建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

資金・ローン

回答 

5件

屋根の素材について


すごくいい土地を見つけ、売買契約を結びました。

できればコンクリートの上物にしたいですが、
予算の考え方について、質問させてください。

ぜんぶをコンクリートにしてしまうのと、
屋根だけは木造にしてしまうのとでは、
コストに何万円くらい差が出ますでしょうか?
建築面積は、40㎡ほどです。


また屋根を木造にするメリットとデメリットを
教えていただけたらうれしいです。

このアドバイスは、旧HOUSECOの家づくり相談のアーカイブを移行したものであり、現行SuMiKaが提供する機能と齟齬がある場合があります。

専門家の回答

5件

2010年 4月26日
土地こうにゅうさま

はじめまして、新宿で設計事務所を主宰している片瀬と申します。

一般的には、木造の30%アップがRCと考えて良いでしょう。
しかし、各部の仕様が解らないと、正確な比較はできません。

屋根を木造とした場合の、最大のデメリットは、音です。木造は軽い
ので、どうしても低音域の遮音が難しいのです。それ以外は、それな
りの仕様にすれば、RCと同じような木造屋根を造ることができます。

技術があれば、限りなく同じ機能にすることができますが、結局コス
トも同じ程度かかる結果となります。単純にコストだけの比較ではな
く、デザインとか質感とかで、選択した方が良いと思います。

土地探しからの注文住宅を建築家と建てる
http://www.maxnet-g.co.jp
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2010年04月28日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

片瀬さま

ご回答ありがとうございます。
コストは、屋根だけ変えても、実のところそれほど、変化ないということですね。
これで、おっしゃるとおり、デザインとか質感優先で考えてみます。

ありがとうございました。

2010年 4月28日
質問内容について

大きくは片瀬さんと変わりませんがもう少し詳しく書きます。

屋根の種類により、判断が異なります。
陸屋根(ビルのような屋上がある屋根)なのか、勾配屋根(一般的な勾配がある屋根)、勾配屋根であれば瓦なのか金属等の屋根なのかによりコストが変わります。
陸屋根であればコストが多少掛かっても防水を考えるとRCを勧めます。

建築コストについて
屋根だけを木造にしても大きなコストダウンはならないと考えます。
建築コストは使用する箇所が大きければ単価が下がります。大きな住宅より小さな住宅の方が単価が高くなります。これはどの製造業でも同じだと思います。
見積上安くなるのはコンクリートや鉄筋、パネル等の材料費は数字通りダウンしますが、人件費はあまり変わらない、又は増える事が多いです。
理由はRCの職人さんの工事日数は減りますが、屋根の木構造を施工する大工さんの日数が増えます。
又、屋根だけ木造にした場合、その木造の為だけに木の加工を業者に頼みトラックにて輸送しなければなりません。量数が少ないと手間賃も高くなり、輸送の際のトラックは満杯積んでも半分しか積んでなくても1台の料金は変わりません

単価は木造の方が安いのはあたりまえの事ですが、安易に部分だけを木造にしてもコストダウンにはつながりません。
安くなるとは思いますが、正直「これだけ?」ていう感じだと思います。

勿論、業者によっては、多くの物件を手がけていて、他の物件と織り交ぜて木造の発注等を安く出来る業者もあるかもしれません。

屋根を木造にするメリットとデメリット

屋根の形態により変わりますので判断できません。
たぶん、竣工後の火災保険は『RC造』ではなく『木造+RC造の混構造』となるので高くなると思われます。

個人的にはコストの問題ではなく、ご自身の好みでの判断が大事だと思います。木屋根の雰囲気が内装、外装とも好きなのであれば木屋根にしたほうが良いと思いますし、木屋根なのにRC風にスッキリとした外観内観にしたいと思うのであればRC造が良いと思います。
矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2010年04月28日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

林さま

ご回答ありがとうございます。
RCで計画すると、もし構造計算をした後に見積オーバーすると
また計算がやり直しになって、大きく時間と労力をロスしてしまう。

そのようなことを耳にしたので、事前に、屋根までちゃんと決めて、
なおかつ上手にコストダウンしなければ、と思い、
どんなコストダウンの方法で、RCを実現するべきか、迷っていました。

ご丁寧に回答いただきました。ありがとうございます。

2010年 4月28日
土地こうにゅうさん
ご返事ありがとうございます。

個人でのコストダウンは無理だと思います。
工事内容や見積内容を理解しないとコストダウンできているかどうかの判断も出来ません。

設計事務所に頼まれる事をお薦めします。
僕の場合、RCで計画する際に金額的に全く無理な場合はRCを止める事を勧めます。
RCでの施工に希望のもてる予算の場合、お施主さんとコストダウンを検討し、納得の出来る内容での見積となります。それでもオーバーする事が考えれますが、設計時にオーバーした場合の事も検討しておき、構造を大きく変えないような代替案を考えておいたりもします。

RCのプランをそのまま木造にするには大きな労力と手間が出ると思いますが、コストダウンとして見積後、屋根部分を木造にする案を再度計画するとして、構造的には大きな変更ではないと思われますし、見積的にも差し引き金額としての再見積程度だと考えます。

RCの場合は、コンクリートを打ってしまえば、変更が効きませんので、最初のプランがとても大事です。設備の配管経路の検討等もしておかなければ、木造や鉄骨の用に安易に壁に穴をあけたりのできません。

設計事務所に頼まれるのが安心だと思います。

それ以前に「何故RCなのか」という事をご自身で考えてください。
見た目のデザインなのか、構造的な強度なのか、、それはRCでなければ駄目なのか?
自身で選択範囲を狭めている可能性もあります。

RCのコストダウンの方法も幾つかありますが、希望されるRC住宅の雰囲気により異なります。それらを踏まえて相談にのってくれる設計事務所を探すのが良いと思います。
矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2010年04月28日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

林さま

ご回答ありがとうございます。
実は、あるひとりの建築家に相談をしました。(まだ契約はしてません。)

するとさかんに木造をすすめられました。
私が、RCにこだわっている理由は、見た目のデザイン、足音が響かない、
あと建築雑誌を見ていて、いつも手を止めてしまうのが、RCの建築なので、
やっぱり、どうしても、DNA的に好きなのだと思います。

安藤忠雄、コルビジェもそうですが、最近ではアルベルト・カラチがすごいと思っています。

私は、自分の働いて稼いだ大事なお金を、ずっと念願だったこのRCの住宅というものに
使いたいと思っています。予算も、去年ここで相談しましたが、
まあ妥当な金額だと、皆さんに言っていただきました。

もし、いま、相談している方とうまくいかないと判断した場合、
林さまに、ご相談に乗っていただくことは可能でしょうか?
それとも、ご迷惑なご相談でしょうか。

今月中には、建築家を決めようと思っています。


2010年 4月29日
土地こうにゅうさん

ご返事ありがとうございます。

『やっぱり、どうしても、DNA的に好き』

というのはなんとなく、そうなんだろうなと思っていました。

僕の事務所は大阪市内ですのでご足労でなければいつでも相談に来ていただいて結構です。

現場や打ち合わせ等で出かける場合もありますので事前に連絡お願いします。
HPのプロフィールに連絡先を書いてあります。

RCが可能かどうかは詳しい内容や細かな希望等を聞いてみないと判断できません。

大変だと思いますが、いろんな設計事務所に聞いて回るのも勉強の一つだと思います。

矢印
この専門家のプロフィールを見る
2010年 4月29日
最初のご質問に少しお答えさせていただきます。
RC造で屋根だけを木造にするメリットは少なくないと思います。それは、
1、建物が軽くなる事で基礎の負担が減る、それに伴いコストも若干減少。特に軟弱地盤の場合は有効です。
2、RCのフラット屋根は雨漏りのリスクが高いので木造の緩勾配屋根とすることでそのリスクが減る。
3、デザイン的にはその屋根を見せない工夫が出来る。
最後にRCの最大の欠点である湿気には充分な対策をすることをお薦めします。これに関してはHPをご覧下さい。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
この家づくり相談「屋根の素材について」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談