建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
2015年 7月 3日

ローコストで叶える。 郊外のテナントビルを住宅にコンバージョン

3階建て鉄骨造の建物の内装を撤去して、自由に
リノベーション。職人がベースだけをつくり、
自分たちで手をかけて住みながら育てる家。

text_ Yasuko Murata photograph_ Takuya Furusue

36092dc9-652f-4486-b7d9-08469f222eeb
キャンバスに追加する
写真を拡大する

2 階全体を使ったLDK。天井は躯体現し。壁は仕上げを剥がし、白ペンキを塗装。玄関のドアは採光のため木枠のガラス戸を造作。

429964b7-7159-4469-8905-c3414ee112fe

BEFORE
スナックとして使われていた2階テナント。窓はひとつで薄暗い印象だった。

ビルリノベ

BT-house

埼玉県草加市
〈設計〉建築計画網・大系舎

・住人データ
貴史さん(39歳) 建築家
り加さん(39歳) フローリスト


469c1bc9-9b57-4731-a9f8-2a4082ddad27
キャンバスに追加する
写真を拡大する

完全に独立した3階から階段を見下ろす。手摺りは新設。 1 階はフローリストのり加さんのアトリエ。

1階が不動産会社、2階がスナック、3階が貸し事務所だったという埼玉県草加市に建つテナントビル。建築家の森川貴史さんは、価格に値打ち感があった築28年の鉄骨造の建物に魅力を感じ、住宅にコンバージョンすることにした。

Ad2158a7-751e-418c-b9ee-6700e3db6fd2
キャンバスに追加する
写真を拡大する

外観はテナントビルだった当時のまま。1階は道路に面したアトリエ。外階段から2階のビルの入口を通り、室内階段で3階にアクセスする。2階の窓はサイズを大きくしている。外構や看板、外壁など、今後もDIYを続ける予定。

「テナントビルは階段が壁側に寄っていて、店舗部分が広く取られたシンプルな造りが多い。各層をワンルームにして使いたかったので、イメージにぴったりでした」

5d626b2e-478e-4da2-8281-77879aea8750
キャンバスに追加する
写真を拡大する

3階から階段を見下ろす。手摺りは新設。

貴史さんが目指したのは、物件や工事の費用を抑え、住宅として必要最小限のベースをつくること。住みながらDIYでカスタマイズして育てていく家が希望だった。そのため工務店に依頼する部分とDIY部分を明確に分け、工事のスケジュールをしっかり組むことに努めた。

83fb5d38-fa65-46e7-b019-319ecc0b519d
キャンバスに追加する
写真を拡大する

左・天井を抜いて、露出した鉄骨造の梁のみを白く塗装した。/右・以前の住まいで使っていたフローリング材を棚板に活用。

「塗装はほとんど自分たちでやりましたが、入居前に床までは塗り終えるようにしました」(貴史さん)

0eeff399-07c7-4a72-a896-435f3c5ffae0
キャンバスに追加する
写真を拡大する

キッチン背面の収納棚は、り加さんがフローリング材やスチールラックなどで自作。右端の引出しにはゴミ箱が収納されている。

1階はフローリストとして、植物を扱う奥さまのり加さんのアトリエ。数年前に内装を新調してあったため、床をモルタルの左官仕上げで整えるのみとした。入居後に棚をつくったり、壁紙の上から漆喰を塗ったりして、DIYを続けている。

D4af84c5-60a7-4d9c-8373-4c45cb1c0386
キャンバスに追加する
写真を拡大する

階段の手前にあった壁を抜き、開放的な空間となった2階。

外階段からつながる2階はLDK。システムキッチンを新設し、ラーチ合板のカウンターで覆うようにして、テイストを合わせた。天井を剥がして鉄骨の構造を現しとし、梁と壁を白く塗装。床は仕上げを剥がしたら出てきたコンクリートがいい状態だったため、防塵塗料を塗るだけに留めた。

C9b858dd-535b-4c4c-8f8a-d4e7e5b6ca41
キャンバスに追加する
写真を拡大する

3階の天井には断熱機能と素材感を併せ持つ木毛セメント板を採用。収納は造り付けず、一角を布で仕切って簡易的に。

3階は天井に木毛セメント板、床にラワン合板を張って、水まわりを新設。現在は寝室として広々と使っているが、将来的に個室が必要になったときは、壁をつくって間仕切ることも考えている。

19156d7b-4bab-4490-9036-59b378ef6d2c
キャンバスに追加する
写真を拡大する

3階は寝室として使っている。黒い箱の中にトイレ、洗面室、浴室が収まる。床はラワン合板にオイル塗装仕上げ。

「2階は以前スナックだったため、南側の小さな窓しかなく、薄暗い印象でした。北側に大きめの窓を新設し、南側の窓も大きくして、3階へとつながる階段を隔てていた壁も撤去。開放的で風通しの良い明るい空間になりました」(貴史さん)

4481c7af-f11e-4470-98ec-4fc537554963
キャンバスに追加する
写真を拡大する

リビングからダイニング、キッチンを見る。2階は南側に窓がひとつしかなく、薄暗い印象だったため、北側に窓を新しく設け、採光を確保した。ダイニングの横にはパソコン作業などをするワークスペースがある。

889c42df-14a3-4ca0-8249-445954e21352
キャンバスに追加する
写真を拡大する

左・2階のトイレ。ドアや壁は既存を使い、手洗いシンクを新設。/右・2階の床はシートを剥がして、防塵塗料を塗っただけ。

テナントビルは、柱や梁などの構造以外を撤去できる鉄骨造やRC造が多く、希望の空間をつくりやすい。都心ではすでに注目を集めている古いビルの住宅へのコンバージョン。このアイデアを物件のストックが豊富で、ローコストな郊外の物件に活かせば、リノベーションの可能性は格段に広がりそうだ。

5721b289-eca4-48a9-801d-0eb2f58f22fb
キャンバスに追加する
写真を拡大する

システムキッチンの外側にラーチ合板でカウンターと棚を造作。キッチン側は床もラーチ合板仕上げ。ラフで存在感のある印象に。


〈物件名〉BT-house〈所在地〉埼玉県草加市〈居住者構成〉夫婦〈建物規模〉地上3階建て〈主要構造〉鉄骨造〈建物竣工年〉1985年〈建築面積〉38.50㎡〈床面積〉1階38.50㎡、2階38.50㎡、3階38.50㎡、計115.50㎡〈設計〉森川貴史/建築計画網・大系舎一級建築士事務所〈施工〉株式会社ニート〈設計期間〉2ヶ月〈工事期間〉2ヶ月+DIY〈竣工〉2013年〈総工費〉530万円


2932c13a-b7be-4070-9178-1811dd978b38
キャンバスに追加する
写真を拡大する


Takashi Morikawa

87ef2db7-a6c7-4b24-9de4-76309a3798f7


森川貴史

1974年 埼玉県生まれ。
98年 工学院大学工学部応用化学科卒業後、
サッシメーカーに就職。
99年 スペースデザインカレッジ スペースデザイン設計科。
2003年建築計画網・大系舎一級建築士事務所入所。

建築計画網・大系舎
東京都目黒区中目黒2・7・11
宮岸ビル4F
TEL 03・3716・2918
FAX 03・3716・8459
soudan@taikeisha.net
www.taikeisha.net


※この記事はLiVES Vol.73に掲載されたものを転載しています。
※LiVESは、オンライン書店にてご購入いただけます。amazonで【LiVES】の購入を希望される方はコチラ

関連する記事

前の記事

漫画にミニカー。ロードバイクにサーフボード。 好きなも...

次の記事

子どものクリエイティビティを育むための家づくりアイデア5選