建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
LiVESの家
2017年11月23日

毎日がキャンプ気分。
外に面したキッチンや リビングで過ごす日常

azmaya house

キッチンの窓からテラスへと料理を出して、家族や友人たちとバーベキューを楽しむ。あらゆる生活シーンが外部と向き合う家。

text_ Yasuko Murata photograph_ Takuya Furusue

C12fee71-abf5-4b09-914f-f58111e78fb6
キャンバスに追加する
写真を拡大する

テラスにチェアやテーブル、グリルを並べ、バーベキューを楽しむ。庭は芝生を敷き、自生しているように樹木の植栽を計画。手前のチェアは幸二さんがDIYで製作。

azmaya house

(静岡県静岡市)

設計
エムエースタイル建築計画
住人データ
夫(30代)会社員、妻(30代)会社員、長女(3歳)

4fbc1473-9bd9-447e-b4e5-a98572995176
キャンバスに追加する
写真を拡大する

キッチンの窓の外側には、基礎と一体となったカウンターを設置。できたてほやほやの料理をダイレクトにテラスへと出せる。テイクアウトの店のような雰囲気。

建物のすべての面にぐるりとガラス窓が続く平屋。外周部にキッチン、洗面、デスク、リビングなどの機能が配置され、生活のあらゆるシーンで外の景色と向き合える。この家に住むのは、牧田幸二さん、知里さんご夫妻と3歳の娘さん。元は茶畑だったという敷地は、幸二さんのご両親から譲り受けたもので、現在も敷地内に一部を残した茶畑ののどかな風景が見える。

C6ff98f9-c9e3-4bb4-9e73-90d1f596c3c3
キャンバスに追加する
写真を拡大する

キッチンの天板はコンクリート。窓の外の景色を眺めながら料理ができる。

A2d99702-357c-4c16-83b3-a9712ac2cc13
キャンバスに追加する
写真を拡大する

リビング収納にもコンクリートの天板。キャンプ道具の一部を飾っている。

バーベキューなどを楽しめる庭やテラスをつくって、キッチンの窓から、できたての料理を外へ直接出せるようにしたかったんです。家の中にいても外にいるみたいな居心地を求めていました

そう話す幸二さんは、料理とアウトドアが趣味。キッチンツールやアウトドアアイテムにこだわる延長で、インテリアにも興味を持ち、建築家と一戸建てを建てたいと思うようになったという。念願叶って、静岡に拠点を持つ、エムエースタイル建築計画の川本敦史さんと川本まゆみさんに設計を依頼した。

Fa75d93b-1abc-49b2-84bd-a1b69fe8d8b5
キャンバスに追加する
写真を拡大する

寝室兼ワークスペースには鉄製のハンガーラックを設置。道具類を吊るす。

7af86243-f095-4285-bb28-3ce0eeda5e60
キャンバスに追加する
写真を拡大する

幸二さんが焼いたハンバーガーのバンズ。パティの仕上げはグリルで炭火焼き。

内と外を分けずに曖昧にして、その境界に人が集まるような空間がつくれないかと考えました。モチーフは公園の〝東屋〞です。テラスやポーチなどの外部の居場所にも屋根を大きく張り出し、軒に守られている安心感がある空間をつくることを心がけました(川本まゆみさん)

6f6b8896-68ab-48f0-9820-4fc06f9d7f4d
キャンバスに追加する
写真を拡大する

キッチンから玄関方向を見る。水まわりと収納を中心に回遊性のあるプランとなっている。フローリングはナラ。キッチンの収納は構造と同じラーチ合板。

Ddbad69b-51cc-4673-a72b-f6414b5b780f
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ガラス引戸の玄関を入ると、広い土間があり、モルタルの床がリビングへと続く。ポーチも庇で守られた外部の居場所の一つ。コンクリートのベンチも設けた。

C75ee308-1d20-43bd-9032-71fd7420d857
キャンバスに追加する
写真を拡大する

庇が張り出した外部空間は、寝室兼ワークスペースからアクセスする洗濯物干場。自転車を置くなど多目的に使っている。洗面から見える場所に植栽を配した。

外周のコンクリートの基礎は床から1.2m立ち上がる。キッチンや寝室兼ワークスペースのデスクの天板は、基礎と一体となったコンクリートでつくられている。壁は構造のラーチ合板をそのまま露出させ、筋交いや柱も見えている状態だ。床はナラのフローリングがメインだが、ソファがあるリビングは玄関から続くモルタル。つくり込みを最小限に抑えたざっくりとした仕上がりは、緑に囲まれた外の景色との親和性が高く、東屋のような居心地をつくることに一役買っている。

380a2da2-921a-4415-9994-fb45804e269f
キャンバスに追加する
写真を拡大する

3方向をガラス窓に囲まれた、明るく開放的なキッチン。料理や食事をしながら、日常的に庭やテラスや茶畑などの豊かな自然を感じて暮らすことができる。

476d6838-684b-4311-bb58-9952b7c77d06
キャンバスに追加する
写真を拡大する

昔から料理が好きだという幸二さん。バーベキューグリルでつくる料理はプロ級。

C7eaaff3-78dc-4b1d-b27f-89ba930edce4
キャンバスに追加する
写真を拡大する

高い天井と構造の梁を利用して設置したキッチンの棚。パントリー的に活用。

子どもが小さいのでキャンプに行くことが難しいのですが、この家では住みながらキャンプっぽい時間を楽しんでいます。普段の食事もテラスで食べたり、庭にテントを張って寝たりすることも。キッチンが外に面しているので、洗いものをしているときも、季節や天気を感じて気分転換になります(幸二さん)

常に外とつながる牧田さんご家族の日常は、豊かな外部空間とすっかり混ざり合っているようだ。

A8effb06-8622-410c-9457-56f8bb58590b
キャンバスに追加する
写真を拡大する

キッチンから続く通路沿いに、窓に面した洗面がある。奥は寝室。

B8ea3e52-9da9-4df6-aa4b-c49d442a88a1
キャンバスに追加する
写真を拡大する

手前が寝室兼ワークスペース。奥は引戸で仕切れる子ども室。

Dd25492a-3415-4152-935d-d66c04029a05
キャンバスに追加する
写真を拡大する


〈物件名〉azmaya house〈所在地〉静岡県静岡市〈居住者構成〉夫婦+子ども1人〈用途地域〉都市計画区域内 市街化調整区域 用途地域指定なし〈建物規模〉平屋建て〈主要構造〉木造〈敷地面積〉297.53㎡〈建築面積〉95.68㎡〈床面積〉81.98㎡〈建蔽率〉32.16%(許容 60%)〈容積率〉27.55%(許容 200%)〈設計〉エムエースタイル建築計画〈構造設計〉坪井宏嗣構造設計事務所、小山直丈構造設計事務所〈施工〉桑髙建設 〈設計期間〉8ヶ月〈工事期間〉6ヶ月〈竣工〉2015年


※この記事はLiVES Vol.88に掲載されたものを転載しています。

※LiVESは、オンライン書店にてご購入いただけます。
amazonで【LiVES】の購入を希望される方はコチラ

関連する家づくりカテゴリー

おすすめ

前の記事

よく聞く「旗竿地」って何?購入前に知っておきたい、メリ...

次の記事

大人も子どもも、遊び心をくすぐられる。1坪に置ける小屋...

Mailmagazine
SuMiKaでは、毎週いろいろな人たちの家づくりを配信しています。
メルマガ配信を申し込む