建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
暮らしのアイデア帖
2016年 6月22日

パパをイクメンに育てる!パパと子どもが仲良くなる家づくりのアイデア6選

「ママ、泣いてるよ〜」「おなかすいたって」「外へ行きたいって」。料理をしたり掃除をしているとリビングのパパからこんな声。泣いてるよじゃない!行きたいって、報告しないであなたがやってよ…。とママは心の中で思っているはず。

いま、ハッとしたパパ、そしてうんうんと頷いてくれたママのために、パパが子どもと仲良く遊びやすくなる家づくりのアイデアをご紹介します。

一緒に体を動かして遊べるアトラクションを室内に

キャンバスに追加する
写真を拡大する

スベリ台のある家(一級建築士事務所 株式会社アトリエカーサ/阿部 直人)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

アクティビティと生きてゆく、、、(株式会社 晴レル住建)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

アクティビティと生きてゆく、、、(株式会社 晴レル住建)

親子で体を動かして遊べるアトラクションを室内に設置してみてはいかが?すべり台ではパパに背中を押してもらってリビングまで一気に滑り降りて。ボルダリングルームではどうやったら上手に登れるか、教えてもらいましょう。これなら外遊びのできない雨の日も退屈しませんね。

“外遊び”こそパパの出番!土間をパパ&子ども仕様に

キャンバスに追加する
写真を拡大する

土間リビングの家(有限会社FCD)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

土間リビングの家(有限会社FCD)

リビングの一部がこんな風に土間になっていたら、公園でつかうおもちゃ類の収納場所になるだけでなく、パパと子どもの遊び場にもなりますね。ちょっとしたボール遊び、それから自転車の整備などもできてしまいます。向かって右手のように壁に黒板塗料を施せば、お絵描きも一緒に楽しめちゃいます!

アートに工作、DIY!パパとだけの遊び場をつくる

キャンバスに追加する
写真を拡大する

小さな平屋~谷を眺めるアトリエ(スピカ建築工房 一級建築士事務所)

例えば、部屋の一つをアトリエにしてしまうのはいかがでしょう?そこはパパと子どもの趣味の部屋。お絵描き、工作、DIY。汚してもいい、音を出してもいい…と何でもOKの部屋があれば、遊びの自由度も高まるはず。もちろんお片づけもパパと一緒にね。

パパと子どもの共通の趣味スペースを!ミニカーを飾る棚

キャンバスに追加する
写真を拡大する

SG邸(盟章建設株式会社)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

SG邸(盟章建設株式会社)

こちらの家の共有スペースに設けられたたくさんの収納は、すべてミニカーを飾る場所なのだそう!お子さんの大好きなミニカーの棚を用意してみるのはいかがでしょう?写真の収納スペースはコレクション用といった感じもしますが、壁にちょっとした棚をつけるだけでも◎。どこに並べる?なんて子どもと話しながら、一緒に並べるのも楽しみですね。

仕事に忙しいパパにも一石二鳥の“書斎コーナー”でいつでも一緒

キャンバスに追加する
写真を拡大する

念願のリビングテラスは子供も大人も遊び場に(株式会社 家づくり工房)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

念願のリビングテラスは子供も大人も遊び場に(株式会社 家づくり工房)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

念願のリビングテラスは子供も大人も遊び場に(株式会社 家づくり工房)

リビング、書斎コーナー、そしてテラスが一続きになったこちらの家。パパが書斎でお仕事をしている間にも、子どもはリビングやテラスなど目の届くところで遊ぶことができます。目が届けば、パパも何かちょっとしたことを手伝ってあげたくなったり、子どもとの会話も自然と増えるもの。こうした仕切りのない空間であれば、パパと子どもだけでなく、ママとのコミュニケーションも取りやすいですね。

家族みんなの“コワーキングスペース”で時間を共有

キャンバスに追加する
写真を拡大する

家の中の小屋 家族のためのコワーキングスペース co-ba HOME

こちらは、家族みんなのコワーキングスペースを家の中につくる「co-ba HOME」。パパ専用の書斎スペースというよりも、リビングに置くことで家族が自然と集まる書斎スペースです。ちょっとした仕事をしながらも、ときには一緒に作業をしたり、子どもが大きくなったら、それぞれが自分のやりたいことに集中できますね。

パパの得意を見せる!趣味と子育てを兼ねる、広い調理スペース

キャンバスに追加する
写真を拡大する

オープンキッチンを囲む家(株式会社じょぶ)

お料理上手なパパが生き生きするのは、もちろんキッチン!大きなキッチンカウンターがあれば、パパの背中を眺めながら、子どもはお絵描きや宿題をすることもできます。広々したオープンキッチンなら、パパも子どもも一緒に料理を楽しめそう。休日のランチは、パパと子どもでクッキングタイム!

いかがでしたでしょうか?

土間やキッチン、テラスなど見慣れた風景も、工夫次第でパパの活躍できる場所になりそうですね。今度の週末は、パパと子どもの遊び場をつくってみるのはいかがでしょうか。

Text SuMiKa編集部

※ 2017年3月に追記

おすすめ

前の記事

ヘンゼルとグレーテル、ネバーエンディング・ストーリーの...

次の記事

家づくりのコツは、“一緒につくってくれる人”と出会うこと!