建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
2019年 3月26日

二戸を一戸につなげて住まう暮らし方。大阪・泉北地域で広がる「団地住まい」の最先端。

62d6dfdb-86ab-44d0-85ac-b151af7561c7
キャンバスに追加する
写真を拡大する

大阪府の南部にある泉北ニュータウンでは、団地の壁をぶち抜いて、2戸を1戸につなげるプロジェクト「ニコイチ」による、ユニークなリノベーション住戸が次々と誕生しています。

(泉北の暮らしについて知りたい方は「PORTAL SENBOKU」をご覧下さい)

0dc4fb4a-8eb3-4f50-a011-b6ed978847d7
キャンバスに追加する
写真を拡大する

「ニコイチ」は45㎡の2戸を90㎡の1戸にリノベーションすることで、より快適な居住空間を確保する試み。設計デザインには様々な建築家が関わり、これまで10を超えるリノベーションプランが実現。賃貸住宅として提供されています。

空家をマイナスではなく、新しい価値を生み出すための余白として捉え、2戸をつなげて広い間取りにコンバージョン。子育て世帯などの若年層に対し、スペースや経済的にゆとりのある、質の高い暮らしを提案できるようになりました。その取り組みが評価され、2017年度のグッドデザイン賞も受賞しています。

4190c68d-753e-424f-83f6-322b7638227b
キャンバスに追加する
写真を拡大する

2017年、結婚を機に泉北の茶山台団地にある「ニコイチ」物件に移り住んだのが、こちらの掛橋さんご夫妻。夫である駿さんは、自転車部品を製造する企業に勤務。妻の乃利子さんは近所にある二つのカフェを掛け持ちしながら働き、暮らしています。(掛橋さんご夫妻の暮らしの様子はこちらで詳しく見ることができます)

03fc6fae-3e36-4b46-8add-746c51abae31
キャンバスに追加する
写真を拡大する

そんな二人が選んだのが、「ニコイチ」で生まれた、「バーチカルブラインドのある家」でした。

A206e61e-0de0-48a5-8a04-53cc882b265c
キャンバスに追加する
写真を拡大する

もともと自転車が好きというお二人。駿さんのお仕事が自転車部品の設計であることもあって、合計5台もの自転車を保有しており、自宅にはある程度の広さが必要でした。一軒家も含めて検討していたある日、地元のイベントを通じて出会った人から勧められて、この物件にたどりついたといいます。

0676a8da-8ad0-4fc8-9fee-a20ecb89e685
キャンバスに追加する
写真を拡大する
53fd7159-6e46-4c3a-83d8-ab5ba8b12994
キャンバスに追加する
写真を拡大する

「二人で住むには十分な間取りがあって、無理のない家賃。開放的でゆったり過ごせて、今の私たちにはちょうどいいです」と乃梨子さん。

「ニコイチ」の物件は90平米の広さにして、家賃が7万2千円〜8万5千円ほど。しかも、堺市から5年間で最大120万円まで家賃補助がつくというおまけつき。リノベーションのテーマバリエーションも実に多彩です。

5fbc66a3-4057-4d35-9cc6-5d51af5fcbd1
キャンバスに追加する
写真を拡大する
068bbf53-f5c5-4c9e-b748-d30d6081ddf9
キャンバスに追加する
写真を拡大する
F4427676-008a-44ef-a63c-f2e1a7db4caa
キャンバスに追加する
写真を拡大する
8ca157f7-88be-4abf-b5af-68f8092c70ce
キャンバスに追加する
写真を拡大する
2322f9f5-6b43-420e-90b9-ca05592c25e8
キャンバスに追加する
写真を拡大する

全国的な人口減少が進む中、ニュータウンにおける空き家の数も、これから間違いなく増加していきます。

でも、集合住宅のあちらこちらに生まれてくる空き物件同士をつなげることができたら、魅力的な空間に生まれ変わらせることができたとしたら。住宅だけでなく、店舗や、コワーキングスペースや、一棟丸ごとシェアハウスにしてしまうなど、そんなことができるとしたら。想像してみてください。団地って可能性にあふれているような気がしてきませんか?

Ddd4a8e4-b445-4c36-a808-7d5e6568deae
キャンバスに追加する
写真を拡大する

現在、「ニコイチ」で生まれた物件が入居者を募集中。家賃を抑えつつ広々ゆったりとした暮らしに関心のある方や、団地暮らしに興味のある方は、ぜひ一度、
泉北のポータルサイト「PORTAL SENBOKU」や大阪府住宅供給公社の「ニコイチ」特設サイトを覗いてみてください。

photo by 都甲ユウタ

関連する家づくりカテゴリー

おすすめ

次の記事

「少子高齢化」と「人口減少」、その時に最も面白いのが「...