建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

新築戸建て

回答 

4件

急な階段

みなさん、こんにちわ。
今家を建てていますが(もう内装にはいります)、階段が踏面24センチ、蹴上げ20センチで上りきるところに廻り階段があります。はっきり言って使いにくいです。私の母は膝が悪く70歳近いので不安です。設計の段階で、階段について私から特に要望はしてませんでしたが、まさかこんな階段をつくっているとは思っていませんでした。工事が終わる2週間前に気づき変更するよう言いましたがどれも納得いくものではありません。初めは踏面21センチで作ってあるのを変更させて24センチにしたぐらいです。初めて会って設計をする前から散々「膝が悪い」「年を取るから」などと言っているのに廻り階段を設計したことを言いませんでした。蹴上げ・踏面に関しては渡されていた図面を私が見落としていた部分もありますが、廻りに関しては図面を見てもわかりませんでした。大きな変更をすると予算を超えるのはわかりますが、このまま我慢しつづけなくてはいけないのでしょうか?母と私は激怒・落胆し、とてもつらいです。素人には図面を見ただけではわからないことはたくさんあります。この設計士は玄関ドアを私達が初めから言っていた引戸ではなくスライド式のドアを勝手に付けようとしました(もうレールまでつけてました)。それは直させましたが、その時から不信感でいっぱいです。私は母のため借金までして注文住宅を建てたのにとてもつらいです。このような場合、どうしたらいいでしょうか?この(建築会社の)設計士に落ち度はないのでしょうか?いろいろご意見を聞かせてください。長くなりましたが、よろしくお願いします。

このアドバイスは、旧HOUSECOの家づくり相談のアーカイブを移行したものであり、現行SuMiKaが提供する機能と齟齬がある場合があります。

専門家の回答

4件

2010年12月14日
まこさんへ

はじめまして、葛飾区の(有)高津建築設計事務所です。
悩ましい質問ですね。
第三者の立場として、意見を述べますが・・・

設計は、常識とクライアントへの配慮が不可欠です。しかし、その常識は個々人少しずつ違うものだと考えています。配慮も同じことで、設計側の配慮が
受け取る側では「余計なお世話!」にもなります。そのようなことが起こらないように、建築家は多くの会話をクライアントとします。
おそらく、設計完了時点でその内容や仕様が詳しく説明されていなかったか、或いは説明があっても忘れてしまったか見落としだろうと思います。
契約上の基本は、設計図を承諾・了解すれば、現場はその通りに造りますので、途中で変更できたのは幸いです。悪質な業者さんは、誠意を持って接してくれませんので、裁判しても勝ち目はないと思います。(確たる証拠があれば別ですが・・・)廻り段の形状が分かりませんが、工事完了2週間前であれば、ほとんどが終わっているでしょうから、どうしても納得できない場合、一度壊して作り直してもらうことになります。その時の工事費をどうするかは、協議することになります。一般的にはよくて折半ではないでしょうか?
協議に必要なのは、喧嘩腰・頭ごなしではなく、冷静沈着な誠意をもったお互いの会話ですので、くれぐれもお間違いの無いようにしてください。

ご参考になればと思い、第三者の意見を述べさせていただきました。
矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2010年12月20日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

高津さん、御礼が遅くなってすみません(いろいろパタパタしておりまして)。
実は今日、社長さんに直談判してきました。
とても感じのいい方で、説明不足を謝罪してくれました。
結局、大掛かりな変更をすることになり予算を超えるため、見積もりをだして工事費を
お互いどうするか話し合う予定です。
少し気が楽になりましたが、またハウスコで相談することになるかもしれません。
そのときは(私の質問を見つけた際は)、またご意見をお聞かせください。
回答ありがとうございました。

2010年12月14日
まこさん

こんにちは。
前回のご相談の際にとても気なっていたのですが、多くの建築家の皆さんが先に回答されていたので、解決できたのだろうと思っていました。
お気の毒なことで何か参考になればと思います。

階段は住宅の中で一番事故が多い場所です。あの谷啓さんが死亡されたのも階段を上がっている際に踏み外して顔面を強打したことが主な原因だとのことです。
それだけに、何とか安全で使いやすい階段に変えられると良いですね。

まず、当初設計の踏み面21cmから24cmに変更された際に、その設計士はどのように説明されたのでしょうか?上がりきる所に廻り階段ができることは説明を受けていますか?受けていてそれを承知した変更であれば、建築基準法に違反していない限り、工務店の責任で作り直すことは難しいでしょうね。
しかし、仮にその説明が無かったのならば、先のお二方がアドバイスしている様な対応になると思います。
とても腹立たしい気持ちはこの際抑えて、現実的な解決を有利に進めることが大切です。

先に回答されている交渉に加えて、次のこともご検討ください。
*即刻工事を中止してもらい次善策を検討するように書面で提示してください
*工事が完成したと言われても、しばらく引渡しに応じないようにしてください
*工事残金も解決するまで支払わないとの意向を早めに伝えてください
このような強い意志を工務店側に示してください。
ただし、交渉時は冷静に対応することが大切です。感情的になればなるほど交渉のテーブルから相手が離れてしまいます。それでは言いっぱなしで得る物が無くなりかねません。
また、法的解釈としてこの場合では完成引渡を拒むことは正式にはできないと思われます。
ただ、不適切であることと、本当に困っていること、交渉が本気であることを工務店に理解してもらうためにとる措置だとお考えください。
また、どのあたりで実を取り妥協するか、判断に迷うところでありますが、迷った時にはその妥当性をお近くの消費者センターや行政の窓口にてアドバイスを受けてみることをお勧めします。

お役に立てば幸いです。

アトリエ24一級建築士事務所 飯沼竹一
http://www.atelier24.jp
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2010年12月20日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

飯沼さん、御礼が遅くなってすみません。
ご意見を参考にして、次の支払いを止めた状態で今日社長さんに会ってきました。
とても感じのいい方で説明不足を謝罪してくれました。
結局、大掛かりな変更をすることになり見積もりをだして工事費の話し合いをする予定です。
工事費の問題がクリアになれば、元の設計よりもずっといい家になりそうです。
今後もハウスコで相談することがあると思いますので、その時はまたご意見を聞かせてください。
回答ありがとうございました。

2010年12月15日
急な階段
まこさん。はじめまして大阪の岡﨑善久建築設計事務所の岡﨑善久です。
ハウスコの相談に今回を含めて5回も相談していますね。
1)チェック回数 2)相手にされず・・・3)階段 4)天窓 5)急な階段であります。今回の失敗をどのようにうまく仕上げていくかが大切であります。昨今はすぐに裁判だとかの方向に持っていく傾向があります。建築には失敗がつきものであると考えてください。そこでだれが責任かが問題ではないのです。納得いくまで建築をつくることが大切なのです。そのためにも気に入るまでつくっていただくことです。すべてはお金でありますが、お互いがコスト(手直し)についても納得いくまで話し合いで解決してみてください。大きな心をもって対応してください。「心がスッキリしますよ。」時間がかかるかもわかりませんが納得するまでおこらないでで笑いながら粘り強く完成まで持っていきましょう。そして、気持ちよく笑顔で建物を引き取ってください。お願いします。
「回答です」
急な階段と書いておりますが普通の階段ですね。階段の建築基準法施行令23条おいては蹴上23cm以下、踏面は15㎝以上となっております。建築基準法は正しいとは思わないですが一応の目安です。踏面24㎝、蹴上20㎝は建築基準法施行令に適合しております。そして、設計段階で階段について要望していないと書かれておりますので、お母さんのことを気にせずこのような階段になったのではないかと推測します。一つの考えですが、お母さんはひざが悪いと書いておりますが、どの程度悪いかわかりませんが提案であり回答であります。
1)まこさん。最後のらせん部分を含めて一度試してみてください。今現在においてお母さんがこの階段で上り下りができないのであれば直さなければならないでしょうね。一生住むために妥協しないで手直しをするのがベストです。費用がかかる。
2)この階段であればゆっくりと上り下りをして足腰を鍛えるという気持ちの階段としてお考えになってはいかがでしょうか。「継続は力なりであり」「失敗は成功のもと」と大きな気持ちで考えるのも一つの考えであります。費用がかからない。

「建築家のひとり言」
建築家の仕事は施主とコミュニケーションしながら考え、要望を踏まえた提案をもう一つ上の考え方で提案するのが建築家であります。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2010年12月20日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

岡崎さん、御礼が遅くなってすみません。
今日社長さんに会ってきました。
階段を少しでも良くするために大掛かりな工事をすることになりました。
社長さんもいいアイデアだと言ってくれ、見積もりをだして工事費の話し合いをする予定です。
(随分高くなりそうですが・・・)
それでも、今までの設計よりいい家になりそうです。
今後も相談することがあると思いますので、またご意見を聞かせてください。
回答ありがとうございました。

2010年12月15日
はじめまして、いなはら建築研究室の稲原と申します。

まず、この状況を工務店の社長に報告し、一刻も早く工事を中断させてください。

その上で、社長・設計者・現場監督の3者同席の会合を開き、今までの経緯・施主の要望をしっかり伝えてください。

今までの経緯は、時系列が分かるような文書にまとめると、相手の理解が深まります。

伝える際は、「怒り」を抑えて、「冷静」に。

良心的で誠意のある社長であれば、良い方向に話が進むと思います。

これから長く住む家です。頑張ってください。
矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2010年12月20日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

稲原さん、御礼が遅くなってすみません。
今日社長さんと話し合ってきました。
とてもいい方で説明不足を謝罪してくれました。
大掛かりな変更をすることになり、見積もりをだして工事費の話し合いをする予定です。
長く住む家なので、少しぐらい高くなっても納得いくものにしたいと思います。
工事費の問題がクリアになれば、元の設計よりいい家になりそうで楽しみです。
まだ心配はありますが、随分気が楽になりました。
今後も相談することがあると思いますので、またご意見を聞かせてください。
回答ありがとうございました。

この家づくり相談「急な階段」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談