建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

部分リフォーム

回答 

4件

シロアリ対策と一階の暖房選択

都内で現在家の建て替え計画中です。

一階に高齢者室があるので温水式床暖房を検討していましたが、
シロアリ対策について調べるうちに、基礎断熱や温水パイプなどで床下を暖めるとシロアリを寄せ付けやすいとわかりました。

現在居住している古家は過去に被害にあっているので、
新築する場合はシロアリ対策を重視したいのですが、
かといって、せっかく建て替えるのに高齢の両親に寒い思いをさせたくはないので、どうしたら良いのか悩んでいます。

シロアリ対策を優先しつつエアコン以外の暖房を希望する場合、
どんな暖房、断熱方法が良いでしょうか?
 
また、あえて温水式床暖房を選択する場合はどんなシロアリ対策を
講じたら良いでしょうか?

このアドバイスは、旧HOUSECOの家づくり相談のアーカイブを移行したものであり、現行SuMiKaが提供する機能と齟齬がある場合があります。

専門家の回答

4件

2013年 5月14日
ミノスケさん、はじめまして。

「そよ風」などの空気式床暖房はいかかでしょうか。

床下が常に乾燥した状態で、40センチ程度床下空間をとって人が入って点検
出来るようにしておくのがよいと思われます。シロアリはスタイロフォームも食べ進みますから出来れば外側に打ち込んでしまう断熱がよいでしょう。

また、木酢液を定期的に撒布したり、以前被害の出た蟻道を探って建物周囲
には湿気がたまらないような仕上げにして複合的な対策をされてみては。

手入れが楽しくなるような家で、メンテナンスを心がければ、シロアリも遠ざかるかもしれません。風通し見通しのよい住まい&ご健闘を。


(写真は空気ダクトに補助暖房をするコイル部分です。ここに温水が通ります。)


http://www.ksekkeishitsu.jp/
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2013年05月14日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

回答ありがとうございます。

そうですね。
人が入って点検しやすいように床下空間をきちんと取ろうと思ってます。
シロアリ対策はガラスメッシュかステンレスメッシュなど物理的バリアなども使用して複合的な対策を取ろうと思います。

ところで外側に打ち込む断熱とは外断熱ということでしょうか?

「そよ風」omソーラーなどは私も検討したのですが、
床下が乾燥するのは良いとして、冬場の過乾燥などが取り上げられていたので、結局補助暖房も必要になること、コストのことを考えると高齢者には床暖房の方が良いのかな?と思ったのです。

2013年 5月14日
1)防蟻処理は5年しか持たず毒性あり。
2)蟻より小さな穴の開いたステンレス板を土台及び束に巻く。
3)基礎外側50センチ角断面部分に砕石と砂を入れ常に乾燥させること
 乾燥していると蟻は渡ってこない。

4)床暖房はほこりをまいあげ24時間吸い続けるため高齢者は肺炎を起こしやすい。壁に温水管を埋め込むほうが健康住宅です。

5)床は輻射熱反射シートをひく(透湿性タイプ)仕上げは冷たくない杉板3センチとする。ヒノキ等はつめたくかたい。

6)深夜電力でレンガを600度にあたため放熱させる暖房機はまさにひなたぼっこのようでついうとうと、ただ大きいです。
ドイツ製がよいです。環境先進国であるドイツ・オルスバーグ社製の暖房機です。
電気代が昼間の約1/4~1/5という安価な深夜電力によって暖房器内の蓄熱体を暖め、日中は暖まった蓄熱体による輻射熱によって家中を暖めるという仕組みです。
電気を熱源とし、蓄熱体による輻射熱と送風ファンによる暖房なので、空気を汚すことも無く、静かに家中をポカポカと暖めてくれます。中をポカポカと暖めてくれます。
矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2013年05月17日

HOUSECO登録のユーザーのプロフィール写真

回答ありがとうございます。
ステンレスメッシュ(ガラスメッシュ)は取り入れようと資料取り寄せ中です。
床に敷く輻射熱反射シートについては知らなかったです。参考にさせていただきます。

2013年 5月14日
無暖房住宅にしませんか?
壁厚40cmで脳溢血防止住宅です。
地熱を使って家を建てると24時間換気でも寒々しません。
設備におかねがかかりますが、結果オーライです。
分離発注方式にすれば浮いた工費で設備にまわせます。
一度プロフィールでも読んでみてください!
矢印
この専門家のプロフィールを見る
2013年 6月 9日
テキネコムよりお知らせ致します。

住宅の適正価格を研究しています。

当社では沖縄で多くのプロジェクトを行っています。
しろあり対策では沖縄では非常に重要な対策です。

コストとの関係性がありますが、どこまでの予算を考えて
対策を高じるかによりますが、地域によってはさまざまな
害虫対策がありますね。

虫は湿気を好みますので、温度差による結露による
問題と外から害虫が入らないように出来る環境をどこまで
構築するかということになります。

木造とRCであればよりRCの方が強いので。

詳しくはメールにてお問い合わせ下さい。
info@tekine.com

適値事業部LLP
コンシェルジュ担当:
矢印
この専門家のプロフィールを見る
この家づくり相談「シロアリ対策と一階の暖房選択」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談