建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

L字平屋の38坪を新築予定です。

初めて質問します。29歳男です。知り合いに間取りの設計士がいたので40坪ぐらいのL字平屋で設計図をお願いしました。昨日確認した所38坪の良い感じの間取りを作って貰って少し間取りの変更をして貰い完成しました。
 そこで質問なのですがL字平屋の38坪を土地別で諸経費全て込みで2800万は可能でしょうか?
 拘るところは浴室と防音室です。浴室はTOTOさんのシンラと言う一番高いグレードです(1.25坪)。防音室は10畳ぐらいの部屋を防音にしたいです。
 後はウッドデッキとLDKにステップフロアを作る事です。
後はそこそこの素材、グレードにしようと思ってます。
 家を建てるのは当然初めてなので相場が分からないので質問しました。
その知り合いは坪単価60万~65万だと言ってました。
助言などお願いします。

専門家の回答

5件

2019年 5月15日
はじめまして。
岐阜県、愛知県を中心に設計デザインをしております永冶と申します。
これまで弊社で設計させて頂いた住宅はいずれもコストを鑑みながら、自然素材にこだわったシンプルで深みをますことのできる住宅を設計させて頂いております。

文面から判断する限りですが、建物自体、外構、駐車場など全体と部分のバランスによってはお考えのご予算で難しくはないかと思います。
それでもコスト的に厳しい場合には、これまでの経験としてお施主様、設計者である私と漆喰塗装や無垢床材に自然塗料の塗装をしたりして減額をしました。
弊社ホームページに掲載している作品のほとんどがそのように施工を行っております。お施主様も住宅に対し愛着を持って頂いたり、経験を生かし、ご自分でメンテナンスをされたりと竣工後もコストをかけず、愛着を注げる住宅を設計させて頂いております。

ご参考になりましたら幸いです。
ご相談等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。
よろしくお願い致します。

永冶建築研究所
永冶祐太
https://www.yn-a.com
多治見新町1-23
多治見市産業文化センター2階
ブランチ:中津川市蛭川607-3
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2019年 5月15日
その建築家にそのままお願いするのが良いのではないですか?なぜ自分が選んだ建築家に任せないのでしょうか???プランの内容もわからず。全く何を基準としてきた情報もなしに、メクラ同然で当てずっぽうの答えをあてにされるよりも、今まで打ち合わせされてきた経緯からすればプランを作られてきた建築家が一番適任ではないのでしょうか?
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2019年 5月16日
岐阜で、工務店をしてますKATOJYUKENの加藤と申します。
予算的なお話をしますと、ギリギリかと…
あとは、仕上げ・カタチ・立地等の条件次第では、予算内に収まるかと思います。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2019年 5月16日
こんにちは。

お知り合いとの違いをどうやって見極めるかについてですが
近くの建築会社や工務店などに条件を整理して伝えて見積を取るという
事だと思います

相場というのは基準を作らないと様々な金額が生まれますので、分からなく
なります
その基準となるのが設計図であり仕様書であります
その基準がベースで見積を行う訳ですから、その資料がない、少ないなど
条件が変わると金額も変わるということになります

また、設計業務はクライアントの意志によって変化します
例えば、キッチンを高いグレードにしたい。という気持ちが変われば
金額も変わります
常にクライアントの意志によって金額は変わることをご理解ください

参考になれば幸いです

質問があればこのメッセージの後に
「この専門家のプロフィールを見る」というボタンを押した後に
「メッセージを送る」というボタンがあります
そちらから質問を送ってください

回答に直接、私のインフォメーションを書くことを禁止されていますので
ご面倒ではありますが宜しくお願いします

矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2019年 5月16日
ヤスアキさん

建築予算のご相談ですが図面がないですし
要望もそこそこの素材とグレードとあいまいな内容なので
なんともざっくりとした見当しかつけられません。

知り合いの方の60から65は建売や普及価格帯の予算と思います。

そこそこがどの程度がなんともですが
70~80の間で、場合によっては90に近くなるかもしれません。
これは人の思い込みって解らないんですよね。
そこそこが実は相当なグレードってことがよくあります。

あと、ユニットバスは大したことないですが。
10畳ぐらいの防音室が結構予算掛かると思います。
また、かけた割にしょぼい結果になるのが防音室ですね。
建築業界の防音技術は世界的には遅れています
(省エネ断熱も遅れていますが・・・)

ホームシアター程度であればサッシと断熱材の選び方で
結構いい防音状態にはできてコストパフォーマンスは良いです。

演奏をやるとなると良い業者が見つからないと大変ですね。

あと防音室のプランでの位置が大事です。

ほか気になったのがLDKのステップフロアですが
リビングだけ一段床を下げる感じでしょうか。
断熱のおさまりと床下点検に無理が無いように工夫必要でしょうね。

ざっと簡単ですが参考になれば幸いです。

■安らぎ豊かな和のデザイン■
■地震に強い安心の耐震設計■
■冬暖かく、夏涼しい高断熱■

一級建築士事務所 匠拓:寺澤 秀忠
WEB:https://www.syotaku.jp/
矢印
この専門家のプロフィールを見る
この家づくり相談「L字平屋の38坪を新築予定です。」をfacebookでシェアする

関連する家づくりカテゴリー

おすすめ

同じカテゴリーの他の相談

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら