建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
kayama houseの建築事例写真
kayama house
トクモト建築設計室
もっと見る

嘉山は、豊栄街と田んぼとのそれぞれのエリアのエッジに位置する。農家さんが住まう集落の一角にほぼ当てはまり新興住宅と農家が混在する場所である。敷地の奥には各住居の裏庭の畑があり豊栄らしい農の文化を垣間見る。図と地でいうなれば、本来は地としての外部=畑だが、自然派生的な集落の裏手の外部空間は図としての畑に見立てることができる。敷地は奥へ奥へと進むプロセスレイヤの上に、居住空間というレイヤーが重ねられ、日々の生活は、奥の田畑や、瓦の屋根、連峰を意識しながら繰り広げられる。建築は、1階が白い箱であり、蓮の葉効果のある外壁塗料を施し、2階はグレーの箱でプラネットカラーを施し、耐久性を保持している。プライベートを考慮して開口部は控えめであるが、周囲の映える空間を垣間見る構成としている。地域に孔を穿つ万華鏡のようなイメージからエスキスが始まった住まいであり、グランドレベルでは田畑と馴染み、2階レベルでは、集落の欅、五頭と飯豊連峰を拝んでもらえる。今回その方位は東であるが、周囲の建物が南を重視する建物がありきたりのなか、地域と自然、田畑に触れる方位を目指している。

トクモト建築設計室のプロフィール写真

トクモト建築設計室

徳本賢洛

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2019
部屋数
2
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
100㎡〜150㎡未満
延床面積
150㎡〜200㎡未満
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
新潟県
ロケーション
郊外