建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

部分リフォーム

回答 

2件

ウッドデッキの通風について

hanaのプロフィール写真
hana
滋賀県
新築でコの字形状の平屋を計画しています。

コの字を埋めるような形でウッドデッキをつけたいのですが、そうするとデッキ幅4メートルx奥行3メートルぐらいになり、奥の方は通気性が悪いのではと思いました。

そこで、
ウッドデッキの横にエアコンの室外機を置いて、さらに室外機の排気をウッドデッキの床下へ向ければ、通風となり湿気を逃しデッキの耐久性の向上に寄与するのでは?と思ったのですが、

こういうアイデアは、現実的には如何でしょうか。すでに実例としてあるのでしょうか?

また、考えられるデメリットはどんなものがあるでしょうか。

素人考えで思いついたものですので、プロの方のご意見を聞かせてください。

専門家の回答

2件

2016年 1月 7日
hana様

はじめまして。
京都で設計をしておりますSOUNDの岡本と申します。

おっしゃるアイデア実例を目にしたことはありませんが、室外機の排風障害によるエアコンの能力の低下の恐れがあるように思います。

確かに、湿気の心配もお気持ちもわかりますが、外より内では湿気の排出にならないのと、夏季にさらに室外機の熱気を内に取り込むのは宜しくないと思われます。
床下換気用などの送風装置を使用し中から外への排気が良いです。

また、デッキ材を湿気に強い樹脂性にするなどという方法もあると思います。

いずれにせよ、施主さんのアイデアというのは我々設計に専門的に携わる者とは違うもので面白く、そこから新たな発展的アイデアなどが出てきて面白いなと改めて思いました。

一級建築士事務所SOUND
岡本 成貴
〒604-8172
京都市中京区烏丸通三条上る場ノ町596-202
TEL/FAX 075-211-7670
okamoto@sound-a.com
また何かございましたら↑まで
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2016年 1月 7日

滋賀県ですので、鹿児島ほどは問題にはならないと思いますが、
樹脂製のデッキは、現実には熱により木材よりも変形します。
(採用の際には厚さを30mm以上、かつ、薄めの色調にして下さい。)

また、エアコンの熱がこもるとショートサーキットの状態と同様に室外機の故障寿命短縮の原因になりますので、このアイディアはお薦めできません。

自然換気が難しい場合は機械換気にて対応することをお薦めします。

Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 拝
=豊かな空間創造、幸福な時間=
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
この家づくり相談「ウッドデッキの通風について」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談