建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
LDKと一体のデッキスペース。隣には住宅やアパートが建っているため、ハイサイドライト(スリット状の高窓)やデッキバルコニーの手すり壁を高くして、外部からの視線を遮っています。ハイドライトからは雲の流れが360度見えて、くつろぎの空間を演出してくれます。 | 360度展開するハイサイドライトのある家
360度展開するハイサイドライトのある家
根岸達己建築室

360度展開するハイサイドライトのある家

LDKと一体のデッキスペース。隣には住宅やアパートが建っているため、ハイサイドライト(スリット状の高窓)やデッキバルコニーの手すり壁を高くして、外部からの視線を遮っています。ハイドライトからは雲の流れが360度見えて、くつろぎの空間を演出してくれます。 | 360度展開するハイサイドライトのある家
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

この住宅は三鷹市の住宅街にあります。
1階は各人の部屋とクローゼットを天井までの引戸で仕切ってます。これは、引戸を取り外したり開閉することで部屋の用途や大きさを将来の生活スタイルに合わせ、住み手の手で変えていくことができるようにするためです。
2階は天井と壁の間に360度展開するスリット状の窓(ハイサイドライト)のあるLDKと部屋の延長のデッキスペースで構成しています。このハイサイドライトは、外部の視線からプライベートな住空間を守りながら、光や風を室内に導いてくれます。高い位置に窓がある為、都心の数少ない自然である、雲の流れや星空などが見え、住空間にやすらぎを演出してくれます。

1この事例、ここを見てください!

・道や隣家からの人目を気にせず光や風を導くハイサイドライト。
・ハイサイドライトからは、雲の流れが360度見えてとても気持ち良い!
・部屋の延長のデッキバルコニーは、天井のない外室。

2理想の暮らしの実現のため、こうして私は課題を解決した

建物で囲われた敷地に明るく開放的な家を造りたいと設計依頼がありました。敷地の周囲は建物で囲われているが、上部には空が抜けているので、この部分で内外を繋ごうと思い、ぐるっと一周、天井と壁の間にスリット状の窓をつくりました。とても明るく開放的な家となり、とても喜んでいただけました。

3これから家づくりを考えている方へ

街中を歩いていると、レースのカーテンを閉めて、窓を開けているお宅を良く目にします。光や風を入れたいけれど、人目が気になるからです。
隣の家が近いとか道路から見えるなど、都市型住宅では外部の視線が気になります。 
窓は光や風を室内に導く機能のほか、外の景色を見たり、室内の広がりや開放感をつくってくれる大切なものです。
プライバシーの確保と開放感という相反するものを両立させるアイデアが都市型の住宅設計では大切です。

根岸達己建築室のプロフィール写真

根岸達己建築室

根岸 達己

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
部屋数
4
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
混構造
外壁仕上げ
コンクリート打ち放し
屋根仕上げ
ウレタン防水
内装仕上げ
コンクリート打ち放し、AEP塗装
床仕上げ
フローリング
所在地
東京都
ロケーション
住宅地