建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
暮らしのアイデア帖
2017年 1月30日

30万円以下でできる!マイクロリノベのアイデア8選

いつもの暮らしの中で、「お部屋の雰囲気を少し変えてみたい」「もっとここがこうだったらいいのに」と感じることはありませんか。家の中をフルリフォームするのはお金も時間もかかりそう。そんなときは部屋の一部だけリノベーションする“マイクロリノベ”がおすすめです。

今回は30万円以下でできる、リノベーションのアイデアをご紹介します。





建築家さんとつくる壁リノベ+飾り棚(28万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

建築家さんとつくる壁リノベ+飾り棚(28万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

建築家さんとつくる壁リノベ+飾り棚(28万円)

殺風景な部屋のイメージを変えたい、そう思ったら家の中心のリビングを壁ごとリノベーションするのはいかがでしょう。壁に彩りが加わると、部屋のイメージもぐんと明るくなるもの。お気に入りの絵や小物を飾ったら、自分たちらしい空間に生まれ変わりました。





職人さんとつくるボータブルなDJブース(28万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

職人さんとつくるボータブルなDJブース(28万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

職人さんとつくるボータブルなDJブース(28万円)

DJブースとレコードを一緒に持ち運びできるような棚をつくりました。箱を積み重ねただけだと強度が出ず、かといって普通の棚にしてしまうと、重くなってしまう。そうした試行錯誤の上にフレームの棚をつくり、レコードの箱を入れる形になったそう。こうした難しい課題にも、対応できるのがオーダーメイドの良さかもしれないですね。





建築家さんとつくるアンティーク調の花壇(25万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

建築家さんとつくるアンティーク調の花壇(25万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

建築家さんとつくるアンティーク調の花壇(25万円)

一見レンガ造りに見えるこちらの花壇。実は元のブロックに、レンガ調のタイルを貼ったもの。ブロックを壊してレンガに造り変えて、とすると大工事になってしまいますが、これなら気軽にトライできそうです。





デザイナー+職人さんとつくる、伸縮自在の入れ子型ローテーブル(25万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

デザイナー+職人さんとつくる、伸縮自在の入れ子型ローテーブル(25万円)

いつもは二人でご飯を食べているけれど、友達が来たときにはもっと大きなテーブルがほしい。こちらの大中小のローテーブルはそんな要望に応えて、必要に応じて大きさを変えられるようになっています。さらに3つのテーブルはきれいに重ねることができるので省スペースにも。





職人さんとつくるスタッキングベンチとサイドテーブル(24万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

職人さんとつくるスタッキングベンチとサイドテーブル(24万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

職人さんとつくるスタッキングベンチとサイドテーブル(24万円)

デッキをお客さんが来たときにくつろげる場所にしたい!そう思ったらこんなベンチとテーブルはいかがでしょう。スタッキング可能なベンチは、場所を取りません。またテーブルの中は収納BOXになっているので、庭で使うものを入れておけるほか、お客さんが来たときはビールやワインを入れておくこともできます。蓋はトレイになっているので、庭への持ち運びも簡単。かゆいところに手が届くつくりになっています。





システムキッチンをお化粧して素敵なリビングに(21万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

システムキッチンをお化粧して素敵なリビングに(21万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

システムキッチンをお化粧して素敵なリビングに(21万円)

おしゃれで実用的なキッチンを、という願いを叶えたこちらのリノベーション。新しいインテリアと花嫁道具の食器棚の雰囲気があわないと悩んでいた依頼者のために、扉を取り付けて隠せるようにしました。見た目に美しいだけでなく、インテリアコーディネーターが使いやすいよう工夫を施し、実用面もフォローしています。





建築家さんとつくる壁と一体化する机とちゃぶ台(20万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

建築家さんとつくる壁と一体化する机とちゃぶ台(20万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

建築家さんとつくる壁と一体化する机とちゃぶ台(20万円)

狭い部屋にこそ、リノベーションは有効です!こちらのテーブルはなんと折りたたみ式。使わないときは、パタンと畳んで、壁と一体化することができます。





建築家さんとつくるお姫様の馬車ふう特注ロフトベッド(13万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

建築家さんとつくるお姫様の馬車ふう特注ロフトベッド(13万円)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

建築家さんとつくるお姫様の馬車ふう特注ロフトベッド(13万円)

こちらのお子様用のベッド、イメージを建築家に伝えてつくり、塗装は家族で手がけました。将来はベッド下にハンガーを掛けてクローゼットにしたり、机を置いて勉強スペースにしたり、お子さんの成長に合わせて使えるように考えられています。こんなベッドなら、長く愛用することができそうですね。

いかがでしたでしょうか。

キッチン、リビングなどの大きな空間から、デッキや花壇などこだわりの一部分まで。建築家さんや職人さんに相談してつくるオーダメイドリノベーションなら、住んでいる環境や予算に合わせてじっくり相談しながらつくることができそうですね。

Text SuMiKa編集部

関連する家づくりカテゴリー

おすすめ

前の記事

クールだけど安らげる。素地感のある空間を、食と仲間と緑が彩る

次の記事

陽だまりの階段で2つの木の小屋を行き来する愉快な家