建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
【連載】DIY的暮らしのつくりかた
2016年10月19日

ここに棚があったら…を簡単DIY!棚づくりのレシピ|増村江利子の八ヶ岳DIY的暮らし

DIY的暮らしのつくりかた

「増村江利子のDIY的八ヶ岳暮らし」は、東京から長野へ移住し、“小さく暮らす”をモットーに賃貸のトレーラーハウスでDIY的暮らしをしているフリーランスエディター増村江利子さんによる、暮らしづくりの記録です。

871d69de-01b3-42ef-a6a6-3ad291f451f2
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ここにちょっとした棚があれば…なんて思ったことはありませんか? 棚をつくるのに必要な木材や、棚受けとなる金具を揃えるのはひと苦労かもしれませんが、木材を加工するのが面倒な人でも、ホームセンターで購入した木材をカットしてもらえば、あとは壁に取り付けるだけ。棚をつくる作業は、実際には、そんなに手間は掛からないんです。

取り付ける方法はさまざまですが、今回は、これが一番簡単かも…という方法で棚をつくりました。

木材と棚受けの種類、選びかた

今回の棚をつくる最大の理由は、子どもがダイニングテーブルでお絵描きをしたり勉強をしたりするのに、必要な文房具類が別の部屋にある、ということからでした。

そしてダイニングテーブルのすぐ脇には、DIYで壁を剥がしたあとの、くぼみがある。ここに3段くらいでいいから、ちょっとした棚があったら…ということで、DIYスタートです。

まずは木材探しから。家の別の箇所のDIYで出た端材が、ちょうど壁と同じ色のペンキが塗られていたので、これはちょうどいい!と、その端材を迷わず選択。

167d245f-dff7-4772-b9a7-3d1bd814b67e
キャンバスに追加する
写真を拡大する

壁紙を剥がしたあとが残っている端材

電動丸ノコで同じサイズの木(棚になる部分)を用意したら、同じく端材で、棚を支える部分をつくって、壁にビスでつけます。

5953bee0-9ad1-4fdf-a02b-6ee64e59ea6f
キャンバスに追加する
写真を拡大する

棚を支える部分。ちょうど同じような色合いの端材があったので…

この棚を受ける部分のことを「棚受け」といって、ホームセンターやおしゃれなインテリアショップで“金物”がたくさん売られていますが、今回は乗せるものが重たくないこともあって、シンプルな木を選びました。

7ca9d68e-9cc2-49c0-afa6-30292701293d
キャンバスに追加する
写真を拡大する

参考までに、骨董屋で見つけて購入しておいた棚受け。ちょっと大きめです。もっとシンプルで小さい棚受けもたくさん販売されています

0eefb298-8f43-40ae-a08d-064337cb9c8a
キャンバスに追加する
写真を拡大する

こちらも、棚受け。いろいろなデザインがあります
cafe(株式会社studio m+)

6fd63890-b43f-44e5-bf5b-1bce8395ef5c
キャンバスに追加する
写真を拡大する

他には、たくさんの穴が空いている棚受けレール(棚柱)を使うと、好きな位置に棚受けを取り付けることができ、後から高さを調整することもできます
オープン棚(三浦尚人建築設計工房)

そして、棚を支える部分に、みなさんご存知の木工用ボンドを塗って、その上からカットしておいた棚を上に乗せます。

3c0429a6-8acd-4c46-a010-19512a415c19
キャンバスに追加する
写真を拡大する

どこにでもある木工ボンド

じつは木材をカットするとき、ちょっとギリギリだけどハマるかな、というサイズでカットしておいたんです。木工用ボンドの上から木材を乗せるときに隙き間が出ないよう、カナヅチで叩けばぴったり!くらいのサイズ感がいいかなと。

16c47792-4ad2-4791-85a9-a5b538b157d0
キャンバスに追加する
写真を拡大する

カナヅチでとんとん叩いて、これで棚が完成です!

棚をDIYするときの、ちょっとしたコツ

棚をつくるのに一番大切なことは、棚を水平にするということ。当たり前のことなのですが、水平を測る「水平器」という道具がない場合、または使えないくらい小さい棚の場合は、仮止めしておいて丸いものを置いてみることをおすすめします。

ちなみに木材をホームセンターで購入するとき、何を買えばいいかまったく検討もつかない…という場合は、軽くて丈夫、しかもお安い「スギ」がDIYの代表格です。他には、用途にもよりますが、例えば使い込むほど飴色に変化するような木の質感が欲しいなら「マツ」を、ウッドデッキなど屋外で使うものなら「ウエスタンレッドシダー」がおすすめ。

また、木材をホームセンターでカットしてもらう場合は、「木取図」という、どの木材をどれくらいの長さで切ってください、という説明図が必要になります。といっても、定規をつかって書くようなものではなく、長ささえ分かれば、その場でフリーハンドで書いたものでOKですよ。

他にもある、棚をつくる方法

ところで、棚をつくる方法はいくつかあります。そのひとつが、吊り棚です。

31bbd09c-ddec-481e-8280-0704963550d4
キャンバスに追加する
写真を拡大する

音響機器を乗せるためにつくった棚

Ed4a5d3d-09d4-441c-a40b-c7b8976d46c1
キャンバスに追加する
写真を拡大する

こちらも吊り棚です
cafe(株式会社studio m+)

写真のような吊り棚は木造住宅でないと難しいですが、例えば賃貸マンションのようなDIYはできない…という住宅でも、ビスをとめたりせずに“突っ張り棒”のような木材を天井から床へと取り付け、そこに棚や壁を自在にDIYする「ディアウォール」という商品や、石膏ボードの壁に取り付け可能な無印良品の「壁に付けられる家具」を使うなど、いろいろな方法がありますよ。

さらには、柱と柱の間に棚をつくりたい…といった場合には、棚が入る部分を削って、その溝に棚を入れこむという方法も。これはさすがに手間が掛かりそうですね。

いかがでしたでしょうか。
壁が、収納やギャラリースペースになってしまう棚づくりは、DIYに挑戦したことのない人でも簡単にできて、達成感を得られるDIYのひとつです。

みなさんの家の中でも、「ここにちょっとした棚がほしい」というスペースを見つけて、手と頭を動かしてみませんか?

関連する記事

前の記事

2×4(ツーバイフォー)工法って何? 家を建てるなら知...

次の記事

夫婦のマンネリ解消に!もう一度恋人気分を味わえる、ロマ...