建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
世界のおうち
2016年 8月22日

簡素だけど愛らしい、チェコの家 世界のおうち【チェコ編】

世界のおうち

739c7362-f094-4c73-aeb1-e617f51f71ac

ゴシック様式のアーケードとルネサンス様式の屋根が特徴的なティーン教会
photo by mendhak

チェコというと、首都、プラハの美しい街並みをイメージする人も多いのではないでしょうか。それもそのはず、プラハは、“建築の博物館”とよばれるほど、さまざまな建築物に出合える街。ロマネスク様式、ルネサンス様式、ロココ様式…、またキュビズム(立体派)建築は、チェコ以外ではまず見られないといわれています。

506d55ef-540f-4491-84f5-e8164e893ded

ゴシック様式で有名な聖ヴィート大聖堂の内部
photo by Tambako The Jaguar

プラハだけではありません。プラハから東へ進んだモラヴィア地方には、チェコ第二の都市であるブルノがあります。こちらでは、現代住宅建築の原点といわれる、世界文化遺産のひとつ、トゥーゲントハット邸をみることができます。

0fcb3e6e-b76e-4971-81a9-0cc80f1c1def

現代住宅建築の原点とみなされている近代建築の傑作、トゥーゲントハット邸
photo by Rory Hyde

見所の多いチェコ。今回は、スロバキアにほど近い、南モラヴィア地方を訪れました。ここは、おいしいワインとともに、素敵な民族音楽を楽しむことができる、美しい自然に囲まれたエリア。今回はそんな南モラヴィアの旅でみつけた、素朴で愛らしい家をご紹介します。

940d19b5-a790-478d-870a-0f0d41eb0361

田園風景が広がるモラヴィア地方
photo by Petr Dadák

外壁に、愛らしい花柄ペイント!

04273b80-7df0-4d3c-8eda-99cdc2cdd8d5
キャンバスに追加する
写真を拡大する

072bb844-7a42-49fa-99ee-9289c52db2a7
キャンバスに追加する
写真を拡大する

スロバキアの国境に近い、小さな村、ストラージュニツェ。この村には、外壁に愛らしい花柄のペインティングをほどこした家を見かけます。家によって花のデザインが微妙に異なり、どこも白い壁に描かれています。木枠の窓も愛らしいですね。

家のアクセントにつかわれる花柄

Aaaabacc-e337-4651-bdaf-ebb4462344e8
キャンバスに追加する
写真を拡大する

6509d454-1bc6-4029-a2cf-b1a689b50586
キャンバスに追加する
写真を拡大する

9e106474-95eb-442b-8718-c4c405f3bcc4
キャンバスに追加する
写真を拡大する

簡素な平屋が立ち並ぶエリアが多いのも特徴のひとつかもしれません。そのなかで、目を引くのが、やはりこんな花柄ペイントの家でした。真ん中の写真はまるで外壁にリボンを貼り付けたようなデザインで、下は窓の上にさりげなく花柄をあしらっています。

ガレージに玄関ドア!?

700e93f1-5c2e-47bd-821d-f4f349dd0986
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ガレージの入り口と玄関の扉がひとつになったタイプ。よく見るとガレージのシャッター部分に、ドアが見えます。“ガレージ兼玄関”、効率的なアイデアですね。

玄関の入り口にベンチを置いて日向ぼっこ

5179ecbf-5133-4e5c-badb-f9e673f0914a
キャンバスに追加する
写真を拡大する

玄関が2階部分に設けられたこちらの家の入り口には、ベンチが置かれています。住人であるおばあさんは、ベンチに腰を下ろし、日向ぼっこ。通りかかる人とあいさつを交わしたり、雑談する姿が印象的でした。玄関の入り口にベンチを置く…こんなアイデアも、家づくりの参考にしてみるといいかもしれませんね。

まるでレゴのような家…!

33e1adcf-37c0-4c44-8106-fde8ac863541
キャンバスに追加する
写真を拡大する

平屋だけでなく、立派な一軒家も多く見かけました。こちらは、屋根や煙突など、ブロックで組み立てたおもちゃのようなフォルムが印象的。窓枠やフェンスなど、アクセントに使われているグリーンとの組み合わせも面白いですね。チェコの絵本にでてきそうな愛らしさ満点です。

土間感覚でつかえる玄関兼インナーテラス

5ec5b97f-e1b6-4c3b-89bf-89b25c1fe471
キャンバスに追加する
写真を拡大する

F672de64-6d48-4c98-ad83-12704b2f7dd0
キャンバスに追加する
写真を拡大する

こちらは階段をのぼって扉を開けると、玄関兼インナーテラスにつながります。インナーテラスからリビングへ。テーブルと椅子が置かれているので、土間のような感覚で、靴をはいたままくつろげます。階段下のスペースには、薪のストックがぎっしり。

壁面が緑一色…!ツタで覆われた邸宅

7d8f6cfd-2b04-42f3-9ad9-5404b76a0c3d
キャンバスに追加する
写真を拡大する

836e3469-9f33-40c9-8baf-3f8c8ea6f3ca
キャンバスに追加する
写真を拡大する

家全体がツタで覆われ、庭もグリーンできれいに整えられています。外壁をグリーンで覆うことで、夏は涼しく、冬は暖かいというメリットも。手入れをちゃんと行うことで、ロマンチックな森の一軒家になりますね。

美しい森を抜けた先にある、草原の家

B138e4b9-227f-4341-a41a-5b12253a03bd
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ホワイトカルパチアとよばれる美しい森を抜けた、草原で発見。家の裏にも広い庭が広がります。木のフェンス、窓の格子のフォルム、玄関のライトなど、どれも愛らしい、牧歌的な景色に溶け込むおうちです。

いかがでしたでしょうか。今回、ご紹介した家はほんの一部。モラヴィア地方といっても、村や町によっても家の雰囲気が少しずつ変わりますので、訪れた際は、そんな変化をぜひ楽しんでみてください。

Text&Photo 矢島容代

関連する記事

前の記事

新しい海辺での過ごし方を提案する、海の家としての小屋−...

次の記事

こんな“窓”に憧れる…!真似したくなる、窓のアイデア8選