建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

中古戸建て

回答 

6件

役にたった回答 

6件

中古物件の購入

きょうのプロフィール写真
きょう
東京都
築20年程の5ldkの購入を検討しています。ただ本当に買うべきなのか、リフォームが必要なのかわからず迷っています。的確なアドバイス頂けると助かります。
  • 中古物件の購入

専門家の回答

6件

星マーク
相談者が役に立った
2016年10月31日
URBAN GEARの本多と申します。

中古住宅は中古車の購入に似ています。
外見が、ピカピカの車でも、年式が新しかろうが、
10万キロ近く走っていようが「やることは一緒」です。
整備しなければ走りません。

家も外側が良くても、築50年でも「きれいにして今時」の
性能を持たせようと思ったら結構なお金が掛かります。
そのままでも良いっていう方は買えば良いですし、
のちのちお金が掛かっては困ると言う方は、一戸建てを
持つのに向いていません。マンションの方が良いと思います。

URBAN GEAR / アーバンギア 本多 信章
atelier@urbangeardesign.com
http://www.urbangeardesign.com
054-206-4343
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2016年10月31日
多少お金をつかい建築家立ち会いでチェックしてもらうと良いですね~♪
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2016年10月31日
株式会社ウッドストックの佐藤です。
築20年であれば、躯体は問題ないと思いますが、屋根や、外壁の継ぎ目部分など、リフォームが必要です。
現在までのリフォーム履歴を教えてもらうのがいいと思います。
また、室内も汚れはあると思いますし、水周りなどは、2昔前の仕様ですので、
満足できる性能があるか確認が必要です。
内覧の際に、リフォーム業者と同行し見積もりを取ることをおススメします。
20年経過していれば、必ずと言っていいほど、リフォームは必要になってきます。
それでも、その中古物件がいいのか、多少条件を変えて新築を検討することができないのか、お考えください。
中古の場合の保障はあって、数ヶ月間。
新築なら10年です。

お気軽にお問い合わせください。
株式会社ウッドストック 佐藤
東京都武蔵野市吉祥寺南町5-13-21
電話 0422-40-4811
http://woodstock-web.jp
http://zero-net.top
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2016年10月31日
きょうさん
平成7年あたり、業界は規制緩和に走っていた時代です。その後、あまりにも欠陥が多く、平成12年に欠陥への責任を訴求する法律ができました。その点では、新耐震以降の建物でも、耐震性への検証が必要でしょう。写真を見ると、奥の建物と仕様が似ていますので、建売住宅のような気がします。建売住宅ですと完了検査済み証など建築確認書などがあるはずですから確認をして下さい。
もうひとつ、奥の建物には見られないシミのような・・カビ?の発生が多くみられますね。
さて、質問の回答ですが、
①買うか買わざるべきか・・立地、価格(建物は価格の中に反映されているか?されているならば安全性、劣化度の検証が必要)うーん。情報量が少ないので回答不可能です。
②外見から見ると、外壁(劣化)の原因追及・修理などした方が良いかも修理となるとリフォームかな
鶴崎より
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2016年11月 1日
きょう様へ
松本建築設計工房の松本と申します。
「本当に買うべき」「リフォ-ムが必要か」については即答は出来かねますが、先ずは多少有償にはなりますが、ホ-ムインスペクタ-(中古住宅診断士)の有資格者である建築士に検査して貰うことをお薦めします。建築士会等のホ-ムペ-ジで検索すればお近くの有資格者がおられると思います。できれば地盤調査も行えばよいのですが。もちろん建物所有者(管理者)の許可が必要です。必要最低条件だと思います。私が写真で見る限りでは、雨漏り危険個所が2カ所はあります。1つ目は、三角出窓の左上の屋根と外壁の納まり部、2つ目は、三角出窓の右下の同じくポ-チ屋根と外壁の納まり部です。あくまでも要注意箇所という事ですが。
室内仕上のチェックだけでは、クロス貼り換えをしていれば分からなくなりますので、天井裏からのチェックが必要です。その他の事も多々ありますので、工事業者ではない第三者のチェックをお薦めします。
リフォ-ムや購入の判断は、その結果を踏まえて行うべきと思います。

松本建築設計工房 松本重孝
〒594-0074 大阪府和泉市小田町586-1(2-315)
tel 0725-44-4313
mail matsumoto_sekkei@ares.eonet.ne.jp

矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
星マーク
相談者が役に立った
2016年11月 1日
草加の大橋工務店 大工の大橋と申します。
リフォームする場合、外観を見る限り問題無さそうですが、今後は耐震補強も視野に入れた中古住宅選びが大切になります。
基礎の沈み具合、シロアリなどの土台や柱の腐食被害の程度など、それらの劣化の程度によって耐震補強費用やリフォーム費用に大きな差が出ますので、内部に入って調査をすることが重要になります。
つまり、傷み具合によって買うべきかを判断するとよいでしょう。
内部に入ればある程度の概算費用も判りますので、購入+工事費などの全体のイメージできると思います。
それがご予算に見合わなければ購入はやめるべきでしょう。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
この家づくり相談「中古物件の購入」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談