建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
暮らしのものさし
2014年 2月15日

通りすがるニューヨーカーたちが次々に街角で素敵なメッセージを発信する企画「Say Something Nice」

416b644e-dec8-467c-a87e-2eb9e561ac63
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ニューヨークを拠点に活動する「Improv Everywhere」の最新の映像が公開されました。

今回のテーマは「Say Something Nice(何か素敵なこと言おうぜ!)」。街行く人々に、なにか心あたたまるようなコトを言ってもらおうというこの企画。ニューヨークの路上に”Say Something Nice”というメッセージとともにメガフォンを設置して、機会を与えられたニューヨーカーたちがどのようなアクションをするのか見守りました。

まずはこちらの映像をご覧ください!


街中にメガフォンがあったら...。

7adcb042-4898-4d37-be89-e941ea2ca92a
キャンバスに追加する
写真を拡大する


もちろん気になりますよね。

C8977b71-db48-40d9-8c14-aff4f3eebde4
キャンバスに追加する
写真を拡大する


気になって見てみるとこんなメッセージが。

「Say Something Nice」は、 Guggenheim Museumが行っているexhibitionであるstillspotting nycという取り組みの一部として行われました。stillspotting nycは「NYという眠らない街において、住んでいる人々や訪れた人々がどうしたらその喧騒を抜け出し、休息を見つけ出すことができるのか」というテーマで行われているプロジェクト。このシリーズのImprov Everywhereのコラボとしては、The Mute Buttonという企画に続いて、2番目の取り組みとなります。

1e46a475-d199-4386-8ce1-e054591cb4e1
キャンバスに追加する
写真を拡大する


小さな子供から

05c86384-b892-4967-8980-bb91122a0325
キャンバスに追加する
写真を拡大する


おじいさんまで。

「Say Something Nice」を行った結果、世代も超えて多くの通行人がメッセージを発しました。

このようにちょっとしたきっかけが生まれただけで、人々は普段は自分の心の中だけでとどめている感謝の気持ちや、誰かを想う気持ちを素敵なメッセージに変えて、発信できるのかもしれません。シンプルなアイデアですがメッセージを発信する側も、それを聞いている側も、みんなハッピーになることができる”Nice”な取り組みだと思います。

(via Improv Everywhere

関連する記事

前の記事

家を建てるだけで終わりじゃない!"ご近所づきあい"まで...

次の記事

昔ながらの知恵にデザインの味付けを!食べ物を冷蔵庫から...