建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
手抜き工事できない図面は丁寧さの違い!の建築事例写真
手抜き工事できない図面は丁寧さの違い!
佐山憲秀+FUTURE STUDIO in 慎都市建築研究所(大災害対応型+ZEH&エネルギー自立型:特殊設計部)
相談するこの専門家の資料をリクエスト
もっと見る

施工図面以上の詳しい図面を描いています=施工図は本来工務店が描く図面です。
しかし、今の工務店は経費節減で書きません。

わからないことがない図面を職人さんに渡し、間違いを起こさせない図面を描いています!工務店がする建具開口位置や高さ芯出し作業とう全て事前に書き込んでいます=明確な図面なので工務店も心配がなくここまで書いてあるのでいつも有り難いですとお礼を何故か言われます。設備、構造、意匠を一部屋を1枚表記で全てを記入しているため見落としが起きません。設備全てスイッチの位置高さまで書き込み大工さんが迷うことありません。それによって施工がただしくきれいにできます。

上手く施工できる方法の指示と施工注意事項や必要下地補強は赤で書き込みます。単なる詳細図ではなく、詳細図だけでは伝わらない上手く工事が必ずできる施工方法の指示です。つまりダメ工事が起きにくく、かつ手抜き工事を起こさせません=図面に書いてないから解らない=適当にやっちゃおうが起きません。設備抜け落ち起きないように設備リストも同じ図面に記載されています。間違えて作り直し工事を起こしません=仕上げも間違いなくきれいに仕上がります。つまり、職人さんが間違いなく迷うことも困ることも見落としもなく確実に失敗や正に手抜きができない図面としています。

施工が上手く行われるやり方も注意書き赤字記載しています。
鉄骨の施工方法を使いアンカーをただしく位置させ角度を正確にし土台をつけます。
通常はこのようにしないと斜めについて土台のアンカー穴の開け直しがたくさん出て
土台強度がしっかりと出ないことが多くそれを防ぐ施工方法をまでを説明し記載しています。

適当に工事されないように施工方法を記載して見えないところまで赤記載にて下地補強まで記入し、しっかり情報を伝えつくらせる=完璧な図面です。

工務店に見積もり依頼するといつもこんな図面始めてでみたことがないと毎回言われ見積もり抜け落ちがありません。積算用リストチェックも記載され見えない下地補強も書き込んでいるからしっかりとした家ができます。

佐山憲秀+FUTURE STUDIO in 慎都市建築研究所(大災害対応型+ZEH&エネルギー自立型:特殊設計部)のプロフィール写真

佐山憲秀+FUTURE STUDIO in 慎都市建築研究所(大災害対応型+ZEH&エネルギー自立型:特殊設計部)

佐山 憲秀

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
予算帯
700万円以上〜1000万円未満
所在地
東京都
資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる