建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
LiVESの家
2016年10月 4日

築50年の機織り工場が、開放的で味わいのある住空間に大変身

京丹後のリノベーション

実家リノベか、庭先の工場を建て替えて住むかで迷っていたO さんご夫妻。建築家が提案したのは、工場の開放的な構造と古さを活かしたリノベーション。

text_ Hiroko Akamatsu photograph_ Takashi Daibo

5914bba9-9448-41bc-a650-e0d8fcd07c39
キャンバスに追加する
写真を拡大する

迫力のある小屋裏の木組みを現して、吹き抜けにしたLDK。既存の鉄骨を活かして、ダイニングの上にロフトをつくった。ロフトは子どもたちの格好の遊び場だ。

京丹後のリノベーション

(京都府京丹後市)

設計
ARCHIXXX 眞野サトル建築デザイン室
住人データ
夫(37歳)会社員、妻(36歳)会社員、長女(10歳)、次女(7歳)

1ce7011d-fcc5-4e74-9942-925e0699b4cb
キャンバスに追加する
写真を拡大する

開口率が50%になるように、外壁の前に市松状の壁を立てた。外部からの視線をポリカーボネートで程よく遮りながら、拡散された柔らかな光を室内に取り入れる。

都北部の丹後地方は、丹後ちりめんの織物が特産で、繊維業が盛えた。O さんのご両親も約50年前に家の横に機織り工場を建て、飛行機や車のシートの生地などを生産していたという。5年前に廃業した後は、工場は物置きとなっていた。
一方、Oさんは高校を卒業後、大阪で就職し、同郷の奥さまと結婚。2人のお子さまをもうけ、自然豊かな環境で子育てしたいと、30歳で実家に戻り、ご両親と暮らし始めた。

23af8425-234f-4b0d-9d88-6856dad95a22
キャンバスに追加する
写真を拡大する

建物から突き出した、小屋のような玄関ポーチ。

D01da55e-143e-499f-8b0f-4acb4483351e
キャンバスに追加する
写真を拡大する

窓の向こうに市松模様の壁が広がり、インテリアとしても楽しめる。向かいにチラリと見える建物が実家。

同居して5年が過ぎた頃、2世帯住宅への実家リフォームか、工場を撤去して戸建てを構えるかを検討。相談したのは、家づくりのイベントで出会った建築家の眞野サトルさんだ。ところが眞野さんは、

調査のために現場を見たとき、純日本家屋の実家を改装するより、庭先で倉庫になっていた工場をリノベーションしたほうが、絶対に面白い家になると直感しました

機織りの作業や製品の移動がしやすいように、工場内部は壁や柱がほとんどない構造。その分、屋根の特殊な組み方で建物の強度を保っていた。堂々とした小屋裏、大きく取られた窓、年月を経た内装の土壁など、眞野さんにはすべてが魅力的だった。

8a8698c7-a637-4a1c-b03a-1a09c4a7d569
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ダイニングと細長いカウンタースペースは、ポリカーボネートの引き戸で光を通しながら仕切ることが可能。奥はユーティリティと寝室。

眞野さんの提案を受け、Oさんご夫妻も工場リノベーションに賛同。荷物を撤去し、汚れを払うと、土壁や木の質感があたたかな、大らかな空間が現れた。内部には重機を吊るすための無骨な鉄骨のフレームがあったが、それも黒くペイントして設計に活かすことにした。

88a49044-b885-4fe0-bf84-f8d3243c1d77
キャンバスに追加する
写真を拡大する

鉄骨の枠の下にダイニングとキッチンが収まる。鉄骨と土間の硬質な質感に対比させ、リビングは温もりのあるフローリングに。

9db3b500-8c81-40da-a161-2a92786e6d81
キャンバスに追加する
写真を拡大する

LDK の周囲を囲むように、カウンターや水まわり、寝室を配置。寝室には2方向に引き戸があり、リビングにも直接出られる。

実家と向かい合う大きな窓の外には、市松模様にポリカーボネートの囲いを配し、プライバシーを守りつつ柔らかく光を採り込んだ。鉄骨のフレームはロフトを支える構造として活用し、その下に土間のダイニングを配置。一段高くしたリビングにはフローリングを張って、空間にメリハリをつけている。

E75aa00f-8d50-43c5-a6b0-18c352a0500c
キャンバスに追加する
写真を拡大する

年月を経て崩れやすい土壁は上部だけ現して、体が触れやすい下部の壁にはシナ合板を張った。

78385d46-ac62-4ba9-92ae-aa8aab4a2b50
キャンバスに追加する
写真を拡大する

玄関の飾り棚は、ご主人がDIY で製作。家具に合わせてシンプルなデザインに仕上げた。

人とは違った家に住みたかったので、デザインを見てすぐに気に入りました。室内の黒い鉄骨や、市松模様の外観、小上がりのリビングなど、とにかくインパクトがあって格好良いなって。取り壊すしかないと思っていた古い機織り工場が、個性的で味わいのある住まいに生まれ変わって本当に驚きです(ご主人)

ご両親が働いていた頃の思い出を留めた家で、隣に住む両親に見守られながら生活できることに、言い知れぬ心地よさを感じている。

8649f6b8-e4c6-444e-ab75-9381d87ea219
キャンバスに追加する
写真を拡大する

シナ合板と白い設備でまとめたサニタリー。日当たりが良く、実際より広く感じられる。長めに設けた洗面カウンターは、アイロン掛けなど家事の作業台として活躍。

6d0cb7ba-416a-45c9-9c34-1fb64f812f15
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ロフトは収納や物干し、子どもの遊び場など、フレキシブルに使える空間。

Cd2ad914-6ecb-447f-96d3-582ad3cfedc0
キャンバスに追加する
写真を拡大する

「寝室がリビングにもユーティリティにもつながっていて便利」と奥さま。

D6fa5839-4de4-49dd-b690-c477b267a513
キャンバスに追加する
写真を拡大する

Before

0c093f66-bccc-4a41-b4fa-6fba1f73048b
キャンバスに追加する
写真を拡大する

After


〈物件名〉京丹後のリノベーション〈所在地〉京都府京丹後市〈居住者構成〉夫婦+ 子供2人〈用途地域〉無し〈建物規模〉平屋建て〈主要構造〉木造〈敷地面積〉200.00㎡〈建築面積〉97.00㎡〈床面積〉91.73㎡〈建蔽率〉48.50%(許容60%)〈容積率〉45.87%(許容200%)〈設計〉眞野サトル+ 森口美由起/ ARCHIXXX 眞野サトル建築デザイン室〈施工〉坂根工務店〈設計期間〉10ヶ月〈工事期間〉4ヶ月〈竣工〉2012年〈総工費〉1,700万円


※この記事はLiVES Vol.79に掲載されたものを転載しています。

※LiVESは、オンライン書店にてご購入いただけます。
amazonで【LiVES】の購入を希望される方はコチラ

関連する記事

前の記事

頭のいい子に育てる!勉強のできる子が育つ家のアイデア12選

次の記事

“タイニーハウス”って何?移動も自作も可能な小さな家の...