建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

新築戸建て平屋断熱・気密太陽光・太陽熱

回答 

6件

役にたった回答 

4件

パッシブが得意な方、助けて下さい!軒の出と冬の日射取得について

以前より質問をさせて頂いております。
少し進捗いたしまして現在、間取りの検討まで進みました。
今、行き詰まっているのが軒の出の深さです。
遠隔地に建築するため、現在居住地での経験が当てはまらず
見当がつかず困っています。

パッシブデザインを得意とする所に依頼できれば良かったのですが
予算の関係上できませんでした。
断熱を考えている工務店なのですが、日射遮蔽取得に関しては
荒っぽい言い方ですが「経験と感」の様な部分もあり
こちらも素人のため、見当がつきません。

「軒の出は通常700mm出す」とのことでしたが
今住んでいる所よりはるかに暑い場所のため
夏の日射遮蔽を考えて軒を深くしてほしいと要望した所、
逆にどのくらい出すか決めて下さい、と言われました。
900mm〜1350mm位まで予算的に軒を出せるとの事なのですが
あまり深くして冬場日射取得が出来なくなると困ります。

建築場所は
茨城県 緯度: 36. 経度: 140.
冬至の太陽高度30度 南中時刻11:37
日の出 : 6:51  方位角:120°
日の入 :16:22  方位角:240°
建物は平屋建です。
真北が正確に解らないのですがほぼ真南(方位磁石の)に向いて建築します。
北側と西側に数件ずつ2階建の建物があるのみで東〜南面は建築物はありません。
(高台のため将来的にも建物は建たないので日影になる心配は無)
窓の高さは2000mm 天井高2500mm 屋根は切妻、妻側(東西)にも
一部下屋を掛けます。下屋の軒の出は1200mmを予定しています、
東西側は太陽高度が低く、時間的にも朝夕のみの日射、かつ窓も
少なく大きくないためそれほど気にする事もない、かと思っています。
夏の西日は丁度西側の家々が遮ってくれそうな感じがしています。
開口はオール樹脂サッシにペアかトリプルガラス、
ガラスは南以外は遮熱Low-eガラス(グリーンかブロンズ)、
南面は断熱Low-eガラス(クリア)の予定です。

夏場に若干陽が入り込んでもよしずやすだれなどで遮蔽できますが
あまり軒を出して冬場に陽が入らないようだとどうにも出来ません。
部屋の半分くらいまで陽を取り込みたいのですが
軒の出はどのくらいにすれば最適でしょうか?
1200mmも出したら冬場全く陽が届かないのでは?と不安です。
現在は長野県ですが軒の出600mmで冬場は部屋の半分くらいまで
陽が入ります。

「すけっちあっぷ」というソフトで四苦八苦して検証しようとしていますが
素人には無理そうなので、(屋根と軒が描写できそうもありません)
お知恵をお借りしたいと思います。
よろしくお願い致します。

専門家の回答

6件

星マーク
相談者が役に立った
2018年 5月22日
962528さん

はじめまして
東京白金の設計事務所:前田敦計画工房の前田と申します。

太陽角度の目安としては
・夏至の太陽角度は床面に対して約78度
・冬至の太陽角度は床面に対して約31度

軒の出と冬の日差しの関係が気になるのでしたら、
工務店の用意した断面図と分度器と鉛筆があれば、ソフトなんて必要ありません。
作図方法としては、
太陽となる部屋の床から31度の角度で軒先との接点を結びますと床のどの位置まで日差しが確保できるのかがわかります。
かなり奥まで日差しが入り込むのがわかります。

平屋でしたら、最高の不安な場所にトップライトをつける等の方法も検討してみると良いと思います。

納得できる家が完成するといいですね。

■前田 敦 / atsushi-maeda   
 一級建築士事務所 前田敦計画工房 / mac-atelier
〒108-0072 東京都港区白金2-1-1 パセオ三光坂408
TEL : *****
FAX: *****
URL: www.mac-atelier.com
mail*****telier.com
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2018年05月29日

962528のプロフィール写真

ご回答ありがとうございました。
軒の出は900mm、一部1200mmで進める事になりました。
ソフト使わなくても、断面図と分度器で充分だったのですね、
ご回答頂き初めて気がつきました、

パッシブをやっている所に依頼するつもりだったのですが
土地代に予算を取られ、普通の工務店に変更せざるを得なくなりました。
以前相談していた所では
年間熱負荷係数等々、目に見える形で説明を受けていたのですが
現在はさすがにそこまでは対応できないようです。
予算がないので諦めていますが最大限工夫してみます。

2018年 5月22日
URBAN GEARの本多と申します。

軒高と屋根の勾配が分からないと答えられません。
もう一度質問をやり直してみてください。

URBAN GEAR / アーバンギア 本多
at*****geardesign.com
http://www.urbangeardesign.com
054-206-4343
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2018年05月29日

962528のプロフィール写真

ご回答ありがとうございました。
軒の出は900mm、一部1200mmで進める事になりました。
ソフト使わなくても、断面図と分度器で充分だったのですね、
こちらで質問してご回答頂き初めて気がつきました、

パッシブをやっている所に依頼するつもりだったのですが
土地代に予算を取られ、普通の工務店に変更せざるを得なくなりました。
以前相談していた所では
年間熱負荷係数等々、目に見える形で説明を受けていたのですが
現在はさすがにそこまでは対応できないようです。
予算がないなりに最大限工夫してみます。

2018年 5月22日
どうしたいのかいまいち掴めません。
担当の建築士に相談されては如何?
設計料を出していない場合は、無理かもしれませんが・・・。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2018年05月29日

962528のプロフィール写真

ご回答ありがとうございました。
軒の出は900mm、一部1200mmで進める事になりました。
ソフト使わなくても、断面図と分度器で充分だったのですね、
こちらで質問してご回答頂き初めて気がつきました、

パッシブをやっている所に依頼するつもりだったのですが
土地代に予算を取られ、普通の工務店に変更せざるを得なくなりました。
以前相談していた所では、年間熱負荷係数等々、目に見える形で説明を受けていたのですが
現在はさすがにそこまでは対応できないようです。
予算がないので諦めていますが最大限工夫してみます。

星マーク
相談者が役に立った
2018年 5月22日
はじめましてアース・アーキテクツの鷲巣(ワシズ)といいます。

他の方が言っているように冬至の正午の太陽高度は≒31°になります。
冬は南側に遮蔽物がなければ、日光は屋内にかなり入ってきます。
問題は夏場なのですが、夏至で太陽高度が≒78°です。
夏至は6月20位になりますので、8月の20日を過ぎると太陽光だが結構
低くなります。
最近は暑さが「彼岸」まで続きますので、軒の出による「日射遮蔽」も
重要になります。
ネットで「太陽高度」と検索すると「日時を指定すると太陽の角度が出てく
る無料のサイト」もありますので参考にして、簡単な図面(断面図)を書い
て検討してみて下さい。
私の経験ですと窓上から軒までの高さにもよりますが、南側に遮蔽物がな
いと仮定しますと、90センチ前後の軒の出がいいと思います。
あまり軒の出を深く(長く)すると台風などの風圧力によって軒が「あお
られる」事も考えなければなりません。

参考に私が設計した「軒の出と袖壁」によって夏の日射をある程度遮蔽して、
冬の日光を多く取り入れる住宅(3-BOX)のURLを添付いたします。
http://earth-architect.sblo.jp/article/182351147.html

参考にして下さい。
アース・アーキテクツ一級建築士事務所 鷲巣
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2018年05月29日

962528のプロフィール写真

ご回答ありがとうございました。
軒の出は900mm、一部1200mmで進める事になりました。
ソフト使わなくても、断面図と分度器で充分だったのですね、
こちらで質問してご回答頂き初めて気がつきました、
そもそも、下屋のように軒を出すとその分コストも上がりますので。

パッシブをやっている所に依頼するつもりだったのですが
土地代に予算を取られ、普通の工務店に変更せざるを得なくなりました。
予算がないので最大限工夫してみます。

星マーク
相談者が役に立った
2018年 5月22日
はじめまして。

パッシブハウスがどのような意味で考えられているか。によりますが
高気密高断熱住宅という意味でよいですね

その仕様と質問の太陽高度、方位に関しての質問がどのように関係して
くるのか。室内温度をどのようにコントロールするかということであれば
設計をされている方が基本的な概念をお持ちだと思います
PAL値という年間熱負荷係数などを使用して省エネ住宅などを考える場合は
細かい計算や設計がありますが、そこまでを考えているのでしょうか?
その場合、オフィスビルなどで補助金などの関係から求めることが多いので
住宅で考える方は少ないかもしれません

ご質問の庇の出と射光の関係だけを考える場合は、平面的に何処までの距離を
光が入って欲しいと設計に依頼して、庇の長さを確定して欲しいとお願いする
と対応して頂けるのではと思います

実際に周囲の環境などの影響もありますので、その環境が分からない限り計算は
あくまで計算結果となるだけです

現場をみて判断することになりますので、今関わりのある設計者や工事会社の方に
相談するべきだと思います

ローコストを応援する
tekine.com
詳しいお話はメールにてお問合せ下さい
*****e.com
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2018年05月29日

962528のプロフィール写真

ご回答ありがとうございました。
軒の出は900mm、一部1200mmで進める事になりました。
ソフト使わなくても、断面図と分度器で充分だったのですね、
こちらで質問してご回答頂き初めて気がつきました、

パッシブをやっている所に依頼するつもりだったのですが
土地代に予算を取られ、普通の工務店に変更せざるを得なくなりました。
以前相談していた所ではご回答の通り
年間熱負荷係数等々、目に見える形で説明を受けていたのですが
現在はさすがにそこまでは対応できないようです。
予算がないので諦めていますが最大限工夫してみます。

星マーク
相談者が役に立った
2018年 5月22日

日照自体は当時の太陽高度30度を根拠して、2次元(断面)で部屋のどこまで入れたいかにより計画すればよいです。
居室の奥行き(横方向)と天井高さ2500の四角を書き、(ついでに窓の高さ2000も記入して⇒恐らく今回は軒高と軒の出で決定するので窓高2000の掃き出しなら日照には影響ないと思いますが)それに対して軒先点(軒の出…部屋からの離れ と、軒高-床高…地盤面からの離れ の交点)から地盤面(床面)に対して30度の直線を引けば最大どこまで日照があるか簡単にわかります。

スケッチアップはフリーハンドを基本としていますのでうまく使っても感覚的な(アバウトな)結果にしかなりませんので、上記の方が簡単でより正確です。

他に気になることがあって、この質問に回答させて頂きました。
それは、日照と日射熱と採光がごっちゃになっていらっしゃるのでないか?と思われる記述があることです。

パッシブをなさりたいのに南面のサッシを遮熱仕様にしたり、
東西面の夏期日射熱は南面の冬期日射熱よりも大幅に多いことを知らなかったり、
もう一度、太陽エネルギー=光エネルギー+熱エネルギーを基本として、
それぞれを分けて、一年を通して考え直してみると判りやすいではないでしょうか?

※建築物省エネ法では光エネルギーは考慮されていませんし、逆に建築基準法の採光計算には熱エネルギーは考慮されてなく、かつ、直接の日照も求められておりません。
(以前は法律で住宅の居室は日照を求められていましたが廃止されました)

Archi-Lab.CAN 建築加塩設計株式会社 加塩博之 拝
=豊かな空間創造、幸福な時間=

矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2018年05月29日

962528のプロフィール写真

ご回答ありがとうございました。
軒の出は900mm、一部1200mmで進める事になりました。
ソフト使わなくても、断面図と分度器で充分だったのですね、
言われて初めて気がつきました、

ご指摘の通り
日照と採光等々、混乱しています。
(南面は遮熱ではなく断熱サッシです)
パッシブをやっている所に依頼するつもりだったのですが
土地代に予算を取られ、普通の工務店に変更せざるを得ず
理想と現実が混乱しています。
出来る範囲で最大限工夫してみます。

この家づくり相談「パッシブが得意な方、助けて下さい!軒の出と冬の日射取得について」をfacebookでシェアする

関連する家づくりカテゴリー

おすすめ

同じカテゴリーの他の相談

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら