建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
2014年12月 1日

用の美を備えた住まいで 私のための時間と空間を楽しむ

ひとり暮らしのためのシンプルな家を望んだ住まい手。光の陰影が美しいギャラリーのような空間で、好きなものに囲まれて過ごす時間。

text_ Satoko Hatano photograph_ Hiromi Asai

32da634a-61d6-43c3-aaac-41d53b191af7
キャンバスに追加する
写真を拡大する

リビングから寝室方向を見通す。1階の床は茅ヶ崎の海辺を連想させる、砂色の土間。段差がなくフラットに各スペースを移動できる。

茅ヶ崎の家

神奈川県茅ケ崎市
〔設計〕手嶋保建築事務所


 切妻屋根とライトグレーの外壁が印象的な住宅。小さくとも凛とした佇まいの住まいで営まれる静かで充実した生活は、施主であるTさんの潔い決断の産物だった。
 数年前、自宅の建て替え計画中にご主人が急逝。悲しみと不安のなか、今後の生活を再考する必要に迫られたTさんは、「ひとりで暮らす」決断を下す。結婚して近所に住む娘たちと同居するという選択もできたが、60歳を目前にした当時、「できるだけ自立していたい」と考えた。

784595a3-a285-408f-b1c0-bafbe2b98168
キャンバスに追加する
写真を拡大する

左/裏庭に開いた開放的な浴室。居室と同じ土間仕上げで、床暖房も敷設。
右/インテリアと光が調和を見せるダイニング。隣家が迫る南面の壁には窓を設けず、トップライトから採光。

 150坪程あった敷地の約半分を手放し、ひとり暮らしに足る規模にリサイズ。それまでハウスメーカーと進めていた家づくりもリセットした。家族のための家づくりでは表に出なかった要求が、自分のための家づくりでは明確になり、Tさんは「建築家といちからつくる」ことを選ぶ。
 自分の感性に合う建築家を娘さんと共に雑誌やネットで探し、行き着いたのが手嶋保さん。設計に際しては、手持ちのアンティーク家具や雑貨など「好きなものに囲まれた暮らし」と、「年を重ねても動きやすいシンプルで機能的な家」をオーダーした。

Ebce84e1-b89c-4edd-958c-8c9e9b761f3a
キャンバスに追加する
写真を拡大する

左/隣り合う寝室とダイニングは引き戸で間仕切り可能。壁のアートや寝具にもTさんの好みが。
右/寝室裏側の水まわりは、無駄な装飾のないシンプルなデザイン。ガラス引き戸の左手は浴室。

 1階は、玄関からリビング、ダイニング、キッチン、寝室、浴室、収納を備えた通路までが、フラットな土間床で続く一体空間。スチール階段でつながる2階はゲストルームと書斎、クローゼットという構成だ。

79671692-3c0a-47fb-8080-82931e354c91
キャンバスに追加する
写真を拡大する

玄関とリビングは造り付けの収納でゾーニング。吹抜けで上下階もゆるやかにつながる。

Ab592cf4-4621-4519-b8a9-d5626c615001
キャンバスに追加する
写真を拡大する

2階のゲストルームは天井高さを抑えた屋根裏部屋の趣。床はシナ合板を濃茶で塗装。

「Tさんのイメージや要求にはブレがないんです。使い勝手を求めて無駄を省いたワンルームプランは一見過激ですが、そこでの暮らしが想像できるうえに、住みこなすセンスと決断力をお持ちでした」(手嶋さん)

Cbd8bce6-de99-4247-9885-9f616fcb600c
キャンバスに追加する
写真を拡大する

左/曲線を描く天井と高窓が詩的な雰囲気を漂わせる。造り付けのデスクに手洗いボウルも備えた、2階のデスクコーナー。
右/トップライトはルーバー付きで光をやわらかく拡散させる。

58aa0ccc-91f1-4cdf-9eb5-cc89c3d2a67b
キャンバスに追加する
写真を拡大する

左/裏庭も植栽で彩られている。格子入りの木製建具に古家の面影を残した。
右/リビングから玄関エリアを見る。各コーナーに家具を飾るようにレイアウト。

 キッチンを中心にフロアを回遊できる動線や、寝室に隣り合う水まわりなど、スムーズな生活動線を叶えるプランを見て、即座に気に入ったTさん。「家具を壁際に置くと部屋を四角く使えない」など、実際の暮らしをイメージしながら手嶋さんに要望を伝え、結果、ニッチ状に外側へ押し出された部分を設け、トップライトからの光がお気に入りの家具や壁に飾った小物を照らす、ギャラリーのような空間が出来上がった。

096a4521-a2c0-4a1c-ae9f-0b618790605b
キャンバスに追加する
写真を拡大する

寝室。壁の凸凹に合わせて家具を置いて楽しむ。木製扉付きの窓の上にはエアコンが収まる。

Aee59de6-837d-4250-a808-008c80f54995
キャンバスに追加する
写真を拡大する

1階はキッチンを中心に回遊できるプラン。収納の裏手には通路を兼ねるパントリーがある。

「年々家で過ごす時間が長くなるので、快適な家に建て替える時期を逃さないでよかった。迷っている間に月日は経ってしまいますからね」
 と、人生初のひとり暮らしをポジティブに楽しむTさん。暮らしの中で培ったセンスと感性を信じた決断で、自分仕様の住まいを手に入れた。

7d42bcf4-1f06-4c75-98d2-a9773952187f
キャンバスに追加する
写真を拡大する

低く抑えた軒と、通りに適度に開いた外観は、過密な住宅地の閉塞感の緩和を試みたもの。グレーの板壁が落ち着いた佇まいを見せる。


〈物件名〉茅ヶ崎の家 〈所在地〉神奈川県茅ケ崎市 〈居住者構成〉大人1人 〈用途地域〉第二種中高層住居地域/第一種低層住居地域 〈建物規模〉地上2階建て 〈主要構造〉木造 〈敷地面積〉165.29㎡ 〈建築面積〉90.60㎡ 〈床面積〉1階 73.35㎡、2階 40.70㎡ 計 114.05㎡ 〈建蔽率〉54.81%(許容55.81%) 〈容積率〉68.99%(許容130.29%) 〈設計〉手嶋保建築事務所 〈施工〉マスノ 〈設計期間〉6ヶ月 〈工事期間〉6ヶ月 〈竣工〉2007年

63425728-f811-4a86-b13d-42c824fb19c4
キャンバスに追加する
写真を拡大する


Tamotsu Teshima

5059ec92-533a-4ec6-aecf-e6e391781cb3

手嶋保 1963年 福岡県生まれ。87年 東和大学工学部建設工学科卒業。90~97年 吉村順三設計事務所。98年 手嶋保建築事務所設立。2010年~ 東京理科大学非常勤講師。社団法人日本建築家協会正会員、登録建築家。

手嶋保建築事務所
東京都文京区春日2・22・5・515
TEL 03・3812・2247
FAX 03・6319・1455
mail@tteshima.com
www.tteshima.com


※この記事はLiVES Vol.60に掲載されたものを転載しています。
※LiVESは、オンライン書店にてご購入いただけます。amazonで【LiVES】の購入を希望される方はコチラ

関連する記事

前の記事

「バンドキッズから大工へ「『好き』から生まれる情熱をお...

次の記事

雨と緑の恵みをたっぷりと味おう。地球にやさしいエコロジーな家