建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
LiVESの家
2016年12月12日

宙に浮かぶ構造体で
広々LDKと店舗空間も実現した小住宅

GEHの家

建坪は約11坪。ワンフロアまるごとのLDK、書斎と子ども室を確保し、1階には将来の店舗空間まで生み出した充実のプラン。

text_ Yasuko Murata photograph_ Takuya Furusue

A3124a03-228f-4d0d-976a-b8296c78bb11
キャンバスに追加する
写真を拡大する

2階はすべてLDK。右上のラーチ合板の箱は構造体でロフトの機能ももつ。窓などをつくらず、シンプルな箱として見せた。

GEHの家

(東京都小平市)

設計
I.R.A./加瀬谷章紀+綱川大介
住人データ
玲之(れいし)さん(37歳)会社員、証子さん(37歳)フリーランス、長女(5歳)
ご夫婦ともに小平市出身。地元を離れることには抵抗があり、エリアを限定して土地を探し、理想的な立地に戸建てを新築。

8b20ebda-b590-43a4-9a54-6231155cee59
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ロフト階のご主人の書斎。

家を取得するにあたり、予算的に新築一戸建ては難しいと考えていた土方玲之さん、証子さんご夫妻。5歳の花々(ここ)ちゃんと3人で住む家に、広さは必要ないという思いもあったという。玲之さんは言う。

娘はいずれ独立するから、十数年後は2人だけになります。狭小の土地でいいから、好きなように家をつくれないかと模索していました

75384afe-6eef-4bc1-b684-01e668750a15
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ロフト階の子ども室は、壁とドアで囲まれた完全な個室。屋根と同じ片流れの天井としている。壁の一面にピンク色の壁紙を貼り、女の子らしい雰囲気に。

4764cf9a-536c-466a-adc5-95f2ae769c36
キャンバスに追加する
写真を拡大する

LDKにはこの家に合わせて揃えたヴィンテージ家具が並ぶ。

知人で建築家のI.R.A.綱川大介さんに相談しながら土地を探していたところ、たまたま予算にあった場所が見つかり、一戸建てを新築することに決めた。大通り沿いに位置するその土地は、建坪が約11坪。南側と東側には、3階建ての背の高い建物が迫っている。北側も隣地の斜線によって大きく切り取られるという条件だ。

F9cf9f70-4a6b-4000-aa19-e9e74df5aad4
キャンバスに追加する
写真を拡大する

玄関と通路の床はモルタル。正面のドアの奥が寝室、手前のドアが店舗になる予定の個室、階段の下はトイレ。下足棚は「HYTNOS」の岸本直人さんによる造作。

北側斜線で切り取られる傾斜をそのまま屋根として立ち上げ、南側に最大限の高さを確保しました

と話すのは綱川さん。家に人を招くことが好きなご夫妻の暮らし方から、限られた面積の中で、いかに広く快適なLDKを生み出すかを考えたという。

8bd6ee6d-4621-4669-a7c8-88da930b3980
キャンバスに追加する
写真を拡大する

道路側にはLDK から続く広めのバルコニーがある。バルコニーは鉄骨造で、建物と独立した造りになっている。1階の掃き出し窓が、店舗への入口となる。

1階に寝室や水まわりなどをコンパクトに収め、2階をまるごとLDKとしています。2階をできるだけ大らかな空間とするため、ボックスビームと呼ばれる構造体の木の箱を浮かせました。これにより、2階のLDKは柱のない広々とした空間となっています(綱川さん)

E9fdcb70-91ab-4022-8f7c-ac8e77449a09
キャンバスに追加する
写真を拡大する

書斎の収納はオープン棚を採用し、圧迫感のない空間としている。

E93348cb-9a9c-45f5-a8ba-612dacafa3e7
キャンバスに追加する
写真を拡大する

玄関のディスプレイ。古い家具や小物を自由に組み合わせて一角を彩る。

ボックスビームの中には子ども室と書斎が収められ、ロフトとしても機能。天井を片流れの屋根と同じ勾配とすることで、LDKにダブルルーフをつくりだしている。ダブルルーフには採光窓を設え、上部からLDKまで光が届くようにしている。

13c0070a-7aeb-492e-95da-fccc1dc04be0
キャンバスに追加する
写真を拡大する

1階には洗面室と浴室もある。ミラーと照明はヴィンテージ。

また、ボックスビームには仕上げをせず、構造材のラーチ合板をそのまま現しとした。コストを調整するとともに、ご夫妻が好きなヴィンテージ家具などのテイストにも似合う、ラフな空間となっている。

F839334b-fde4-4317-9c36-32f627156666
キャンバスに追加する
写真を拡大する

好みの家具や小物、グリーンが引き立つ白壁紙のシンプルな空間。ダイニングテーブルは「GALLUP」。隣家が迫るため窓は最小限に。

証子さんは将来的に、この家の一角で雑貨などを販売するショップを開くことを考えているという。

1階の大通りに面した個室は、店舗にすることを前提に入口となる掃き出し窓を設け、床を土間にしてもらいました(証子さん)

狭小地で個室も書斎も確保し、店舗空間も生み出す。構造まで含めた設計の工夫が、小さなこの家の可能性をぐんと広げている。

A2254e04-6605-488c-9c0f-2d67f9109fe7
キャンバスに追加する
写真を拡大する

LDKのロフト側は天井が2.2mと低め。ロフトへと続く階段は、構造とは切り離されて独立しているが、仕上げはラーチ合板で統一。階段の内部は収納になっている。

6a7208b7-86d1-4b14-8c02-1447647892e3
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ロフトの勾配天井と屋根の間に設けた採光口から光が差し込む。

660fd156-ed96-4f89-85f7-426bf92cb9f0
キャンバスに追加する
写真を拡大する

リビングに置いたシェルフは英国のヴィンテージ。ソファは「カリモク」。

2b49f6fa-a17d-414d-83d5-bbc4589c4213
キャンバスに追加する
写真を拡大する


〈物件名〉GEHの家〈所在地〉東京都小平市〈居住者構成〉夫婦+子供1人〈用途地域〉第二種中高層住居専用地域〈建物規模〉地上2階建て〈主要構造〉木造〈敷地面積〉79.56㎡〈建築面積〉37.26㎡〈床面積〉1階 37.26㎡、2階 37.26㎡、ロフト 8.63㎡、合計 93.15㎡〈建蔽率〉46.83%(許容60%)〈容積率〉93.66%(許容200%)〈設計〉I.R.A./加瀬谷章紀+綱川大介〈施工〉ホームビルダー〈構造監修〉萩生田秀之〈設計期間〉8ヶ月〈工事期間〉5.5ヶ月〈竣工〉2013年〈総工費〉1,799万円


※この記事はLiVES Vol.81に掲載されたものを転載しています。

※LiVESは、オンライン書店にてご購入いただけます。
amazonで【LiVES】の購入を希望される方はコチラ

おすすめ

関連する家づくりカテゴリー

関連する記事

前の記事

床に段差をつけて過ごし方の幅を広げたクリエイティブなLDK

次の記事

年末の大掃除も慌てない!掃除が簡単な家づくりのアイデア8選

Mailmagazine
SuMiKaでは、毎週いろいろな人たちの家づくりを配信しています。
メルマガ配信を申し込む