建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
暮らしのものさし
2014年 2月15日

目指すは、自然エネルギーだけで暮らせる家。デザインスタジオが手がけたオフグリッドハウス!

1130903f-0a1c-4bb0-8183-b1ac74243c6b
キャンバスに追加する
写真を拡大する

オフグリッドハウス“という言葉をご存知でしょうか? これは、自らエネルギーを生み出し、蓄積し、消費することができる家のこと。最近、デザイナーが関わってこのような環境に配慮した家を建てることが増えているようです。

今回紹介するのは、スペインのデザインスタジオ「Abaton」によって建てられたオフグリッドハウス。田舎の家畜小屋をリデザインし、環境にやさしい、おしゃれな家に生まれ変わらせました。

さっそく、どんな家が完成したのかを見てみましょう!

目指すは、自然エネルギーだけで暮らせる家

7ada69e1-d153-4d97-bfb7-a0fd3bc3f028
キャンバスに追加する
写真を拡大する


家からの景色

その家がある場所は、人里離れた山奥。町から離れているため、電気や水道を引くことができません。そこでAbatonは、太陽の光と熱、そして近くの川を使った水力発電によって、家で使うすべてのエネルギーをまかなえるような家をつくることを目指しました。

太陽のぬくもりを上手に使う

0eb6a2f7-4f99-45da-9761-68cca576c3f6
キャンバスに追加する
写真を拡大する


太陽光をたくさん取り入れる、大きな窓

建物の性能を上げることで冷暖房を必要としない”パッシブハウス“という言葉が日本でも少しずつ広まりつつありますが、自然エネルギーのみでまかなうためには、まずは使うエネルギーの量を減らすことが大切です。

そのための工夫のひとつは、大きな窓。太陽のぬくもりをたくさん室内に取り入れることで、暖房いらずの環境をつくります。また窓には軒も付いているので、夏は逆に、太陽の光が部屋の奥まで届かないようにすることもできるのだそう。

B01cfa50-30ba-4d47-9dd2-4965a1b6c190
キャンバスに追加する
写真を拡大する


熱を閉じ込める木の雨戸

もうひとつの工夫は、木でできた第2の窓。夜になったらこの窓を閉めることで、昼の間に取り込んだ太陽の熱が外に逃げるのを防ぐことができるのです。

家族で一緒に過ごしたい、広いリビング

F64b2cbb-f601-4bcf-a2a2-4faf5c5d6487
キャンバスに追加する
写真を拡大する


ゆったりと過ごせそうな広いリビング

家族がなるべくひとつの場所にいることも、電気や冷暖房などの、エネルギーの節約につながります。Abatonは、もともとあった壁を取り払って広々としたリビングにすることで、家族が一緒にいたくなるような環境をつくりました。

自然となかよく暮らす家

Abb7b41d-cf7f-4957-a595-2ced97149eae
キャンバスに追加する
写真を拡大する


“木”を感じるインテリア

今回リデザインした部屋のそれぞれは、自然との調和をコンセプトにしているとのこと。普段から自然に接していればこそ、自然の大切さを知り、環境にやさしい行動がとれるのかもしれませんね。

オフグリッドハウスが世の中に増えたら素敵ですが、それ以前に大切なことは、「自然となかよく暮らしたい」と思う気持ちを忘れずに持つことなのかもしれません。

1b0e2191-5c9f-42c4-875f-736bb548ca0e
キャンバスに追加する
写真を拡大する


自然に囲まれた、のんびりスペース

家族が同じ部屋で過ごす時間を増やしたり、部屋に自然を感じるインテリアを加えたりすることは、きっと新しい家を立てなくてもできること。世界のオフグリッドハウスを眺めてみることで、自然と調和した暮らしをするためのちょっとしたヒントが得られそうです。
 

(Text: 宮本裕人)

[via dezeen]

関連する記事

前の記事

“心地良い光”ってどんなもの?光を知って、豊かな生活を...

次の記事

「家で作って余った電力、売ります!」スコットランドにポ...