建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
2015年10月20日

店舗設計のプロが、築35年のマンションをリノベーション。その仕上がりは?

キャンバスに追加する
写真を拡大する

さまざまな素材や色、バランス感覚が生み出した上質空間。

モルタル、タイル、フローリング、畳・・・など、
さまざまな素材や色を重ねながらも、統一感のあるこちらのお住まい。
築35年とは思えない、スタイリッシュでクール・モダンな印象が
目に飛び込んできます。
店舗設計のお仕事をされているというオーナーさんならではの、
バランス感覚の良さが光る上質空間です。

キャンバスに追加する
写真を拡大する

約65平米という広々1LDKを、
将来のライフステージ変化をも見据えた2LDKへ。
玄関から寝室兼ワークスペース、
LDK両方に直通できる間取りとなっています。
寝室兼ワークスペースには、
出入り口が2カ所設けられている点にも注目。
2部屋に分けることのできるフレキシブルな空間です。

キャンバスに追加する
写真を拡大する

NY&西海岸テイストをミックスした、心地よい空間づくり。

お住まいの顔となるエントランスには、
ニューヨーク風のスタイリッシュな演出を。
モルタルの見える天井あらわしにスポットライト、
壁一面のブリックタイルが雰囲気をかもし出しています。

キャンバスに追加する
写真を拡大する

キャンバスに追加する
写真を拡大する

キャンバスに追加する
写真を拡大する

寝室兼ワークスペースでは、
西海岸を思わせる明るいブルーのアクセントウォールに木目調の天井、
ところどころに置かれたグリーンがリラックスを誘うインテリア。

キャンバスに追加する
写真を拡大する

キッチンには石畳調のタイル、ダイニングには古材調の壁、リビングにはネイビーのアクセントウォール、と場所ごとに異なるカラーを持つLDKも、見事に調和がとれていますね。

キャンバスに追加する
写真を拡大する

フレキシブルな空間を設けて、将来の暮らしも快適に。

一方、リビングの隣には、琉球畳と藍色のアクセントウォール、
天井の美しい木目がモダンな和室を。
こちらはホームパーティーの際に活躍しているほか、
将来ご両親が使うことを見越して設けたとのこと。
ご両親のため、お住まい全体の床をほぼフラットにしている点も
見逃せないポイントですね。

このようにスタイリッシュでありながら、
実用を兼ね備えたこちらのお住まい。
特にあらゆる希望をお住まい全体にしっくりとまとめ上げている点は、
空間づくりの良い参考例となりそうです。

キャンバスに追加する
写真を拡大する

物件データ

キャンバスに追加する
写真を拡大する

▲リノベーション前

キャンバスに追加する
写真を拡大する

▲リノベーション後

築年数(完工時)
:35年
面積
:65.61㎡
間取り
:1LDK → 2LDK
構造
:RC構造
場所
:神奈川県川崎市
家族構成
:シングル

いかがでしたか?
このリノベーションは「リノベる。」が手がけています。
「リノベる。」の施工事例集やリノベーションに関するコンテンツが満載の
「リノベる。マガジン」はこちらから無料でお申し込みができます♪

キャンバスに追加する
写真を拡大する

関連する家づくりカテゴリー

おすすめ

前の記事

増築ならぬ、“減築”で 暮らしやすさを手に入れる ル...

次の記事

料理男子に育てるには?子どもと料理を楽しむ食育キッチン...