素晴らしい水田の風景が広がる場所に立っています。平たい1階の上に、3つのボックスが載った住宅です。

1階は、家族や友人と生活を楽しむ場であり、2階は、プライベートな空間になっています。1階と2階では、自然との距離の取り方が異なっており、それが、用途の違いに対応しています。

1階は、人の動きに対して、風景が平行になっている空間です。ここでは、風景は、皆が集う際の背景となり、あまり強く意識されません。建具を開けると、階全体が、皆で集うための大きなオープンなスペースになっています。長い連窓もその空間の水平性を強調します。

2階の各ボックスは、一軒家の雰囲気を持ち、それぞれ異なる材料で仕上げています。東西南北の4方向に窓を持ち、さまざまな方向から、光と風が入って来ます。自然や風景と直交するような空間です。ここでは、日常的な世界から距離を置き、風景と向き合いながら、自分だけのプライベートな世界をつくることができます。

3つのボックスの仕上と風景の現われ方の差で、各ボックスの自然との距離感も変化します。

西のボックスは、シナ合板張りの抑えたつくりで、窓は使い勝手とのバランスで決めています。風景と穏やかに向き合うことになります。

中央のボックスは、光の散乱する溶融亜鉛メッキ鋼板の空間を、目透し張りの板でくるんでいます。ボックスの切断面が額縁となり、景色が、絵のように鮮やかに切り取られます。風景を強く意識することになります。

東のボックスは、鏡や全艶の塗料で仕上げた壁と天井に、ツキ板やじゅうたんといった材料が重なります。鏡や全艶の塗料で仕上げた面への風景の映り込みで、虚像実像の境界は不分明になり、風景が室内に入り込んで来ます。

水平な1階に、小さなボックスを載せた構成は、向こう側の空へ視線が抜けて行きます。自然に近い場所にふさわしい圧迫感のない形式と考えました。

外壁の素材や色は、新潟の昔ながらの建物によく使われているものです。地域との連帯感への配慮となります。同時に、他とは異なる建築のつくり方により、周りとつながりながら、同時に、自立しています。

http://www.future-scape.co.jp/g200303works/g200303worksimage/g2003f09houseinnigata/g2003f09houseinnigata.html

フューチャースケープ建築設計事務所のプロフィール写真

フューチャースケープ建築設計事務所

石井 大五

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2005
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造軸組住宅(在来工法)
所在地
新潟県
ロケーション
郊外