建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
共用リビングです。森に面したテラスと吹き抜けがあるリゾートのラウンジのような場所です。木製のルーバースクリーンが空間を柔らかく仕切ります。撮影:北嶋俊治 | わかたけの杜 クリニック棟
わかたけの杜 クリニック棟
株式会社ヨシダデザインワークショップ

わかたけの杜 クリニック棟

共用リビングです。森に面したテラスと吹き抜けがあるリゾートのラウンジのような場所です。木製のルーバースクリーンが空間を柔らかく仕切ります。撮影:北嶋俊治 | わかたけの杜 クリニック棟
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

サービス付き高齢者向け住宅(ワンルーム20㎡4戸、1DK40㎡4戸)、24時間対応在宅療養支援診療所、24時間訪問介護・看護事業所を併設した複合建築物です。
◯窓際キッチン(20㎡タイプ):この種のワンルームタイプではこれまで入り口側にトイレとキッチンを集約する事が一般的ですが、ここではキッチンを生活の中心として窓際の一番良い場所に設けました。これにより玄関の閉塞感が無くなり、開放的な居室空間を実現しています。
◯光庭のある家:共用廊下に面して住戸専用の光庭を設けています。これにより方位や時間、季節による住宅ごとの日照の差が解消され、光庭がリビングの一部となり、居ながらにして自然を感じることができます。
◯緑に視線を抜く:中央に森に視線が抜けたガラス張りの玄関(階段ホール)を設け、施設のそこかしこにある開口部から森が望めます。また、吹き抜けのある共用のリビング(キッチン)の大開口は森の緑に抱かれたリゾートラウンジのような憩いの空間となっています。
◯森の診療所:クリニックの設計で重視した点は敷地の持つ自然環境資源(西側の保存樹林) を内部に取り込むことでした。積極的に患者 に自然「森」を見せることによる心理的な効果「緑が望める病室では患者の治りが早い」(Ulrichの調査)をテーマとし、住宅街でありながら森に抱かれた静かな待合室を実現しています。

 この施設は国土交通省平成24年度高齢者・障碍者・子育て世帯居住安定化推進事業による国庫補助に関東で唯一選定されました。

株式会社ヨシダデザインワークショップのプロフィール写真

株式会社ヨシダデザインワークショップ

吉田明弘

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2014
部屋数
8以上
家族構成
その他
構造
鉄骨造
敷地面積
300㎡以上
延床面積
300㎡以上
外壁仕上げ
ALC塗装
屋根仕上げ
シート防水
内装仕上げ
プラスターボード+クロス
床仕上げ
フローリング
建ぺい率
50
容積率
200
予算帯
5000万円以上
所在地
神奈川県
ロケーション
都市
家づくりチーム

共同設計:健康設計

構造設計:MID研究所

設備設計:総合設備

外構設計:カネミツヒロシ設計室

施工:大洋建設