建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
暮らしのアイデア帖
2016年 4月13日

屋根裏部屋、地下室、秘密の小部屋。誰もが一度は憧れた、自分だけの秘密基地のアイデア5選

暮らしのアイデア帖

子どもの頃、秘密基地に憧れたことはありませんか?なかにはこっそり家のなかに自分だけの空間をつくっていた、なんて人もいるかもしれませんね。

今回は、そんな親密性と開放感を兼ね備えた、秘密基地のアイデアをご紹介します。

狭さが秘密基地感を倍増!
四つん這いで移動するロフト

まさに秘密基地をつくるためにリノベーションを行ったというおうちがこちら!天井と壁を撤去して、ロフトを設けたのです。

E6cd872c-3a4f-4e52-b63b-74c77a489e14
キャンバスに追加する
写真を拡大する

リノベーションで落ち着いた秘密基地(TUKURU建築設計舎)

ロフトは意外と広く、実は奥まで広がっているといいます。ただし高さはないので、四つん這いで移動しなければならない、というのがまた基地感があってたまりませんね!お昼寝や読書、瞑想など、静かにこもりたいときにぴったりかもしれません。

マンションだって手に入れられる秘密基地

マンションでも秘密基地をつくりたい!ということで、こちらは大胆にも、マンションの一室にロフトをつくりました。

D31783e8-a6f3-4cb6-8a5e-83d6fac28a98
キャンバスに追加する
写真を拡大する

寺尾邸(株式会社キー・オペレーション)

ロフトによって空間を切り分けることで、上は子ども室や寝室に、下は収納スペースとして活用することができます。

2f2b1476-c0e1-46df-951b-9f4908df4121
キャンバスに追加する
写真を拡大する

寺尾邸(株式会社キー・オペレーション)

いつものおうちが、見違えるような非日常の空間に。「毎晩、秘密基地で眠るようなワクワク感がある」との施主の言葉にも納得ですね。

家全体、まるごと屋根裏部屋の家

46691749-559b-494d-973c-6c6016f592ae
キャンバスに追加する
写真を拡大する

屋根裏部屋の家 house in utsunomiya(Att/アトリエ・トート)

こちらの物件は、なんと家全体がまるごと屋根裏部屋。すべての部屋を覆う大きな屋根、そのどこにもトップライトを開けることで、どの部屋にいても空を感じることができるつくりになっています。

985a7e62-f3cd-45b7-ac48-d9d8041fe68a
キャンバスに追加する
写真を拡大する

屋根裏部屋の家 house in utsunomiya(Att/アトリエ・トート)

建物の最上階には、テラスの階段を通らないとたどり着くことができない茶室が。できる限りものを置かず、特別な空間にすることで、都会の喧噪から逃れてリラックスして過ごせそうです。

階段下に、隠し部屋を

713be097-9b25-48ac-ba06-100dc1715865
キャンバスに追加する
写真を拡大する

極楽寺の家(向山建築設計事務所)

こんな風に、階段下のスペースだって活用できちゃいます。こちらでは収納スペースとして活用している階段下ですが、ライトとお気に入りのものを持ち込んだら、あっという間に誰にも見つからない秘密の部屋へ変身しそうですね。

地下にある、僕だけのお花見テラス

こちらのお宅は、木造2階建ての住宅の庭に地下室を増築しました。

865a954e-3f03-48ef-a911-50a7bef71c66
キャンバスに追加する
写真を拡大する

+花見台(庄野健太郎建築設計事務所_s.k.a.o.)

97ffd93c-1b8c-4c92-879a-47fe392c463c
キャンバスに追加する
写真を拡大する

+花見台(庄野健太郎建築設計事務所_s.k.a.o.)

立派な桜の木を見上げることができるこのテラスはお花見の特等席です。晴れた夜には天体観測もまたいいかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?

屋根裏部屋、ロフト、階段下に地下室など、わくわくするような部屋がいっぱいでしたね。みなさんも、子どもの頃の憧れをかたちにしてみませんか?遊び心を中心に家づくりを考えてみたら、次から次へとアイデアが湧き出てくるかもしれません。

Text SuMiKa編集部

関連する記事

前の記事

実は、見た目も構造もこんなに多彩! “平屋”の新しいカ...

次の記事

暮らしかた冒険家、子どもと理想の暮らしをつくる!?|伊...