建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
暮らしのアイデア帖
2016年 7月 8日

子どもの自立心と好きなことを伸ばす!子どもの「やりたい」「動きたい」を止めない家

最近は習い事でダンスが大人気!子どもにもっと活発に育ってほしい、表現力を養ってほしい、と思っているお父さんお母さんも多くいるのではないでしょうか。一方で体力があり余る子どもたちに、外で動いて夜はぐっすり寝て欲しいなんていう切なる願いもあるようです。

ダンスが大好きな子どもは、おうちでも踊り出したくなるもの。他にも、大好きなプラレールやおままごとのおもちゃを出したままにしておきたいなど、子どもの「やりたい」気持ちを止めたりせずに、子どもの自立心を伸ばし、好きな事に打ち込めるような家づくりのアイデアをご紹介します。

家の中心に開放的なテラスを

D357b562-0194-4894-88ac-70ac53524d30
キャンバスに追加する
写真を拡大する

「プールとステージ(テラス)がある家」(㈲滝下秀之建築アトリエ)

845d6a82-a966-42fb-bb67-cd944f84b03b
キャンバスに追加する
写真を拡大する

「プールとステージ(テラス)がある家」(㈲滝下秀之建築アトリエ)

南側と北側に配置された部屋を結ぶ、こちらのテラス部分はその見た目の通りステージと呼ばれているそう。このように家の中心に開放的なテラスを用意すれば、「狭くて危ないからやめて」なんて子どもに注意せずに、思う存分踊ったり、遊んだりできます。階段を歌いながら下りてきて、木目のフロアの上に立てばまるで気分はミュージカル俳優ですね!

踊り場になるスキップフロア

8b0e30f0-3d10-479b-a463-2c47295b931c
キャンバスに追加する
写真を拡大する

空まで続くスキップフロアの家(藤原・室 建築設計事務所)

Dbb365bd-00f7-46fb-8dda-dd531342d8c9
キャンバスに追加する
写真を拡大する

空まで続くスキップフロアの家(藤原・室 建築設計事務所)

2b75b50f-a116-488e-bbed-21bd4476e7c8
キャンバスに追加する
写真を拡大する

空まで続くスキップフロアの家(藤原・室 建築設計事務所)

段差が何層にも重なるスキップフロアは、最適な「踊り場」になります。段差が屋上までゆるやかに続いているこちらの家のスキップフロアは、とても開放的!習ったばかりのダンスのステップを練習しながら、屋上まで登っていけそうです。こうしたちょっとした空間があると、子どものおもちゃが少々出しっ放しになっていても「区切りがつくまで」と見守ってあげられるかも!?

ガラス窓を鏡にして

F9ea7ec4-7b7c-4f57-9907-88dcccb093a5
キャンバスに追加する
写真を拡大する

Nの家(篠崎好明/AMO設計事務所)

3674f0de-9cb5-4d66-8dba-11dea743f529
キャンバスに追加する
写真を拡大する

Nの家(篠崎好明/AMO設計事務所)

みなさんは夜にショーウインドウに向かって、一心不乱に踊っているダンサーの姿を見たことがあるでしょうか。そう、ガラス窓は暗くなると鏡の役割を果たします。こんな全面ガラス張りの家だったらスタジオに行かなくても、小さなヒップホップダンサーが伸び伸びと踊ることができそうですね。

中庭でガーデンダンスパーティを

3ec0631d-b529-40be-9d64-557ac20837b7
キャンバスに追加する
写真を拡大する

コートハウス(株式会社高野設計工房)

こんな中庭があったら、お友達を招いてガーデンダンスパーティはいかがでしょう。広場とその中心に立つシンボルの木。木を囲んでくるくるとフォークダンスを踊るのもいいかもしれません。これからの季節、おうちで盆踊り大会をするのも盛り上がりそうですね! また、思い思いにピクニックシートを広げて、晴れた日はそこを子どものリビング代わりにしておもちゃや絵本を広げてもよさそうです。

リノリウムの床だったらキッチンでも走り回れる!?

Cb59bb14-ee8c-45ff-b4ba-201142bdd6d1
キャンバスに追加する
写真を拡大する

re-apartment/u(株式会社STUDIO KAZ)

87b88122-60e2-476e-b8eb-a39fe403f876

re-apartment/u(株式会社STUDIO KAZ)

十分にスペースのある家ばかり紹介してきましたが、実は床も大事です。ダンスをするなら床はやはり、滑りにくく、疲れにくいことから舞台でも使われる、リノリウムでしょう。ということで、このお部屋はマンションですが、キッチン部分は水濡れを考慮してリノリウムにしています。これなら子どもが走り回っても安心。ペットを飼っているおうちにもよさそうです。

いかがでしたでしょうか?

広々としたテラスに、スキップフロア、鏡、中庭、リノリウム。子どもが思いっきり踊ったり、遊んだりできるような家のアイデアがたくさんありましたね。みなさんも、子どもが大好きなことを中心に家づくりを考えてみませんか。

Text SuMiKa編集部

関連する記事

前の記事

階段ひとつで、暮らしが一変!階段から考える家づくり

次の記事

夏のボーナス2016年流の使い途!?“一生に一度の家づ...