建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
暮らしのアイデア帖
2015年10月15日

普段通りの暮らしでダイエット効果が期待できちゃう!? 痩せたい人にオススメしたい間取りとインテリア5選

暮らしのアイデア帖

体重計に乗るのが怖いけど、ダイエットは長続きしない…。
スポーツクラブの会員になったけど、なかなか足を運べない…。

そんな経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

今回ご紹介するのは、普段どおりに暮らしているだけで、
ダイエット効果が期待できちゃう、
もしくは、カラダを動かしたくなる&続けられそうな間取りやインテリア。

慢性的な運動不足に悩んでいる人は、
家づくりやプチリフォームのヒントにしてみてくださいね。


昇るしかない!7層スキップフロア

Fc2c4a4b-5921-49b3-98aa-fbec1dc4fcda
キャンバスに追加する
写真を拡大する

株式会社 西尾建設 (CozySelect)究極の7層スキップフロアー

Cff4e928-7c82-4ec2-a666-5b4c2ee94d5e
キャンバスに追加する
写真を拡大する

株式会社 西尾建設 (CozySelect)究極の7層スキップフロアー

「子どもが勉強している様子がキッチンから見える間取りを」
ということでつくられた、スキップフロア。
階段の踊り場から、渡り廊下の先には倉庫、
中2階には子どもの勉強部屋、2階に個室、
子ども部屋にはロフトつきという7層の家です。

間取りを仕切らずに、段差をつくって空間をゾーニングし、
その行き来を階段に。
これなら無理なく、毎日の運動量が増えそうです。

親子で競う、ボルダリングルーム

E480a55a-6a82-4fb9-8e71-3595b0da5bd1
キャンバスに追加する
写真を拡大する

アクティビティと生きてゆく、、、(株式会社 晴レル住建)

D99a082a-38d1-4da9-adb4-776c48b414af
キャンバスに追加する
写真を拡大する

アクティビティと生きてゆく、、、(株式会社 晴レル住建)

家の中にボルダリングが欲しい、というよりも、
ボルダリングのための部屋が欲しい!
という家主さんの一言でつくられた、ボルダリングルーム。

登るときに掴む石(ホールド)は、
引き渡し後に家主さんが好みのものを取り付けたのだとか。

子どもと競っているうちに、
親子の時間がさらに有意義になるだけでなく、家族みんなで体力づくりができそうですね。

ダイエットだけでなく気分転換にもなる、
室内遊具

71336f7e-069b-4725-ba4d-9639cb03e02e
キャンバスに追加する
写真を拡大する

Tb house(高知尾博之建築事務所)

こちらは、室内遊具として取り付けられた「うんてい」。
天井下にあるため、場所も取らないのが一石二鳥。

うんていの他、懸垂など、家の一部として組み込んでしまえば、
そのままおしゃれなインテリアにもなりそうです。

発汗作用で溜めないカラダに!
アイランド式バスタブ

003f42d9-7270-4e5b-871a-266f8d97148a
キャンバスに追加する
写真を拡大する

Casa O(髙橋一平建築事務所)

20分ほども入浴すれば、かなりのカロリー消費ができるともいわれる入浴。
カラダを温めることで、むくみを解消できたり、
基礎代謝を上げることができたりするお風呂ですが、
このお風呂を、アイランド式にして、
風通しのよい部屋の中央に持ってくるというアイデアが、
アイランド式バスタブです。

目に入る機会が増えることで、入浴の回数も増えそう。
お風呂好きの人は、心に留めておきたい間取りですね。

嫌でも自分のカラダを見てしまう、鏡貼り

D9adad47-c7ec-4403-aaec-0e00ada740d6
キャンバスに追加する
写真を拡大する

フラハウス(アーキプロ)

こちらは1Fがフラダンス教室…ということで、
そりゃそうだ、という感じではあるのですが、
壁を鏡貼りにすることで、
自然と自分のカラダを見る機会が増え、
ダイエットへの意識が持続するかも…!?


ここで紹介したアイデアはほんの一部ですが、
間取りやインテリアでなくても、
駅から徒歩20分以上のエリアを選んだり、
アップダウンの多いエリアを選んだりするだけでも、
毎日の運動量に差がありそうです。

そして暮らしのなかに「カラダを動かすこと」を取り入れると、
いい気分転換にも。
ダイエットのためだけでなく、
カラダと心の健康のためにも、ぜひヒントにしてみてくださいね。

Text SuMiKa編集部

関連する記事

前の記事

料理男子に育てるには?子どもと料理を楽しむ食育キッチン...

次の記事

東京ときどき新潟。都市の暮らしを捨てずに、ふたつの地元...