建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

資金・ローン

回答 

1件

海のそばに家を建てたい

質問させて頂きます。

海が好きなので、海の見える海沿いに
家を建てたいと考えています。

永く暮らしたいと思っていますが、
塩害等の被害があると聞きます。

海沿いに家を建てる際の注意点と、
塩害を防ぐ対応などをした際の、
対応費、メンテナンス費等、
どの程度コストがかかるのか、
アドバイス頂けますと幸いです。

このアドバイスは、旧HOUSECOの家づくり相談のアーカイブを移行したものであり、現行SuMiKaが提供する機能と齟齬がある場合があります。

専門家の回答

1件

2006年 7月19日
一番気をつけることは、鉄の使用ですね。非常に不安定な材料なので。
さび止め塗装や、ガルバリウム鋼板のような薄いメッキでは不十分です。
亜鉛のドブ漬けや、ステンレス等の金属を使うべきでしょう。
アルミサッシュも海沿いの建物で溶けている状態のものを見たことがありますが、特に問題はないと思います。
雨戸は必須です。固形物が飛んできますので。
屋根材は、釉薬瓦等の安定性の高いものが望ましいでしょう。
釘や金物等も注意が必要です。図面には書かないことですから、現場でもしっかり周知させる必要があります。

以前、海が目前の住宅を設計したときは、屋根は天然スレート(東京駅などに使われているものです)で、海側の建具は木製建具にしました。もちろん雨戸付です。
水切等は着色ステンレスです。(生のステンレスは、もらい錆びをする可能性が高いです)
平家だったので、それほど注意しませんでしたが、二階建てなら耐力壁も割り増す必要があります。海沿いは塩害だけでなく、風も強くなりますから。

噂に聞いた話ですが、風の強い岡の上の住宅で小屋裏通気口から暴風が入り込み、屋根を丸ごと引きはがしたというケースもあったようです。
小屋裏通気口に直接風が入り込まないような工夫と、垂木の固定金物(ひねり金物ではなく、くら金物)にする等の工夫も必要だと思います。

竣工直前に、記録的な台風が直撃しましたが、雨戸のおかげで無傷でした。
屋根には大きな漁業用の浮きが激突していましたし、隣の漁港では防波堤が転倒したり、道路が海に崩れ落ちたりしていましたが。

エアコン等の機器は耐塩害使用にすべきですし、駐車場は海風を直接受けない場所がいいと思います。
矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2006年07月20日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

林 健次郎 様

早速のご回答頂きまして、ありがとうございます!

海沿いでより良い家を建てるには、建築家さんの
様々な知恵や技術が必要なんですね。

それなりのコストもかかるという事だと理解しました。

やはり、海への想いがありますので。
いろいろ、参考にさせて頂きたいと思います。

本当に、ありがとうございました!

この家づくり相談「海のそばに家を建てたい」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談