建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

資金・ローン

回答 

7件

リフォームか?建て替えか?

はじめまして
子供3人と夫婦で5人家族です。
現在築約30年の木造住宅に住んでます。
家自体は十分まだすめると思ってますが
家の中が寒いのと、耐震になどのことを考えてリフォームするか建て替えるか
迷ってます。
10年ほど前に一部をリフォームしました。
今度は、お風呂とサッシを換えようかと思ってます。
しかし、少しずつリフォームを繰り返して費用がかさむなら建て替えもどうかと思ってます。
そこで質問なんですが
自営業なので、お客さんとの付き合いもあり
設計を建築家さんにお願いし、建てるのはこちらの業者にお願いすることは可能でしょうか?
まだ業者さんには何も言ってませんが、嫌がる業者さんもいますか?
また、建築家さんを決めるまでいろんな方のお話が聞きたいと思ってますが、(ここが時間かかると思ってますが)どんな時から費用が発生しますか?
こちらは愛知県の知多半島の付けねあたりです。
やはり愛知県の方がいいのかなと思ってます。

このアドバイスは、旧HOUSECOの家づくり相談のアーカイブを移行したものであり、現行SuMiKaが提供する機能と齟齬がある場合があります。

専門家の回答

7件

2010年12月 2日
はじめまして、n.Design一級建築士事務所の北濱と申します。

新築か?リフォームか?イロイロと悩むところですね。

まずリフォームに関しては、ご存知かと思いますが、対象の範囲であれば、窓やお風呂のリフォーム工事で住宅エコポイントを申請することが可能です。
http://jutaku.eco-points.jp/user/apply/reform01.html
また、昭和56年以前の建物であれば、市町村から「耐震診断」や「耐震改修工事」に対する補助が受けられる場合があります。
http://www.pref.aichi.jp/0000025466.html
リフォームついでに耐震改修工事を行うなど、ここらあたりをうまく活用すれば、お値打ちに出来るかも知れませんね。

それから、「設計を建築家に、施工を地元業者さんに」は、問題ないと思いますが、なかには嫌がる業者さんもあるかも知れません。嫌がらないまでも、そういった経験が少なかったり不得手な業者さんだと、現場がうまくまわらなかったりすることもありますので、そこら辺の見極めも重要です。

建築家への相談については、弊所では、初回のプラン提出まで無料で行っています。
弊所は鈴鹿市の事務所ですが、兄が知立市に居りまして、そちらの方面へはよく行きます。湾岸線で1.5時間程度ですので、ちょっとしたドライブには丁度いい距離です^^
また、何かございましたらお声かけください。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2010年12月02日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

早速ありがとうございます。

窓は知ってましたが、お風呂もエコポイントがあるんですね。

ちょうど56年か57年かなんですが、一度図面を探してみます。

知立市ならちかいですのでタイミング合えばご意見頂戴したいです。

2010年12月 3日
断熱対策だけで間取りの不満がなければリフォームで良いかもしれません。生活がこれからも変わっていくと思いますが、将来を見越して間取りを変更するなら建て替えが合理的になると思います。大事なのは希望が叶うかどうかです。希望を伺って検討してどういう手段をとるか提案することになります。
業者さんですが、嫌がる人もいます。そして予算が適性かチェックするために見積もりは数社から取ることをお薦めします。取引先との付き合いが強い場合難しいですが。あと、費用は相談は基本無料です。費用の発生は各自によって変わるので無料相談の時に確認してください。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2010年12月03日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

リフォームするなら間取りも変えたいところです。

予算が適正かどうかは素人ではわかりにくいですよね。

そのためにも建築家の方に入っていただきたいと思ってます。

2010年12月 3日
はじめまして。kahs-atelierの橋本です。

街並みに30年間もの長い間佇んできた建築。
もし、まだ住めるとお考えならぜひリフォームしてください。

日本は住宅が商品化された時から
欧米と違ってどんどん建替えてしまいます。

日本の住宅の建築サイクルはまだ住めるのに約30~40年。
欧米では100年は当たり前です。

そのためヨーロッパの絵葉書にでてくるような歴史を感じる建物が並ぶ風景が少ないです。(あるのは保存地区だけです)
飽きっぽい国民性もありますが残念ながら代々住み継がれる家はほんとに少ないです。

それを改善していくには住み手の意識改革と古き良き物を生かす建築家の努力です。

プラン次第で今のライフスタイルに対応した家にいかようにも生まれ変われます。

施工業者さんはぜひお知り合いにお願いしてください。
こういった近所付き合いも街並み形成の大切な要素です。

例えば目の前の家が大工さんなのにハウスメーカーや他の建築業者が建替え工事をしている現場をたまに見ますが、絶望的です。

金額はそのものの価値でしかありません。
個人的には相見積もりも不要だと考えています。
見積を検討する建築家にそのデータがあればいくつも業者を動かす必要はありません。
一社の業者に指摘・指導すればいいのです。
少々高くても金額以上の信頼があればそれ以上に勝るものはないはずです。

今の日本が忘れてしまっている大切なことです。

業者さんが嫌がるかどうか?それは建築家の接し方が悪いからでしょう。
きちんと打合せをして世界にひとつの素敵な家を一緒に作るという一体感がもてれば問題ないはずです。

建築家の費用ですが、私の場合ご相談程度までは無料です。
でもプランを検討し提出する段階からは費用を頂いております。

最初のプランの段階が後のすべてを決定します、なので当方もその段階から本気でかかりますので早い段階から費用を頂きお互いに本気で考えます。

長くなりましたが、子供三人の故郷になる
素敵な住まいができることを祈っております。

矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2010年12月04日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真


本当にこのまま壊してしまうのはもったいない気がてました。

建築家の方々の力でどんな風に提案してもらえるのか想像しただけでわくわくします。


勇気づけられる回答ありがとうございます。

2010年12月 3日
初めまして。
日本プランニング一級建築士事務所の中村と申します。

現在お住まいの家をリフォームすろ選択をされた場合ですが、
30年前新築された当初の設計図面は、お持ちでしょうか?

木造住宅は、筋交い(すじかい)・耐力壁が地震や台風に対する抵抗力となります。

1981以前の建物ですので、上記の筋交い・耐力壁の確認をする必要があります。その上でリフォーム可能なのか、又は建替えのほうが費用がかからないのかの判断をされるほうがよいと思います。

矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2010年12月04日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

図面はあります。

見てみると柱の位置は変わってませんが
間取りは図面とは違うようです。
多分、親が建てるとき、途中で間取りを変えたのではないかと思います。

リフォームが可能か?建て替えのほうが費用がかからないのかというのは、建築家の方に見てもらわなければ、判断できないと思うんですが。
図面だけでもある程度は判断できるのでしょうか?

2010年12月 4日
初めまして、
齋藤正吉建築研究所の齋藤と申します。

建て替えかリフォームかで迷われている相談というのは、ここ最近私の事務所でも多くなっております。

私がいつもお答えするのは、先ずリフォームでどの程度までできるかと言うことを検討して、その段階で満足できる方法が見つかれば、リフォームで進めることをお勧めしています。
その際、耐震性を高めるとか、断熱性能を高めるなどで、どの程度の工事費がかかるかをはじき出すとよいでしょう。場合によっては高額な費用を必要とする場合もあります。

その上で、耐震性であったり、間取りの変更に制約があって、自分たちの要望が十分満たされないとなった場合には、建て替えも検討した方がよろしいかと思います。

私どもが今までお手伝いしてきた中では、リフォームで検討を進めて、検討した上で、やはり自分たちの要望を実現するためには建て替えしかないとの結論に至ったケースもありますし、間取りには特に不満がなかったので、耐震性と断熱性を高めることで、より快適なお住まいにリフォームしたケースもございます。

業者さんについてですが、設計事務所との仕事の経験の有無によって、意識レベルが違うと思いますが、先ずは、建て主さん、業者さん、そして設計者で、きちんとお話をすることで、懸念される問題は解決できるように思います。

設計費用のお話ですが、私の事務所の場合、相談は無料です。プランニングを行う時点から有料になります。

私は、知多半島(美浜町)に住んでおり、名古屋の事務所に毎日通っております。

何かございましたら声をかけてください。
矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2010年12月05日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

ロケーションは非常にいいですね。

どちらが良いのかの判断は実際に見てもらわないとできませんよね。

相談させていただくときはよろしくお願いします。

2010年12月 4日
こんにちは。鈴木隆之建築設計事務所の鈴木と申します。

 新築とするか、リフォームとするかは現況を見なければ判断は難しいですし、建築家によっても判断が分かれるでしょう。
 私の考えでは

1.十分な予算がかけられる
2.信用できる建築家に依頼する

という2点を満たせるなら、新築の方がリフォームより優れていると思います。
 冬、暖かい住宅をお望みならば、断熱材、窓の仕様(ガラス種別、大きさ、位置)、間取りなどをトータルで考えることが非常に効果的ですし、美しい部屋に暮らすことは何物にも代え難い貴重なものです。これは新築の魅力です。

良い家ができますように。




矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2010年12月 4日
初めまして
市川建築工房の市川と申します。
 
 現在の家の中が寒いのと、耐震などのことを考えてリフォームするか建て替えるか迷っているとの事ですが、自分で出来る耐震診断があります。一度行ってみてはどうでしょうか。

編修 国土交通省住宅局
編修 財団法人 日本建築防災協会
www.sumai-info.jp/reform/taishin/
今の家の状態がある程度わかると思います。
 
 もう一つ件
「家の中が寒い」、「今度は、お風呂とサッシを換えようと」ということですが、窓や外壁,屋根の断熱改修,バリヤフリー改修,高断熱浴槽など、今お考えの工事は住宅エコポイントの対象になっているので、リフォームをして、住宅エコポイントを利用するのも一つの手だと思います。
 住宅エコポイント
 jutaku.eco-points.jp/
 
新築にするか、リフォームするかですが、家族の方の家への思い入れもあると思います。思い出を残すこともいいことだと思います。
 耐震補強の方法は、いろいろありますので、建築家と打合せをしながら考えては如何でしょうか。
 新築にするにしてもリフォームにしても、建築家に依頼することをお勧めします。
 
素敵な住まいができることを祈っております。

矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2010年12月05日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

耐震診断5点でした。

ちょっと心配です。

この家づくり相談「リフォームか?建て替えか?」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談