建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

土地

回答 

1件

地盤調査について

みなさん、はじめまして。

いい土地をみつけましたが、「上物あり」物件です。

「更地渡し」とあるのですが、普通地盤調査(地質調査?)をしてから購入するも

のですよね。

しかも敷地いっぱいに建っているので調査できないと思うのですが・・・。

上物あり物件の場合、一般的にはどうしているのでしょうか?

回答お待ちしております。

このアドバイスは、旧HOUSECOの家づくり相談のアーカイブを移行したものであり、現行SuMiKaが提供する機能と齟齬がある場合があります。

専門家の回答

1件

2010年 3月 8日
匿名さま

はじめまして、新宿で設計事務所を主宰している片瀬と申します。

弊社は、土地探しからの注文住宅の設計監理を主業務としており、不動産取引業も兼業
しております。

上物あり(更地渡し)物件の場合の注意事項を列記いたします。
1)建物の解体費用が売買価格に含まれているかを確認すること。
2)建物の抹消登記を確認すること。
3)地歴調査を行い、土壌に産業廃棄物等の有害物質が含まれていないことを確認する。
4)杭などの前建物の残存物が残っていないことを確認すること。
5)隣地建物による越境物(地盤面下の配管等)がないことを確認すること。
以上に、過失があった場合は、売主負担になります。または、売主負担としてください。

また、以下については、瑕疵・過失がない限り、買主負担となりますが、家づくりの総費
用を算出するため、資金計画に必要になりますので、事前に行えるのであれば、土地契約
に先立って行ってください。
1)地盤調査(建物があっても、解体することが前提である場合は、建物内の床等を一部
壊して調査できます。
2)敷地測量(平面測量及び高低測量)
3)真北測量(日影等の要件が適用される地域と建物の場合のみ必要)
4)電気・ガス・上下水道等の引き込み(負担金の有無)
これは、土地売買契約及び重要事項説明書に記載されているケースが大半です。
5)前住人及び所有者調査(引渡し後の問題が発生しないことを確認する。)
6)近隣住民調査(引渡し後の問題が発生しないことを確認する。)
以上、全ての事項を事前に調査できれば完璧です。

木造住宅の場合、一般的には、引渡し前に、土壌調査や地盤調査を行わないケースが多い
ようです。かなりの軟弱地盤でない限りは、木造2階建程度であれば、ベタ基礎や布基礎
で十分成り立ちます。しかし、フラット35S等の融資・エコ関連補助金やポイントが目
的の場合は、必要となりますので、注意してください。

現地で調査しなくても、設計事務所であれば、近隣データーを入手することが出来ますの
で、事前に相談することをお勧めいたします。

土地探しからの注文住宅を建築家と建てる
http://www.maxnet-g.co.jp/
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2010年03月08日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

マックス様、回答ありがとうございます。

とても詳細に書かれてあり、勉強になりました。

配管や近隣住民のことまで頭になかったので、じっくり検討したいと思います。

ありがとうございました。

この家づくり相談「地盤調査について」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談