建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
thinkbigのプロフィール写真
住所
性別
生年
職業
同居する家族構成
現在の住まい種別
現況が田んぼ(前面道路より深さ60㎝程度)を宅地にしようと考えています。
まず擁壁工事と造成が必要だと思うのですが、その後の住宅建築の流れを考える場合、できる限り不要な工事や費用などの低減するにはどのような流れや手法を考えるべきでしょうか?

現在考えているのことは以下の通りです。
①敷地350㎡に約100名㎡未満の平屋を想定
 駐車場は車2~3台程度、敷地内30~40㎡程度の家庭菜園を想定
 下水道は前面道路あり、上水道は本管より約50m分岐延長
②建屋の地盤工事の必要性
③造成時の余分な土砂の搬入(基礎工事の際の残土をなくしたい)
④外構工事のタイミング(外構工事は外部発注想定)はいつがいいのか?
その他留意点があれば・・・

ご指南よろしくお願いします。
#アドバイス求む #平屋 #土地
家づくりカテゴリー:平屋 土地
深さ60センチなら盛土になると思います。普通は盛土して10年ぐらい駐車場等でほっとくのですが、まず下がどうなっているか地盤調査されてずぶずぶの沼地か調べるところから始めると良いです。敷地が350㎡もあれば全体にならせば問題なしです。それより宅地に向くかを調べることです。
2020年 8月31日 09:08
田んぼの造成から新築工事は何件も施工しております。
造成の時期を誤ると水が出て大変なことになります。
弊社の施工事例をご覧ください。
完成したところから遡って見られると造成状況などなどご覧になれます。造成工事、進入道路工事から新築工事完成まで隅々ご覧になれます。ご質問等がございましたらご遠慮無く質問ください。
施工事例
https://airlock.co.jp/%e7%be%bd%e7%94%9f%e5%b8%82%ef%bd%8f%e6%a7%98%e9%82%b8%e6%96%b0%e7%af%89%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e3%83%bb%e9%80%a0%e6%88%90%e5%b7%a5%e4%ba%8b%e3%81%8b%e3%82%89%e4%bd%8f%e5%ae%85%e5%ae%8c%e6%88%90%e3%81%be
2020年 8月31日 10:13
貴重なご意見ありがとうございました。参考にさせていただきます。
2020年 9月 2日 04:37
自宅が同じような状況で2018年に完成しました。干拓地で地盤状況はとても悪く、地盤改良工事前提での計画でした。田んぼの肥土の置換は建物の下部(柱状改良部分)のみとし、持ち出さず面積が300㎡と広さもありましたので敷地内で均し処理しました。擁壁も金額がかかるので芝台ブロック(2次製品でコストコントロール)と法面で仕上げ、植栽で土留め処理しました。
景観も田んぼとの境界線があいまいになり自分の敷地がどこまでも続く様な見え方になるよう計画しました。
岡山にはなりますが自宅です。ご予約頂ければ見学も可能です。是非、一度ホームページをご覧ください。
http://www.artboxkenchikukoubou.com/works12.html
2020年 9月 3日 08:55
SuMiKaをはじめました
大阪市の設計事務所です。住まい方に積極的な方のように思いまして、ぜひご協力させていただけたらと考えています。当社では基本的には開放的ながら籠もった感のある家や子供が走り回れる家を考えています。また、地方での設計を得意としています。もしよろしければ一度詳細をお伺いできたらと思います。以下HPより直接ご連絡頂いた方が安価になります。どうぞよろしくお願い致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
MERAKITECTURE ARCHITECTS STUDIO
メラーキテクチャ アーキテクツ 建築研究所
http://www.merakitecture.jp
2020年 8月28日 19:41
thinkbigさま
はじめまして、神戸の設計事務所ミツバコウサクショの野上と申します。以前設計をした住宅がご希望の家と近いところがあるのではと思いご連絡させていただきました。
https://sumika.me/p/works/2c9d8dee1c26d799674e725b92d395177d4ef5ee 
500m2ほどの敷地に40代夫婦が住む平屋です。ご希望であれば詳しい資料をお送りできますのでお知らせください。またご興味がおありでしたら応募させていただきます。よろしくお願いいたします。
2020年 8月29日 22:48
工務店管理の下の職人と建築家の下の職人のつながりは前者が強いです。これが大きな分かれ道です。このつながりは何に現れるかといえば工程です。しかし、建築家の下に棟梁と呼ばれた現場大工ががっしりと組まれているかですべてが決まります。ここを見抜けたら勝ちですが、建築家だけを見ていると失敗します。つまり、職人の親分をしっかりタズナ取れているかですべてが決まります。
2020年 9月11日 17:00
事例として
https://sumika.me/p/works/55000e445d29616cc206f4451cbcf11d9b7058116cc206f4451cbcf11d9b7058116cc206f4451cbcf11d9b705811
https://sumika.me/p/works/55000e445d29616cc206f4451cbcf11d9b705811
https://sumika.me/p/works/55000e445d29616cc206f4451cbcf11d9b705811
https://sumika.me/p/works/4381e78b08248103119d74bc8b1406acd9d970fb
です。以上
2020年 9月11日 17:04
工事屋の施工図通り越してレーザーカット加工パーツ発注図から鉄板の材どり、ベンダーで曲げた鉄板の厚みによる伸びを計算して材どり寸法を決め工場での加工図不要の図面つくりコストダウン管理部材搬入手配すべてやったけれど物つくりのダビンチみたいなものですが商業的成功とは無縁でなんでこんな完成度を高めるかは自分の為に作る物以外はやっても商業的価値が見いだせないから続ける意味がありません。
解り訳すく言えば各専門家でしか知られていない技術をすべてマスターし施工図先の加工機械別のインプット図面を最初っから書ける能力もたないとデザインビルドの意味と価値がありません。金属の曲げ誤差値を角だしするしないで加工図の材どりなど=それ出来る建築家っていません。見せかけデザインビルドか省略形でとどまっているはずです。
2020年 9月11日 20:11
この意味わかるようだったら大したものだけれど。鋳物もそうだけれど仕上がり寸法は鋳物はチジムむためチジミ比率計算してチジム前の寸法で図面を描く=仕上がり寸法で図面は書きません。こんなの知っている建築家にはあったことありません。会ったことがあるとしたらせいぜいゼネコンの略式施工図程度の図面描き程度です。
2020年 9月11日 20:26
加工機械の特性知って最終加工図面描ける人にはあったことがありません。スーパーゼネコン設計部にもいません。みんな省略施工図です。こんな程度で良ければそれでいいんじゃないですか!私から見れば省略図なので書き直し必要レベルです。まあ、そこまで求めていないのでしょう。
2020年 9月11日 20:32
最近使ったハッシュタグ
この機能を利用するには、SuMiKaの会員登録が必要です
SuMiKaに登録すると、家づくりの疑問や悩みを建築家に相談できたり、建築家と1対1で直接メッセージをやり取りできます。理想の家づくりを叶えるために、ぜひSuMiKaをご利用ください。
いいね!した人
閉じる
フォロー中
閉じる
フォロワー
閉じる