建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
国産材の洋館 | 国産材の洋館
国産材の洋館
アーキネットデザイン
もっと見る

国産の木材にこだわった『洋館』を御紹介します。

住まい手の希望はアメリカ留学の経験から、本物のアメリカンハウス。例えば、玄関ドアは防犯性と人を招き入れる気持ちから内開き、日本的様式の所謂玄関はいらない、南面採光にはこだわらない。などなど。しかし反面、生まれ育った住まいは典型的な日本家屋。和室も大好き、さらに施工は友人の大工棟梁に任せたいので在来工法にしたい。

そこで私は、アメリカンハウスと日本の伝統建築を融合させた、本物の和洋折衷住宅=洋館を提案しました。

構造材は人工乾燥した熊本県小国杉、木組みは日本の伝統的技術を活かし、大工の手刻みによる仕口継手の加工。金物はホールダウン以外ほとんど使いませんでした。

仕上げ材も本物にこだわりました。外壁は1回目のコラムで紹介した石灰モルタル(洋風の漆喰)と無垢の米杉材のラップサイディング張り。内部は、壁天井は、真っ白な石灰プラスター(薄塗り漆喰)塗り、床はテラコッタタイルと天然土佐栂の板張りとなっています。

アーキネットデザインのプロフィール写真

アーキネットデザイン

市川 均

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2003
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
RC造
外壁仕上げ
しっくい塗り、一部米杉張り
屋根仕上げ
洋瓦
内装仕上げ
洋風しっくい塗り
床仕上げ
土佐栂縁甲板張り
予算帯
3000万円以上〜3500万円未満
所在地
埼玉県
ロケーション
分譲地