建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

部分リフォーム

回答 

5件

役にたった回答 

2件

30畳のアトリエを子どもが安心して遊べる場所へ

3年前に鉄筋三階建て30坪の中古一軒家を購入、土地、リノベーションをしました。元々、一階が小さな工場で、二階三階を居住空間にしていたようです。
現在も二階三階を居住空間にしています。
私も夫も趣味人なので、一階をアトリエ兼スタジオというか、、、電気工事だけしてほとんどむき出しの状態でそのままです。

当初は、オープンギャラリーとして人を募集して活用しようかなと思っていたのですが、出産、育児に終われしばらくは無理そうです。

現在、30畳ほどの広いスペースが全く使われていません。

子どもが3歳、0歳といるので、せっかくなら子どもが遊べる場所にしたらどうかと思っています。

また、人を呼んでパーティーが出来る様なスペースにしたいです。

使い方が、その後変わって行く様なスペースなのでがっつりリノベーション!という感じではなく、変化して行く・・・とスペースにしたいです。

提案や予算なども含めてご相談したいです。

宜しくお願いいたします。
  • 30畳のアトリエを子どもが安心して遊べる場所へ

専門家の回答

5件

星マーク
相談者が役に立った
2015年 5月29日
たまさん

はじめまして 土屋 ともうします。

私の事務所や家の周辺にも、そういったスペースを自分たちでつくり変えていって活用している方々がどんどん増えています。こちらである程度の設計をすることもありますし、アドバイスもさせて頂いたり、一緒につくったりもしています。

場所はどちらなんでしょうか?足を運びやすいとお力にもなりやすいですが。
まずは気軽に声をかけてください!

土屋辰之助
STA土屋辰之助アトリエ
http://www.sta-architect.com/
Email:sta@sta-architect.com
矢印
この専門家のプロフィールを見る
星マーク
相談者が役に立った
2015年 5月29日
ガサッと手作り感覚の自然素材で裸足で走り回るようにしてみませんか、お気に召しましたらどうぞ、、、
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2015年 5月30日
初めまして。
東京目黒区を拠点に活動しております、田辺計画工房ともうします。
30帖の空間を、こども中心に多用途に使えるスペースにする事は大変興味深いテーマですね。
写真からではなかな判断できませんが、こども空間だと中2階など作って、籠れるアジト的なスペースを設けると、こども達のたまり場になり、為にもなそうですね。(こどもスケールにあわせた空間づくりが大切です)
また、手掛けた保育園のライブラリーような場所ができれば、近所の子供達の遊び場にもなりうそうです。
http://www.td-atelier.co.jp/works/faculty_detail/faculty_detail_014.html

私はこどもの施設や遊具開発なども手掛けた経験が多く、「こども環境学会」という学会の会員でもありますので、多角的にアドバイスできるかもしれません。
ご自宅がどちらかわかりませんが、あまりに遠方でなければ、気楽にご相談ください。
2015年5月30日
株式会社田辺計画工房 1級建築士事務所
代表建築家 田邉恵一
tanabe@xc4.so-net.ne.jp
http://www.td-atelier.co.jp/


矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2015年 5月30日
初めまして、VOLOの渡辺と申します。
私どもで開発しておりますロースタイルソファーはいかがでしょう。
そのソファーは、こども大人問わず使用シーンに合わせ、フレキシブルに展開します。シェアオフィスやゲストハウスなどを想定してデザインしましたが、このソファーを空間中央に配置することで、こどもが駆け回ったり、よじ上ったり、持ち運んだりして遊びます。
そのソファーを中心に空間デザインもセットでご提案することが可能です。
勿論、別の空間提案もご用意できますので、ご気軽にご相談ください。

http://volo-reno.com/menu_alacarte.html
↑ こちらのサイトmenu表、a la carteにある左下のソファーベッドアイコンをクリックし頂くとご覧頂けます。

http://volo-reno.com/menu_course.html
↑ また、menu表、courseにあるB courseの画像のように、3段重ねでクッションを並べ、リクライニングソファーとしても使用可能です。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2015年 5月30日
DIYは考えてみませんか? ニッチな情報です。大型木製ブロック「つみっく」を使って、レゴブロックのように組み立てていきます。

自由に間仕切りができますし、生活の変化によって、簡単に組み替えがすぐにできます。そしてその部材を使って子供たちと一緒に、「秘密基地」や「わんぱくルーム」を作って遊ぶことができます。
私たちの団体は、今日も午前中だけのイベントで小学生たちと「秘密基地作り」の遊びをしました。東北の震災直後には、避難所のプライベート空間作りに役立ちニュースになりました。
「つみっ庫くらぶ」のページを覗いて見てください。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
この家づくり相談「30畳のアトリエを子どもが安心して遊べる場所へ」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談