建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

インテリア

回答 

1件

水回りの寿命について

家を建てかえようと思っているのですが、浴槽やトイレなどの水回りを選ぶ際に迷っています。最新の設備の寿命はどれくらいなのでしょうか?

このアドバイスは、旧HOUSECOの家づくり相談のアーカイブを移行したものであり、現行SuMiKaが提供する機能と齟齬がある場合があります。

専門家の回答

1件

2009年 5月26日
ズボン様
設備機器のメンテナンスとしては10〜15年ぐらいが目安になるのではないでしょうか。浴室絡みでユニットバスの場合、本体は割と頑丈ですが、給湯リモコンや換気扇などが10年ぐらい経ちますと故障が生じやすくなります。換気扇やリモコン(場合によっては給湯器も含めて)は交換することで本体はそのまま使えますのでコストはあまりかからないと思います。その後長持ちしたとして20年後になりますと、本体や配管を含めてまるごと交換というのが現実的ではないでしょうか。というのも20年以上前の製品と現在の製品を比較した場合、性能や機能や省エネなど格段に違うことは明瞭だと思います。
トイレも便器の給排水する基本性能は20年ぐらい経っても大丈夫でしょうが、ビデなどの洗浄機能などの作動やリモコンに故障が生じやすくなると思います。

細かな部品の交換により20年ぐらいは使用して、あとは寿命がくるまで使い続けるか、新製品に更新していくかということでしょう。地球環境のことを考えて寿命が全うするまで使い続けるのがいいのか、省エネやランニングコストを考えて更新していくのがいいのか適切に判断していくことになると思います。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
この家づくり相談「水回りの寿命について」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談