建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

鉄骨造3階建て戸建のリノベーション費用

お世話になります。建築面積が240平米の鉄骨造陸屋根3階建ての戸建リノベーション費用を教えてください。仮に重量鉄骨と基礎残してスケルトンリノベーションから行うことを想定しています。宜しくお願いいたします。

専門家の回答

7件

2022年 7月24日
築38年ですと、完了検査済証が有れば増築、減築も可能です。無くても主構造の重量鉄骨に変更をしなければリニューアル可能です。耐震補強も可能です。

費用的には、解体が手壊しになるのと、最近の建材費用高騰もあり、またお望みの仕様次第では有りますが、普通でしたら坪当たり費用として設計費用含め70〜80万だと思います。

参考にしてみて下さい。

後藤正史
有限会社後藤正史アトリエ
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2022年 7月24日
他相談でも回答さしあげた感共ラボの森です。
延床面積から単純計算すると5000万~6000万円になります。
解体、本体工事、付帯工事、外構工事、設計監理、消費税、空調費、照明器具など含んだ総予算です。増築と伴う場合は確認申請なども必要となりもう少々上がります。
また高級グレードの場合ももう少々上がります。

HP : https://kanlabono.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーー
一級建築士事務所 感共ラボの森
代表 森健一郎
横浜市中区海岸通4-22-302
ーーーーーーーーーーーーーーーー
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2022年 7月24日
敷地状況や望まれる建築のグレード、屋上利用の有無、設備環境など、不明点が多いので概算となりますが、現在の都内で、延床面積(建築の総面積)が、240㎡(72.6坪)であれば、設計・監理料も含めて、6000万が標準ラインだと思います。
工期にこだわらず、ローコストで行くのであれば、もっと下がりますが、クライアントの手間も増えます。手作り感覚で建設に参加するつもりであれば可能です。

丸投げするか?、積極的に参加するか?家づくりの考え方で、工費が大きく変わる案件だと思います。ただし、どちらにしても標準ライン付近の工費が確保できる見通しが立ってからスタートした方が良いと思います。

HP→http://dat-architecture.com

****DAT/株式会社 都市環境研究室****
         野口 修
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2022年 7月24日
フジちゃんさま

近藤建築環境設計の近藤です。
撤去・新設に係る工事費として、約6,000万円程度が標準的仕様と考えられます。

この金額はおおよそ240m2を全体的に標準的に改修した場合の費用感ですが、ご予算に合わせたコスト調整も可能です。

例えば、上記提示の半分程度のご予算の場合、もちろん今後のお住まい方に合わせてですが、ザクっと半分程度に改修範囲を絞ることや、外壁には触らない、減築するなど、優先順位を決める作業をまずは行った方が良いかもしれません。

一方で、ご予算にマッチする場合、既存のプランや構造確認次第ではありますが、既存住宅の躯体の平均寿命(既存調査必要です。)から今後の住まい方を踏まえた上で、お金をかける場所やかけない場所、又は改修メニュー(改修範囲設定・断熱・躯体改修など)を検討されると、より納得感・満足感の高いお金の使い方ができ、良いものができると思います。

当事務所では、リノベーションの無料相談も実施しており、費用感やどの程度のことができるのか、既存図面を元に相談のみでも実施しております。
ご興味ありましたら、ご相談ください。

https://kae-de.com/lp.php
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2022年 7月25日
フジちゃんさま

お世話になります。
約72坪ですので72坪x一般的に80~85/坪=6,000万前後(設計・監理費除く)かと思います。
あくまでも概算ですが。

設計士にご依頼なさる場合、他と違い標準仕様みたいなものがない為、対話を重ねていろいろなこと、わりかしら自由なことができると思います。

ですので、皆様欲が出てしまい、すごい金額になる場合も多々ありますが、弊社の場合は予め、予算オーバーしているのをお施主様にお伝えした後に、見積を開始してその1回目で出てきた見積を基準にどうしてもこだわりたい箇所、妥協できる箇所など本当に必要なものと必要でないもののすみ分けや、計画についての見直しを一旦、この見積段階でさせて頂いています。

リノベーションならではのリノベーションでしかできない家づくり。
リノベーションの醍醐味を思う存分、体感していただければと思います。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
2022年 7月25日
検査済証があるかないか、築年数によって耐震補強するか否か、などの条件によって計画内容、金額が変わりますが、工事費と設計・監理報酬、それに消費税を加味すると6,000万円〜ではないでしょうか。

また解体費用は工事範囲をどこまでやるかで大きく違います。
文面から外壁まですべて解体するとなるとかなりの金額の差が生まれてきます。
上記の金額は、外壁を洗浄・補修レベルで見たときのものになります。

鉄骨造に限らずリノベーション事例たくさんあります。
よろしかったらどうぞ。

納谷学
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
この家づくり相談「鉄骨造3階建て戸建のリノベーション費用」をfacebookでシェアする

関連する家づくりカテゴリー

おすすめ

同じカテゴリーの他の相談

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら