建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
2012年 6月 2日

通りに広げる暮らし。隣人を招き入れる、地域の路地に根ざす家

飲食店や住宅が入り混じる西荻窪の路地に
建つ小さな一戸建て。施工をきっかけに、
住む前からご近所づきあいをデザインする。

text_ Yasuko Murata photograph_ Kai Nakamura

9ed86dab-0648-4950-a401-a4bdaa9a2f36
キャンバスに追加する
写真を拡大する

吹き抜けで玄関とつながる2階の通路。床に古い枕木を使い、通りに面した大きな窓とトップライトからふんだんに自然光を採り込み、屋外のような空間を目指した。

いえつく5

東京都杉並区
〈設計〉いえつく

371c258e-bf79-48d1-9430-f117e141af3c
キャンバスに追加する
写真を拡大する

〈 住まい方 〉街とひととつながって暮らす
〈 住人 〉角田大輔さん(34歳)、美花さん(34歳)


西荻窪の駅近くの路地の一角に、木造2階建ての一軒家を新築したのは、角田大輔さん、美花さんご夫妻。大輔さんは建築関係の企業に勤める会社員、美花さんは自宅でネイルサロンを営んでいる。

49bd8265-6f55-4011-a921-cad59193aa9a
キャンバスに追加する
写真を拡大する

左/大谷石と砂利を敷いた1階の玄関。来訪者が土足で入れる気楽さを重視した招き入れる空間。
右/招き入れるための玄関は路地から奥まった右側。左のドアはネイルサロン専用のにじり口。

「地域に根ざした暮らしをしたいという思いは、昔から抱いていました。住宅や商店が混在したこの路地を見たとき、暮らしが通りに拡張していくように、ご近所との関係をつくっていくイメージが湧きました」
 そう話す大輔さんは、学生時代の仲間による設計チーム「いえつく」のメンバーとして活動しており、自邸の建築も「いえつく」プロジェクトとして進めることを決めていた。

4e6a1e2f-a8a4-4c0e-a28e-b8969d6abe7c
キャンバスに追加する
写真を拡大する

構造設計を担当した鈴木芳典さんと「いえつく」のメンバー、角田さんご夫妻。

「地域を西荻窪全体と考えると大きくなりすぎるのですが、ヒューマンスケールな路地に焦点を絞ったとき、『通りに住まう』というコンセプトが出てきました。そこからプランとご近所付き合いのふたつをデザインすることを考えていきました」 
 とは、「いえつく」メンバーのひとり、水野義人さん。プランには、近隣との関係性を生み出す縁側的な要素を盛り込まれている。大きな窓を設けた玄関土間には大谷石や砂利を配し、2階のネイルサロンやリビングに続く通路の床には古い枕木を使い、上部は吹き抜けに。屋外のような雰囲気の空間にすることで、外からひとを招き入れやすい空間となっている。

686965a9-7696-4e3b-b31c-d9104ed850e2
キャンバスに追加する
写真を拡大する

左/バルコニーへ向かう階段から2階のリビングを見下ろす。梯子の上にはロフトがある。
右/ネイルサロンとリビングの間口が並ぶ2階の通路。白い壁天井の部分は外壁と同じ素材。

この外部的空間に面した居室の壁は外壁のような板壁で仕上げ、1階にある寝室と浴室のプライベート感を高めた。一方、2階のネイルサロンとリビングはガラスの建具で開かれた印象にして、親しいゲストを内部に引き入れるつくりとしている。

50228bac-bd57-498b-bed3-8ab44f4fdb46
キャンバスに追加する
写真を拡大する

左/外構はPEAによるデザイン。ご近所さんが集えるデッキを枕木でつくった。
中/既製品の窓のサッシが見えないようにデザインされた窓辺。
右/1階のワークスペースと寝室。現在は本棚で仕切っているが、将来的には壁をつくって子供室として部屋にできるよう、壁位置のガイドとなる土台材を設置。

E9ddb2a1-17f1-4508-a4a4-bce57f1436c2
キャンバスに追加する
写真を拡大する

美花さんのネイルサロン『Ricetto』(ricetto-nail.jp)。正面の大きな窓からは隣家の庭木を眺める。

 ご近所付き合いに関しては、家が出来上がるまでに、近隣の人々と関係性をつくる方法を考えていった。
「着工の挨拶カードを手作りしてご近所さんにお渡ししました。施工中は、通りを歩くご近所さんたちに家型のボードにメッセージを書いてもらって、養生シートに吊るして公開するという企画も。住み始める前でも、コミュニケーションの方法はいろいろあるなと思いました」(大輔さん)

B8e3e88f-53ce-40cb-887c-5f17492166e5
キャンバスに追加する
写真を拡大する

左/1階玄関の土間の壁に設けられた室内窓。寝室から玄関越しに通りの様子を伺うことができる。
中/親しい人を玄関から家の奥へと呼び込みやすいようにと、屋外のような雰囲気に仕上げた通路。
右/通りを歩くご近所さんに描いてもらった家型のメッセージボード。養生シートに吊るして公開していた。

 新居が完成した際に催した「ご近所祭」には、予想以上の数のご近所さんが集まり、大盛況となった。
「ご近所付き合いがあると、将来の子育てを考えたときにも安心できます」
 と美花さん。角田さん一家とこの通りがどのような時間を重ねていくのか、ストーリーの続きが楽しみだ。

045beed3-89bc-423e-870b-503391cacc26
キャンバスに追加する
写真を拡大する

左/屋上へと続く階段が、上への空間の広がりを強調する2階のリビング。手前の梯子はロフトへと続く。
右/サロンからも出入りできるキッチンはお茶を出すのにも便利。


〈物件名〉いえつく5 〈所在地〉東京都杉並区 〈居住者構成〉夫婦 〈用途地域〉第二種中高層住居専用地域 〈建物規模〉地上2階建て 〈主要構造〉木造 〈敷地面積〉60.00㎡ 〈建築面積〉35.95㎡ 〈床面積〉1階 35.95㎡、2階 35.95㎡、階段室 1.89㎡ 計73.79㎡ 〈建蔽率〉59.92%(許容60%) 〈容積率〉122.98%(許容160%) 〈設計〉いえつく〈デザイン協力〉PEA 〈施工〉渡邊技建 〈構造設計〉 鈴木芳典 〈設計期間〉8ヶ月 〈工事期間〉6ヶ月 〈竣工〉2011年 〈総工費〉2,250万円


Ietsuku

いえつく 大学の仲間6人で2005年から活動をスタートした、週末デザインチーム。メンバーはクリエーターとして、それぞれの企業に所属。週末や夜の時間を使って、国内外で活動中。メンバーは三谷健太郎、水野義人、多田直人、角田大輔、穂積雄平、石畠吉一。
ietsuku.com

関連する記事

前の記事

建築家と一緒に建てる、コンパクトなRC造のデザイン事務...

次の記事

築50年の中華食堂をセルフリノベーションして誕生!湘南...