建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
家づくり相談

南東向き・2種高度地区(高さ制限14m)・接道間口4.3mでのルーフバルコニー設置について

都内の20坪の土地(南東向き・接道間口4.3m×奥行き15.3m)の二種高度地区の土地にルーフバルコニー付きの戸建てをローコストで建てたいと思っています。
絶対高さは14mなので、斜線規制のかからない一部だけでも設置できないかと思っています。
縦長の土地なので、斜線規制がかなりきつくかかると思いますが、設置は難しいでしょうか?
仮に設置できる場合、どのくらいの面積になりますでしょうか?
宜しくお願いします。

専門家の回答

8件

2022年 5月11日
如何様にも可能と思います。
面積については土地の詳しい形状や計画次第でしょう。
矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2022年05月11日

もっきちのプロフィール写真

ありがとうございます。
ルーフバルコニー設置も視野に入れて、検討していきます。

2022年 5月11日
何階建てにするつもりですか?

URBAN GEAR 本多
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2022年05月11日

もっきちのプロフィール写真

色々とご意見、ありがとうございました。

2022年 5月11日
もっきち様

初めまして。
東京世田谷のアトリエ スピノザの井東と申します。

20坪 × 容積率 + ロフト及び地下 の面積は建てられると思います。
斜線が厳しいと、ハウスメーカーに規格化住宅では不可ですた、当方完全注文住宅ですので何とでもなります。ただ、立体パズルの解を見出すような設計になりますので、それなりに費用は掛かります。いわゆるローコストにはなりません。

HP等ご覧いただき、私達の建築に興味を持って頂けましたら
お声懸け頂きたく存じます。


それでは宜しくお願いします。
アトリエ スピノザ 井東
〒158-0084 東京都世田谷区 東玉川2-29-12-201
***** / *****
*****er-spinoza.com

↓ HPです。
http://www.atelier-spinoza.com/index.html
(HPのCONTCTの頁からメール送信できます)


矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2022年05月11日

もっきちのプロフィール写真

ありがとうございました。
予算もあるので、コストベースで検討します。

星マーク
相談者が役に立った
2022年 5月11日
この情報ではお答えのしようがありません。
ローコストとおっしゃられていますので木造3階建てかと思いますが、問題は方位ですね。
南東向き敷地でしたら東側長手方向から斜線が掛かると思いますので、方位次第です。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2022年05月11日

もっきちのプロフィール写真

ここでは情報を具体的に載せられなかったので。
ありがとうございました。

星マーク
相談者が役に立った
2022年 5月11日
もっきちさん
日比生寛史建築計画研究所の日比生と申します。
変形敷地や傾斜地、狭小地など敷地の特性を活かし個性的な建築を数多く手掛けております。
この情報だけでは何ともお答えできません。敷地に関する情報や住所を教えて下さい。ボリュームプランの検討が可能です。
SuMiKaプロフィールから手掛けた建築の事例に興味をもって頂きましたら、お気軽にご連絡下さい。

日比生 寛史/日比生寛史建築計画研究所
http://hha.bz/
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト

ユーザーの返答

2022年05月11日

もっきちのプロフィール写真

ここでは詳細情報を載せられなかったので。
ありがとうございました。

星マーク
相談者が役に立った
2022年 5月11日
横山武志建築設計事務所 横山武志と申します

南西向きの2種高度地区で木造3階建ての設計事例があります
ルーフバルコニーはありませんでしたが、ロフトがありましたので、それから類推します
北東と北西側は3階床面から屋根が立ち上がり、それぞれ1.365mセットバックした部分がロフトになりました、それから類推すると1.5mくらいが残る程度です。手すりの取り扱いは行政区によって違い、鉄骨製等見通しの効くものであれば、斜線の上に問題ない場合もあります。
ご質問があれば、お気軽にお問い合わせください

横山武志建築設計事務所
http://www.ykarch.net
矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2022年05月11日

もっきちのプロフィール写真

ご丁寧にありがとうございました。

2022年 5月11日
もっきち様

文京区の佐竹事務所と申します。絶対高さ14mで第二種高度地区ということですね。敷地は南東に面しているということで、そうしますと、高度斜線は真北方向から発生しますので、敷地の長手方向(東寄り)にも当たるものと思います。

まず建物全体のボリュームですが、斜線は隣地から5m立ち上がり、そこから1.25の勾配ですので、2階建てのお住まいでしたら、全体的に影響はありません。ロフトの計画も可能です。もし3階建てを想定される場合は、入念な計画が必要です。

バルコニーにつきましては、道路側にご計画されることかと思いますが、パイプ手摺などの日照や通風の妨げにならない造りでしたら、行政によっては認められます。なので、間口いっぱいに計画できる可能性もあります。少しでもご参考になれば嬉しく思います。ご計画楽しんでくださいませ。
矢印
この専門家のプロフィールを見る

ユーザーの返答

2022年05月11日

もっきちのプロフィール写真

詳しく解説いただき、ありがとうございました。

2022年 5月12日
2種高度地区も二種類あります。方位と地形に有利に働きますこと願っています。具体的飼料の提示あると具体的アドバイスが可能となります。
矢印
この専門家のプロフィールを見る
矢印
この専門家に資料をリクエスト
この家づくり相談「南東向き・2種高度地区(高さ制限14m)・接道間口4.3mでのルーフバルコニー設置について」をfacebookでシェアする

おすすめ

同じカテゴリーの他の相談

悩みや疑問を専門家に聞きたい方はこちら

作りたいものが決まっている方はこちら