建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
◯外壁詳細木造耐火建築物でありながら外壁に木ルーバーをつかっています。トイや配管、屋外機などを隠す機能もあります。白い横ストライプ状のサイディングはサイディング特有の目地を隠し、フラットでミニマムな壁面に見えます。ルーバーの繊細さとミニマムな白壁のコントラストによるモダンな外観が特長です。撮影:北嶋俊治 | ハートホーム宮野(サ高住・特養・ショートステイ)
ハートホーム宮野(サ高住・特養・ショートステイ)
株式会社ヨシダデザインワークショップ

ハートホーム宮野(サ高住・特養・ショートステイ)

もっと見る

「ハートホーム宮野」はサービス付き高齢者住宅、特別養護老人ホーム、ショートステイの機能を持つ高齢者住宅の複合建築です。ここでは木造軸組耐火構造によって国内最大の規模で実現しました。これは、お施主様の強い希望で、通常はRC造でつる規模の施設をあえて木造によって実現することで、二酸化炭素の固形化による環境への貢献を行っています。集合住宅と言って良い大きな建物ですが、戸建てにも応用できるデザインテーマがあります。
◯雁行平面:大きな建物ですが、ボードで隠されてしまう耐火木造の欠点を補うために、雁行した平面を採用することで書院建築に似た木造らしい空間構成をつくりました。また、隣接する建物の間に三角形の程よい距離と変化に富んだ外観を作り出しています。
◯外壁は白のリブ付きサイディングとすることで、目地を消しフラットな面に対し、窓の面する壁を木製ルーバーとすることで、モダンで引き締まった外観としました。開口部周りは彫りの深いダークグレーの大枠がアクセントとなり、ここにプランターを置くことができます。
◯中庭と色:低層にしたことで階ごとの面積がお大きくなりました。そこで、光と風を取り込む3箇所の中庭を設け、中庭に面する外壁を歌舞伎の緞帳色(黒・オレンジ・緑)とすることで、それとなく「和」が感じられるようにしました。これらの色は植栽とも相性が良く、現在は育った植栽から色が垣間見える理想的な状態になっています。
◯内装:床を全て畳風のシート貼りとし、要所に木製のモダンな障子によって視線が見え隠れするようにしたことで、外部の色と相まって透明間のあるモダン和風のインテリアとしました。要所に設けた作り付け家具はインテリアと一体化したデザインとしています。
◯光と影:吹き抜けなどダイナミックな建築空間が無くても良い空間はつくれます。上記の工夫によって太コントロールされた太陽光が室内を豊かに照らしだし、ています。複雑な平面が陰影と奥行き感を生み出しています。
◯この建物は先進的な木の利用が評価され、国土交通省による木のまち整備促進事業補助金事業による国庫補助に選定されました。

株式会社ヨシダデザインワークショップのプロフィール写真

株式会社ヨシダデザインワークショップ

吉田明弘

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2012
部屋数
8以上
家族構成
その他
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
300㎡以上
延床面積
300㎡以上
外壁仕上げ
木ルーバー サイディング
屋根仕上げ
シート防水
内装仕上げ
プラスターボード+クロス 木
床仕上げ
畳シート フローリング
建ぺい率
60
容積率
200
予算帯
5000万円以上
所在地
山口県
ロケーション
都市
家づくりチーム

構造設計:MID研究所

設備設計:総合設備計画

安藤建設