建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
暮らしのアイデア帖
2016年 5月16日

青空の下、ガレージ、クライミング…!?ユニークな“書斎”のアイデア6選

暮らしのアイデア帖

ちょっと書き物をしたり、静かに本を読んだり、仕事を家に持ち帰った日など、ひとりになって集中できる空間があったらいいのに、なんて思うことはありませんか。今回は、家の中のこんなところがワーキングスペースになってしまう!という、ユニークな書斎のアイデアを集めてみました。

窓付きの半地下スペースにこもる

B372b921-e56a-48bd-8ae4-98d9917b1e1a
キャンバスに追加する
写真を拡大する

『 beat 』(studioLOOP 建築設計事務所)

さて、こちらの書斎は、一体どこにあるのでしょう。

A2de84b6-fec3-46ee-b6b0-f675da7ee831
キャンバスに追加する
写真を拡大する

『 beat 』(studioLOOP 建築設計事務所)

実はリビング左手の小さな小窓の中、半地下のスペースなのです。小窓を開けているときは、リビングでテレビを見ている家族ともおしゃべりができそう。集中したいときには窓を閉めて、自分だけの空間にできますね。

リビングの一角の小上がりを書斎に

B0dfca7d-20b8-4361-9791-d769a161252d
キャンバスに追加する
写真を拡大する

土間のある家(宮﨑建築設計事務所-みやけん)

こちらは、リビングの一部にある小上がり。左手の窓の下がちょっとした書き物ができるスペースになっています。猫の日向ぼっこのための場所でもあるとか。自然光のもとで仕事をするのは、とても気持ちが良さそうですね。

ガレージハウスなら、仕事も愛車の側で!

5df6f00d-e2a9-454f-bd37-03b440093cd1
キャンバスに追加する
写真を拡大する

納屋をフェラーリとポルシェのガレージへリノベーション(イデア建築デザイン事務所)

8f69cfff-394f-4173-b15a-a7c3b44d901d
キャンバスに追加する
写真を拡大する

納屋をフェラーリとポルシェのガレージへリノベーション(イデア建築デザイン事務所)

こちらは趣味全開!車好きの施主は納屋を、フェラーリとポルシェのガレージ、そして書斎が一体となった空間にリノベーションしました。一続きの室内空間に見えるように、ガレージの床にフローリング柄のフロアタイルを貼るといったこだわりようです。大好きな愛車の近くに自分のワークスペースがあったら、毎日幸せな気持ちで過ごせるかも。

いつでもリフレッシュできるボルダリングルームを仕事場に

Cdac9dc7-4ce4-43a0-8bc2-bb2de0245894
キャンバスに追加する
写真を拡大する

Ym-House(栗山の家)((株)共創 一級建築士事務所 )

こちらのお部屋はボルダリングルームと兼用…!?実は、ロフトへと登るためのクライミングユニットのある書斎。カラフルな色が空間の良いアクセントになっていますね。パソコンにじっと座っていると肩や腰が固まってしまうもの。ちょっとしたリフレッシュに、ちょうどよさそうです。

緑に囲まれた、青空ワークスペース

こちらのおうちには、スタディールームやワークコーナーが複数用意されています。

D52977dd-d443-4ce4-a47b-c64650310fb5
キャンバスに追加する
写真を拡大する

屋根庭のある家(坪井当貴建築設計事務所)

31fe1bfd-cbb0-43e2-9add-2eec9100a080
キャンバスに追加する
写真を拡大する

屋根庭のある家(坪井当貴建築設計事務所)

Cd87095e-a69b-48e2-ac03-17fcdead1163
キャンバスに追加する
写真を拡大する

屋根庭のある家(坪井当貴建築設計事務所)

そう、一番上の写真は緑化している屋上スペース。書斎は屋内だけじゃない!ということで、ここに机を持ち込んだらあっという間に自分のワークスペースの出来上がりです。壁はしっかり高さがあるので、プライバシーも守ることができそう。植物に囲まれ、鳥の声を聞きながらお仕事をするなんて夢も広がります。

リビングに“書斎小屋”を置く

B89d29c9-2b21-4a1d-a138-c96f8c1846c8
キャンバスに追加する
写真を拡大する

家の中の小屋 Stacks B 壁にもなる書斎小屋

写真は、リビングに書斎小屋をつくってしまう「Stacks B」。ちょっとした空き時間を有効活用するなら、リビングにスペースをつくってしまうのもひとつのアイデア。仕事をしながら、家族と会話をすることもできますね。

いかがでしたでしょうか。

家の中のちょっとした隙間を利用したものから、納屋を改装したもの、そして屋外まで。自分の心地よい空間をつくることができたら、そこがワーキングスペースになりそうですね。みなさんも、お気に入りの本とコーヒーを片手に、家のどこを書斎にできそうか、考えてみませんか。

Text SuMiKa編集部

※ 2017年3月に追記

おすすめ

前の記事

歴史の余韻、朽ちた美しさを纏まとう旧映画館に住む

次の記事

週末DIYのヒントが満載!自分たちで暮らしをつくるDI...

Mailmagazine
SuMiKaでは、毎週いろいろな人たちの家づくりを配信しています。
メルマガ配信を申し込む