建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa

関町の家2

もっと見る

築37年のレトロモダンな集合住宅の一室のリフォームです。
ここでは、解体後の既存躯体を活かし、下地材や仮設材といった一般加工前の「気取らない素材」を選び、白とダークブラウンに染色することで、カジュアルでありながら落ち着いた雰囲気のインテリアをめざしました。
床や家具、建具といった直接手足に触れるものにはダークブラウンを、あらわしになった既存躯体の天井と壁には空間を包み込むものとして白を塗りました。
ダークブラウンの間仕切りを兼ねた収納家具は、既存躯体をゆるやかにエリア分けしながら、分けた各エリアに適した収納を確保するようレイアウトされています。
奥様の趣味は料理、ステンレスの2つの大きさや形状の異なるカウンターは、多様な使い勝手に対応し、家電、食器、食材等がコンパクトに収められています。
ご主人の趣味は茶道、テラスを待合とし外部からのアクセスとすることで、「離れ」の雰囲気をつくり出しました。この空間を包み込む天井や壁は白に染色せず、解体躯体あらわしのままとし草庵風の佇まいとしました。

田建築研究所のプロフィール写真

田建築研究所

田中 秀弥

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2012
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(2x4)
所在地
東京都
ロケーション
都市