建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
暮らしのものさし
2014年 6月 9日

「airbnb」でも実際に泊まれる!世界で広がる”Tiny House(小さな家)”ムーブメントって知ってる?

キャンバスに追加する
写真を拡大する

みなさんは「Tiny house(小さな家)」ムーブメントって聞いたことはありますか?グリーンズでもドイツの小さなパッシブハウスなどを紹介してきましたが、環境問題や金融不安、都市の家賃高騰などを背景に、小さな家で身の丈にあった暮らしを選択する人たちが増えているようです。

ソーラーパネルやコンポスト式トイレを設置するなど、低予算ながらも、デザインや機能を自分好みにカスタマイズできる楽しさも人気の理由。しかしTiny houseに住むのって実際どうなんだろう?と思う方も多いかもしれません。

そこで今回は、空き部屋シェアサイト「airbnb」で気軽に泊まれるTiny houseをご紹介したいと思います。外観だけじゃない素敵なインテリアはairbnbでチェックを。この夏の旅の参考になれば幸いです。

大自然派から都会派まで!

キャンバスに追加する
写真を拡大する

【アメリカ・アプトス/1泊 ¥11,502】airbnbで人気No.1。一部ガラス張りになったロフトからは夜空が望めます。

キャンバスに追加する
写真を拡大する

【アメリカ・シアトル/1泊 ¥5,751】中心部から10分。小さく見えて3人一緒に泊まれます!

キャンバスに追加する
写真を拡大する

【アメリカ・カリフォルニア州/1泊 ¥4,705】オフグリッド村にある手作りの家。アウトドア好き・DIY好きな人におすすめ。

キャンバスに追加する
写真を拡大する

【アルゼンチン・サンカルロスデバリロチェ/1泊 ¥6,065】木のぬくもりが感じられる内装と、アルゼンチンの大自然に癒されます。

キャンバスに追加する
写真を拡大する

【アメリカ・ロサンゼルス/1泊 ¥4,914】都市にアクセスしやすい場所にあるのでレンタサイクルで、街中をサイクリング!

キャンバスに追加する
写真を拡大する

【アメリカ・サンディエゴ/1泊 ¥6,796】アートギャラリーとしても使われているおしゃれなお家。なんとプール付き!

キャンバスに追加する
写真を拡大する

【アメリカ・ニューヨーク/1泊 ¥10,456】シャンプレーン湖のほとり。家主さん所有のプライベートビーチからは美しい夕焼けが楽しめます。

キャンバスに追加する
写真を拡大する

【アメリカ・ナチュラルブリッジ/1泊 ¥23,212】実際の車輌を使用したデザインは、電車好きにはたまりません。

日本だからこそTiny House!

世界の泊まれるTiny House、いかがでしたでしょうか?ちなみに世界中の小さな家をまとめた本「Small Architecture Now!
」には、こんなことが書かれています。


日本の都市のような広い場所を確保することが難しい場所では、デザイナーにとってより少ないものでより多くのことを実現する必要があります。それは芸術と建築の境界でもあるのです。


今ある条件を前向きに捉えて、制約を逆手に取るからこそ、クリエイティブなアイデアが生まれる。必要最低限の暮らしは、本当に大切なものを見直すきっかけになるのかもしれません。

あなたもTiny houseに住んでシンプルな生活を始めてみませんか?

[via fast companyTASCHEN]

(text:染谷沙織)


※この記事はgreenzに2014年5月22日に掲載されたものを転載しています。

おすすめ

前の記事

Gallery ef

次の記事

「思い通りにいかない」が暮らしをつくる。山を暦代わりに...