建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
暮らしのアイデア帖
2016年 4月27日

真っ青な本棚に黄色のキッチン。もっと自由に色を使おう!ビビットカラーで家を演出するアイデア

暮らしのアイデア帖

家の壁は白がいい、なんていったい誰が決めたのでしょう?もちろん白はなじみやすい色ですが、色を変えてみればいつもの生活空間もガラリと印象が変わってみえるもの。今回は思わず壁を塗りたくなってしまうような、上手に色を取り入れた家づくりのアイデアをご紹介します。

白い家かと思いきや、
赤・黄・青、空間ごとに色が異なる家

58169ea5-dd22-4c5b-a635-ca6e3cc82c99
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ホワイトベース(Qull一級建築士事務所)

こちらの真っ白な外観の家。

52303105-97ea-4589-9691-aec3adb8c5ea
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ホワイトベース(Qull一級建築士事務所)

リビングなどメインのスペースは、外観と同じく白を基調としています。でも他の部屋は、赤い玄関ホール、黄色い階段室に、青いタイルの洗面室。色鮮やかな空間が広がっています。

7b15b371-1993-4a97-ba80-bf097628d9f4
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ホワイトベース(Qull一級建築士事務所)

E584b054-572a-4901-bd5b-c1196bdaf387
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ホワイトベース(Qull一級建築士事務所)

Ddcfd4b7-8318-4d51-904a-7aac489093cb
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ホワイトベース(Qull一級建築士事務所)

白を基調とすることで、他の部屋とのコントラストが際立ちますね。このように、それぞれの部屋にテーマカラーを決めて、自分だけの遊びの空間をつくってみるのもいいかもしれません。

2種類の緑を配して、森のキッチンに

359482b9-9f51-45ac-9549-ce0188b744c3
キャンバスに追加する
写真を拡大する

中野M 緑とお気に入りに囲まれる家(一級建築士事務所 まんぼう)

こちらは「緑」をテーマにした家。壁の色も緑色を基本としています。

1f99a3a9-8cfe-484d-87c9-c6dd807ceda5
キャンバスに追加する
写真を拡大する

中野M 緑とお気に入りに囲まれる家(一級建築士事務所 まんぼう)

F1037018-8742-4063-beee-47dc5eaa9687
キャンバスに追加する
写真を拡大する

中野M 緑とお気に入りに囲まれる家(一級建築士事務所 まんぼう)

明るい黄緑と落ち着いた深緑の二色をキッチンに用いることで、空間が立体的になりますね。ナチュラルな木や石の素材感に、草や葉のような自然の色がベストマッチ。まるで森の中のような雰囲気です。

黄色のダイニングで、南欧風に

767f54c6-6e05-469d-aa85-b909309082ea
キャンバスに追加する
写真を拡大する

イエローハウス・台東区(川嶋玄建築事務所)

Edde8a77-b780-413b-89fb-60a127a79311
キャンバスに追加する
写真を拡大する

イエローハウス・台東区(川嶋玄建築事務所)

太陽の光のような黄色を壁色にしたら、ひとつなぎのあたたかなダイニングとキッチンのできあがり。水やガスコンロの周りのタイルにも、淡いレモンイエローを配色しています。こんな明るい色使いだったら、家族で食べるご飯もより一層美味しく感じられそう!

ブルーの本棚で、書庫を明るく爽やかに

F00fe542-3849-475b-8b02-eb92da66b83d
キャンバスに追加する
写真を拡大する

White Blue Black(フューチャースケープ建築設計事務所)

131a3176-39bb-4ca5-bd8d-afc59a11504f
キャンバスに追加する
写真を拡大する

White Blue Black(フューチャースケープ建築設計事務所)

たくさんの蔵書を持つ住宅では、本棚に青を使用しています。重力感を取り去るといわれる青を用いることで、本の重さから自由になろうとしたのだとか。広々とした窓と青色の効果で、書庫が明るく爽やかな空間になっています。こうしてインテリアの配色に色の力を借りるのも効果的ですね。

畳部屋に、紫の差し色を

こちらの和室の壁はなんと紫!

Cb4228dc-0a64-4b09-bc48-fe82332fcbab
キャンバスに追加する
写真を拡大する

今治の家/色と素材が結びつくパッチワークみたいな家(エトウゴウ建築設計室)

紫の壁が畳の緑によく映えて、なんとも和モダンな雰囲気です。

50afe172-26f9-414a-9be5-f29122f08d6a
キャンバスに追加する
写真を拡大する

今治の家/色と素材が結びつくパッチワークみたいな家(エトウゴウ建築設計室)

白をベースにした家に、紫色の和室が差し色の役割を果たしています。いつも障子を閉めておきたくなってしまうような古い印象のある和室も、壁紙を変えることで、グッとおしゃれに見せることができそうです。

オレンジ色を配して、温かみのある空間に

1b6432d8-f8f4-41fe-b978-a3fcd856535e
キャンバスに追加する
写真を拡大する

新古民家再生(2) 島根県松江市((株)TEAM STUDIO ARCHITECTS)

44ef97bf-15da-4713-bce8-a7cec592606b
キャンバスに追加する
写真を拡大する

新古民家再生(2) 島根県松江市((株)TEAM STUDIO ARCHITECTS)

玄関ホールの階段室や、柱の一部に、オレンジ色を配色した家。元々古民家だったものを改装したので、このオレンジは土壁をイメージしたといいます。空間の引き締め役になるとともに、そこにいる人を包み込むような、温かみのある部屋を演出しています。

いかがでしたでしょうか?

キッチン、リビング、お風呂に、階段室。いろんな場所に色を取り入れるアイデアがありましたね。家の壁の全面を塗り替えることは難しくても、例えば、お風呂のタイルを色付きのものにしてみる、トイレの壁紙を変えてみる、など家の一部の改装だったら手をつけやすいかもしれません。みなさんだったらどんな色を生活に取り入れますか?

Text SuMiKa編集部

関連する記事

前の記事

【ニュース】マステを壁に貼るだけのお手軽DIY!代官山...

次の記事

濃い色調でシックにまとめたワンルーム。 見せる収納で色...