建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

資金・ローン

回答 

5件

予算がたちません。

父の体調変化で急遽同居になり、ざっくりリフォームしたのですが・・・
寝室にしている部屋は断熱材が無いようで、この冬は死ぬほど寒かったです。暖房をすると床が結露していました。玄関はオープンスペースだったところを囲っただけなので、ものすごい雨漏りです。リビングは母屋に無理やり接続したので歪んでいるのか、建具の上部に隙間ができています。
これに合わせて、子供が重度障害児なので、バリアフリー・浴室リフォームが必要です。ただ、一応跡取りは弟なので、(現在仕事で他県に行っています。定年まではあと20年、定年になれば帰ってくるそうです。)いずれは家を出ることにはなります。どこまですればどのくらいの予算がかかるものなのか見当もつかないので、コンペにも出せず・・・
広さは20坪強ぐらいです。

このアドバイスは、旧HOUSECOの家づくり相談のアーカイブを移行したものであり、現行SuMiKaが提供する機能と齟齬がある場合があります。

専門家の回答

5件

2011年 5月29日
こんにちは。ざっくりとした概要ですいません。
が気になりましたので、参考まで。

20坪強リフォームをすると、私どもの経験から工事費は約600万から1000万程度になるかとおもいます。はばがあるのは、建物の状態、設備などによってそれぞれかわってくるからです。
築年数もたっているようですし、断熱材のこと、バリアフリー対応なども必要なので、およそ800万円~でしょうか。
状況はよくわかりませんが、個人的には、例えば年間80~100万円で賃貸を借りるとすると10年で同じくらいになるので、初期投資が可能であれば、問題外というわけでもないと思われます。ただ、やはり、建物の現在の状態を把握することも必要です。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
2011年 5月29日
ゆうたつママさん、はじめまして。
ざっくりとしたリフォーム予算ですが、床、壁、天井をすべてやり変え(断熱・電気工事など含む)て、坪あたり30~40万で
浴室はおよそ100万、トイレ、洗面で50万が目安でしょうか。
どこまでやるかは、やはり設計者が見て判断します。
取り急ぎ、回答まで。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
2011年 5月30日
はじめまして 山桜桃設計事務所 高澤と申します。
質問の回答としてですが、
断熱材、結露、雨漏り、傾き?による隙間並びにバリアフリー、浴室リフォーム等・・・・・と
弟さんが跡取りと言う事で20年後には帰ってくると言う事を考えた時にどうするのが一番良いかと言う事ですよね。
先ずは、弟さんと相談をしないとならないと思います。今回のリフォームについて弟さんはどの様に考えているか?
リフォームの費用について全額をゆうたつママさんが負担するのか?弟さんと折半なのか?弟さんが全額負担なのか?・・・・・

今回のリフォームとして800~1000万円位は掛ると思います。
しかし、土台となる基礎部分、柱部分は古いままですのでどうなのでしょうか!?調査をしてみないと分かりませんが弟さんが帰ってくる20年後に建て替えるのであれば良いと思いますが、その先20~30年先まで住み続けるのは厳しいのではないでしょうか。
リフォーム中(3ケ月程度)は賃貸を借りなくてはなりませんし、1000万円近いリフォームをするのであれば建替えをした方が宜しいと思います。
30坪程度の家であれば1200~1400万円で建替え可能です。
安価なハウスメーカーであれば1000万円程度(リフォームと同額)で建てる事も可能ですし、時期さえ合えばモデルハウスの限定販売に申込むのも手だと思います。
(骨組みは再利用ですが仕上げ材は新品ですし40坪位で700万円程度です)
先ずは、弟さんとじっくり話す事をお勧めします。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
2011年 5月30日
適値コム(tekine.com)より

まずは家族で相談する。ことをお勧めします。

雨漏りは時間が経てばたつほど、被害が大きくなります。
対応できる間に改修をした方が予算も少なく出来るでしょう。

弟さんとの協議を行い、現状の問題を打診して
具体的に自らが調達できる資金を組み合わせてから、どのような工事がひつようなのか。を考えるというステップだと思います。

まずはMAILで御相談ください。
(全国対応しています。)
フリーダイヤルもありますので御利用下さい。

http://tekine.com/contact/index.html

その他、WEBで情報発信していますので。
チェックしてみて下さい。

http://ameblo.jp/tekinecom/
http://tekine.com/column/
http://www.houseco.jp/profile/architect/4420/blog
http://keikakuin.exblog.jp/15625938/
矢印
この専門家のプロフィールを見る
2011年 6月24日
はじめまして、陣内と申します。

最近、リフォームの物件が増えていますが、単に表面的な改修だけでなく、耐震補強も含めたリフォーム計画をお勧めします。耐震診断、耐震補強は各自治体が取り組んでおり、助成金がでる場合が多くあります。また、住宅エコポイント、固定資産税等の軽減、ローンの融資等の住宅リフォーム支援制度もありますので利用したほうがよいと思います。

古い建物ほど、坪単価が高くなりますが、台所、浴室、便所等の水廻りを含めると、坪40万円以上はします。建物の内部だけでなく、外部の屋根、外壁等の修理もあると思われます。予算的に無理な場合、建物が傾いても建物から逃げられるような耐震補強を考えることも大切だと思います。全体の工事費を考えてバランスのとれたリフォーム計画をお勧めします。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
この家づくり相談「予算がたちません。」をfacebookでシェアする

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら

同じカテゴリーの他の相談