建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

土地

回答 

1件

地盤改良の方法

いつも楽しく拝見させていただいております。
早速質問ですが、約500㎡の土地に115㎡の平屋を建てる予定ですが、表面波探査による調査結果が約2m下に地盤支持力度60から70(4mでは90から130)となっており、地盤改良(ジオクロス+べた基礎)との調査結果の報告がありました。そこで、改良方法について質問ですが、それぞれメリットでメリットがあるかと思いますが、どの工法が適切でしょうか。
1 六価クロム対応セメントによる柱状改良
2 ハイスピード工法(砕石パイル)
3 2mの表土をを取り除き、砕石に置き換える
4 ジオクロス
できればセメントによる六価クロムの問題は避けたいと思っています。コスト面も含め御回答願います。 なお、地盤改良の範囲は家屋部分ととし、基礎はべた基礎となります。

このアドバイスは、旧HOUSECOの家づくり相談のアーカイブを移行したものであり、現行SuMiKaが提供する機能と齟齬がある場合があります。

専門家の回答

1件

2011年 2月25日
私は、防蟻と防湿およびコストと工事の合理性から考えて
(ジオクロス+べた基礎)が良いと思います。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
この家づくり相談「地盤改良の方法」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談