建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
The Longing House – 憧れの家 –の建築事例写真
The Longing House – 憧れの家 –
株式会社 一級建築士事務所アトリエm

The Longing House – 憧れの家 –

The Longing House – 憧れの家 –の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

この計画の特徴は、まずT字型の敷地にある。

繁華街近くの住宅街に位置し、T字の足の部分が東側の道路と接している。この細い部分を2階建てエリアとし、1階にはサロンを設けた。

ファサードは、この建物のボリュームを想像させない、品あるものにしたかった。

敷地奥にあるT字の頭の部分はゆったりとしており、奥まっているにも関わらず南が開けている。ここにLDKを配置し、南側に向かって屋根を持ち上げた。

南と西に庭も確保し、そこから存分に光と風を取り込んだ。最も暗くなる中央部にはトップライトを備えることが出来たのは、このエリアが平屋だからである。

また、将来は親世代とも暮らせるよう、北奥には和室も備えている。ちょうど良い距離感を意識したものだ。

25畳程のLDKと直交する形で、個室が集まる2階棟が接しているので、ここに動線が集中することになる。階段、エントランスホールと並行する形で、シューズクローゼット、ウォークインクローゼットが繋がり、家族専用の動線も確保した。

子育て真っただ中の5人家族が楽しく暮らせるよう、プランは奥様と練りに練った。特に家事動線はキッチンを中心とし、非常によくまとまったと思う。

計画当初のコンセプトは「家族でワイワイ、ちょうどいい家」だっが、タイトルの「The Longing House 」には、「憧れの家」と言う意味が込められている。

「家族が自然に集いたくなる広々リビング・ダイニング、やりたかったヘリンボーンの床やお庭があること、便利な家事動線、映画からインスピレーションを得た外観、サロンも併設!憧れと想いが詰まりまくり。
いつしか「ちょうどいい」から 「Longing House 」というイメージになりました」

設計の中盤に奥様から頂いたメールだが、真っすぐな気持ちがダイレクトに伝わってきたものだ。

憧れるまでに好きな家で暮らせたら、幸せだろうなと思う。

それが実現できたのかは、まずは1年後にお聞きしてみたいと思っている。

1この事例、ここを見てください!

玄関からキッチンまでの土間収納を含めた導線。
レッドシダーを使った軒下とヘリンボーン床。
大開口からの眺めとトップライトの明かり

株式会社 一級建築士事務所アトリエmのプロフィール写真

株式会社 一級建築士事務所アトリエm

守谷 昌紀

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2021
部屋数
4
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
200㎡〜300㎡未満
延床面積
150㎡〜200㎡未満
外壁仕上げ
左官仕上げ
床仕上げ
ヘリンボーン
所在地
大阪府
ロケーション
郊外