建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

新築戸建て

回答 

8件

役にたった回答 

5件

新築戸建について

Eikyonのプロフィール写真
Eikyon
愛知県
初めて相談させて頂きます。
現在は2LDKの賃貸に住んでいますが、子どもも増え手狭に感じているので主人と相談して家(土地から)を購入したいと思っております。
ですが素人ですので住宅について知識がなく、現在は住宅展示場を見学したり、気になる工務店さんや建築設計事務所さんのホームページを見て資料請求や相談を少しして参りました。
私としては住む家族の事を1番に考えてくれる建築士さんと出会い、快適で家族の生活にあった家を建てたいと思っています。
しかし主人は家の性能や制震、とにかく災害に強いところ重視しているようです。私も丈夫な家であることは大事だと承知しておりますが、主人は大手ハウスメーカーの制震技術やALC建材を気に入っております。確かに営業さんの話だけを聞くとこの制震技術は凄いなと思いましたが本当にここまでの技術が必要なのかとも疑問に思いますし、外観も個性がなく一目であのメーカーだなと分かるような感じが好きではありません。
主人と話し合いをしておりますが、お互いが重視している点が違うため話が平行線のまま交わることがなくどうしたら納得の家づくりができるのか悩んでいるところです。
建築設計事務所さんに設計をお願いした場合、災害に強く私たち家族の生活にあった家を設計していただくことはできるのでしょうか?

専門家の回答

8件

星マーク
相談者が役に立った
2016年 9月25日
Eikyon様へ
大阪に設計事務所を構えているAgec Design Officeの岩田と申します。
最近では愛知や東京でも設計することも増えてきましたが、どこの地域に住んでいるのかに関わらず人の要望とは異なるものです。
制震や免震など様々な地震に対する技術もありますが、前述のような工法を考えられているのであれば費用的にも多少の猶予があると推測してお話させて頂きます。
木造や鉄骨、鉄筋コンクリートといった様々な建物の建て方や建物の強度検討を余裕のある設計することも可能ですし、また基礎下に(土から下の部分)杭や地盤改良などを施すことで更に地震に対抗する強度を保つことが可能です。
制震やALCといったことに固執する事なく、提案できるといった点ではHMに比べれば設計事務所の方が提案して頂けると思います。
また外観もお客様の趣向から様々なデザインを提案して頂ける思います。
私共もEikyon様のお力になれるようであれば、ご連絡下さいませ。愛知でも東京でもご都合に合わせて伺います。
Agec Design Office 岩田
mail: yma.iwata@gmail.com
宜しくお願い申し上げます。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2016年 9月25日
初めまして 
【快適健康環境+Design】森建築設計と申します。
災害に強く、家族のことを一番に考えた家づくりは何ら相反するものではありません。旦那様が重視する希望を設計事務所に伝えればどのような方法でそのご希望を満足するか提案してくれます。設計事務所は家づくりに関してとても身近な存在です。私の事務所は遠方になりますがまずは一度近くの設計事務所に相談に行ってみてください。

さて、森建築設計の最大の特徴は快適性を計算(定量的な数値)で確認しながら平面断面プランや造形デザインを決定していることです。断熱性能、日射遮蔽性能、日射取得性能、換気性能、防露性能などを計算で確認し、プラン・デザイン・性能が融合した建築をご提案しています。これは一般の設計事務所では行っていないことです。快適で健康で省エネで経済的でデザインされた建築に興味のある方からのご連絡をお待ちしています。コスト面では住宅コスト解説の執筆もさせていただいており、またデザイン面でも神奈川建築コンクール受賞などありご満足いただけることと思います。

お時間のあるときにホームページやブログも是非ご覧ください。そしてホームページのなかの「相性診断」をお試しください。建築計画に対する方向性がどのくらい近いのか通りのか、3~4つの質問に答えていただくだけで、あなたと私の相性を診断できます。

【快適健康環境+Design】森建築設計
□横浜馬車道アトリエ
横浜市中区本町6-50-1
YCCヨコハマ創造都市センター内106
□川崎等々力アトリエ
川崎市中原区等々力17-5
電話:090-9134-2670
メール:info@mori-ken.com
ホームページ
http://moriken.p1.bindsite.jp/
ブログ
http://moriken1ro.exblog.jp/
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2016年 9月25日
Eikyon様
お二人の意見が平行線のままということですが、私達は建築的なデザインをするだけではなく、そこで暮らす方々の生活のデザインを含め、多種混在する様々な理想を集約調整し総合的なベストデザインができる能力を有するものです。
私達の様な建築設計のプロは、お二人の想いを融合させた、魅力あるオンリーワンのプランニングが可能です。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2016年 9月25日
Eikyon様
 名古屋を拠点に設計活動を行っている江川竜之建築スタジオの江川と申します。
 土地探し、及び住宅の新築をお考えの中で、ご夫婦の住まいに対する視点が異なることでお悩みのようですが、当事務所がこれまで設計させていただきました数々の住宅におきまして、ご夫婦の視点が合致していることの方が稀なケースかなと感じています。
 家づくりの際、ご夫婦それぞれが重要視しているポイントが異なる場合の方が多く、その異なるジャンルを担当分けといいますか、それぞれが深く追及することで、両方の想いが合わさってカタチとして実現しやすくなります。
 一般的にはキッチン、洗面、トイレなどの水回りに関することが奥様担当で、性能、耐震、断熱、耐久性などをご主人様が気にされるケースが多いです。
 私たち設計事務所は、当然、耐久性の高い外壁材、耐震・制振、断熱などの性能面はもとより、デザイン性のどちらの面においてもプロフェッショナルであるべき職種でありますので、設計の打合せの中で性能面・デザイン面の両方についてご満足いただく提案を行っていきます。
 ただし、予算に限りがある場合は、その予算配分に優先順位をつけて頂かなくてはいけませんので、そこはしっかりとご夫婦で話し合っていただく必要があります。
まとめますと、性能面はハウスメーカー、デザイン面は設計事務所という考え方を一度リセットしていただきまして
「性能面もデザイン面も精通した設計事務所を探す」
という方法がよいのではないでしょうか。
 当事務所の紹介をさせていただきますと、性能面・デザイン面のどちらかに偏ることなく、家としての質を上げるべく日々設計活動を行っております。
 また当事務所は不動産業も行っておりますので、土地探しからご協力させていただくことも可能です。
ご興味を持っていただけるようでありましたら、お気軽にお問い合わせください。

江川竜之建築スタジオ 江川竜之
〒460-0003 名古屋市中区錦2-12-8
御幸本町ビル3-3
TEL 052-618-5301
FAX 052-618-5302
MOBILE 090-1752-9882
E-MAIL tatu@egawa-design.com
総合HP http://www.egawa-design.com
FACEBOOK https://www.facebook.com/egawadesign
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2016年 9月25日
Eikyon様へ
松本建築設計工房の松本と申します。
メッセ-ジを拝読させていただきました範囲では、ご夫妻の意見が平行線のままで交わらないという印象は受けませんでした。
なぜならば、ご主人の言われるように制震技術を取り入れ、外壁をALCとしたうえで、奥様の言われる家族が快適に過ごせる住環境と個性的な外観の住まいをつくれば良い事です。
制震部材もALCも専門メーカ-があり一般的に流通している部材ですので、要望があれば、設計事務所が採用して計画することは容易な事です。
設計事務所は、住まいの耐震性、温熱環境の快適性、耐久性など基本性能を考慮した上で、お施主様の将来も想定しながら今ベストと思われる計画を提案してくれると思います。

当事務所では、炭を利用した2重通気工法を基本工法として、近隣建物を考慮した年間の日照時間(日付指定確認可)、室温(日時指定確認可)、燃費などのシミュレ-ションを行い、お施主様の納得の温熱住環境を提案しております。又、この工法はシロアリ対策として薬剤など一切使用しておりません。勿論公に認められていますので、長期優良住宅の取得可能です。長期優良住宅なら120万円の補助も受けられます。
ご興味がありましたら、いつでもメールしてください。

松本建築設計工房 松本重孝
〒594-0074 大阪府和泉市小田町586-1(2-315)
tel 0725-44-4313
mail matsumoto_sekkei@ares.eonet.ne.jp



矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2016年 9月25日
典型的なお悩みのようですので、ついついアドバイスさせていただきます。
建築家は、単にプラン設計、外観やインテリアデザイン、建物の性能などの技術的なことを提供するだけではありません。医師が、患者を診断して病気を特定し、的確な治療を施して患者さんの健康をトータルでサポートするように、建築家は技術的なことだけではなく、クライアントの住空間の提供と、家族の繋がりを演出し、家族のライフプランの提案まで行う、建築設計に関係するトータルサービスを提供します。要するにサービス業なのです。単なる技術屋さんではありません。
ハウスメーカーさんは、商品としての住宅を販売します。ある意味、性能の良い車を提供する自動車メーカーと同じ範疇です。当然ハウスメーカーの営業マンは自社製品を売るべく、他社にない性能をアピールしてきます。
一番大事なのは、ご家族に合う住まいは、どんな住まいなのかを見つけだすことです。出来合いの製品が、ご家族にピッタリ合うということは稀です。どんな住まいが家族にとって必要なのかは、当のご家族でも分かりません。家族それぞれが、思い描くイメージは、バラバラなことが多いです。そのバラバラな思いをまとめ上げ、ひとつの方向に収束させるのが建築家の仕事です。
ハウスメーカーの営業さんは、基本的にイエスマンですので、クライアントが言った要望は、予算の許す限りどんどん取り入れて行きます。その結果、とんでもなくバランスが悪い家になることも往々にあるような気がします。現に、そのような状態になって、相談を受けた事例が今までもいくつかありました。その時点で、一旦問題を解きほぐし、全く別の提案をして、その方向で家づくりが変更になったケースがあるのです。
ハウスメーカーさんの住宅としての性能の良さは認めますが、家族にとって大事なことは何なのかをご夫婦で良くお考えになることです。建築家が設計した家でも、当然耐震性能を満たすことは出来ます。耐震性能も大事ですが、家族の生活スタイルにピッタリのプランを実現し、飽きがこなくて住むほどに馴染み、好きになっていくような家が良いのではと思います。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2016年 9月29日
Eikyon様

はじめまして。

私どもは、名古屋を拠点に全国各所で建築設計・監理をやっております。

設計ではご要望をしっかり聞いたうえで、プロとしての長年の経験を生かしたアドバイスをしつつ、提案できることはさせていただいております。

 豊富な経験から心地よい空間づくりにご協力できることと思っております。RC打ち放しなどのシンプルモダンな外観、木造建築の木の素材感を取り入れた空間づくり、適宜に配置された窓による明るく開放的な空間などは、お施主様からうれしい声をいただいております。
 
現在土地探しからというお施主様も多く、その方たちには、場所にもよりますができる限り土地の紹介等もしておりますので、お力になれるかと思います。耐震性・制震性などに関しましても今までの実績の中でも、お施主様のご要望に合わせて取り入れている住宅もあります。

是非一度お会いして、コンセプトランニング、動線計画等、お施主様の要望を一度詳しくお聞きし、プランニングさせていただきたいと思っております。

また、10月1日・2日と東区にてまもなく竣工します木造3階建ての住宅の完成見学会も開催予定です。予約制となりますのでぜひ一度お問い合わせください。

詳しくはホームページよりご確認いただければと思います。

HP:http://www.mk-arc.com/

■Nagoya Office(Main office)
〒465-0008 名古屋市名東区猪子石原3-603
Tel:052-774-8615
Fax:052-773-9052
E-mail:info@mk-arc.com
■Tokyo Officfe
〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-21-5
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2016年10月 1日
Eikyonさん
やはり、家づくりは、大きな買い物だし、楽しくなくてはいけません。
ご主人も奥さまもお互い大事な事を言ってるのだと思います。
奥さまは、
・住宅についての知識を会得したい
・快適で家族に合った家づくりをしたい
・個性的な方が良い
・建築士に依頼したい
ご主人は、
・家の性能(耐震性も含める)
・個性は必要ない
・技術が見える大手ハウスメーカーに感化
当方としては、大手ハウスメーカーではないので・・やはりEikyonさんの意見に味方しちゃいます。ありがたいことです。^^;

さて、意見の相違する家の性能ですが、
・例えば、制振と免振そして耐震。ハウスメーカーには実験により、お客様に見せているところがあります。その為にそこが良いので全て良いと勘違いされる部分があります。(良いと言うのに偏りがあります。)
・先日、大手ハウスメーカの家が傾き裁判になり建築主が勝訴したとのこと。原因は地盤の不同沈下でした。家づくりは、全部に行き届かなくてはなりません。ベルトコンベヤーでできる工場で生産される車などとは違います。最終的には現場でできるので、様々な検討をしなければなりません。
・制振とか免振の考え方はもともと日本の伝統木構法にあります。免振は基礎を作らない石場建、制振は曲げ応力により力を分散させる通し貫、継手仕口などです。スカイツリーの五重塔(構造につき未だ解明されぬ)がヒント、またはビルの免震も基本はそこにあるのです。
・従って大手ハウスメーカーが技術的に優れているわけでもなんでもありません。資本に任せ見せる努力が優れているだけです。(営業電略として大事な事ですが)
他に性能については構造(RC、S、W)によりそれぞれ特徴があります。断熱性能についても結露対策をどこまで考えるかで変わってきます。内装についてもビニールクロスより自然素材の木、土、紙などを利用した方が性能ははるかに高いと思います。また住宅設備などはあったものを選び敵最適所に配置すれば良いと思います。
余談:外壁ですが、気泡コンクリート(ALC)は、水に弱いので、使用する場合は外部の塗装などの劣化に気を付けなくてはなりません。

最後に質問にお答えします。
災害に強く家族に合った家づくり。。これは、建築家の言わんとするところです。従って「できます。」

なにか不明な点がございましたら。
sumikaのメッセージか
k-tsurusaki@nifty.com
までご連絡ください。
鶴崎より


矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
この家づくり相談「新築戸建について」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談